柳田ファーム   
複合発酵 あ・うんユニット

“人類・地球を救う”の決め手
家庭からの合併槽を複合発酵槽に変えることであります。
次に家庭菜園設置を一般家庭の必須条件にする事です。
 将来この二つが世の中に認知され法制化された時、全ての問題解決になります。
 つまり“人類・地球を救う”ことに直結します。  あ・うんユニットはその為の布石であります。
 これは高嶋科学の普及活動の集大成であり結論であり、日本から世界展開の起死回生の
一手になると確信しています。
 
複合発酵あ・うんユニット導入に寄せて
 
 複合発酵あ・うんユニット展開は「あ・うんの会」が行います。
柳田ファームはそのバックアップをして行きます。         複合発酵あ・うんの会
 私は会長として頑張りますので宜しくお願い致します。
 
 あ・うんの“あ”は口を表し“うん”は肛門をさしてます。まさに自然は循環で、食べるものとその
排泄物はつながります。それこそ生命情報という深遠なる大宇宙の真理(アナスタシアの真実)
が潜んでいるのです。ですから、これは食べ物を生産する農家の方にもやって頂きたいのです。
それは家族の健康を守るオンリーワンの食ものを作る家庭内菜園なのです。実際私が菜園を作
り、ユニットで出来る液肥(農用エナジー水)を散水し土作りをしたところ、フカフカの土壌になり、
トマトやスイカを作ったところその自然な美味しさと同時に保存性が非常に良くなり、トマトの木な
ど以前なら9月半ばなら枯れてくる所が、いまだに青々して今また実がついてきています。
 
 この科学の展開は地球人類的使命がありますので、環境維新の会の民衆運動のときと同じに
価格も徹底的にお安くしています。しかも、その効果実益は計り知れないものがあります。どうぞ
皆さん御家族で、ユニットと菜園で楽しく命を学び健康で幸せなライフスタイルを確立して下さい。
   液肥製造装置“複合発酵あ・うんユニット”価格
 今回のあ・うんユニット価格の決定に際して、高嶋科学の使命を考えて、皆さんが導入しやすい価格に設定をしました。
 “複合発酵あ・うんユニット”販売価格552,000円(税込み579,600円)  
 
 設置は別料金で皆さんが現地で施工業者に お見積りをとって頂き出来るだけお安く設置して頂きます。
 完全自動ですのでそのまま家庭菜園にホースを引いておけば1日1回液肥(農業用酵素水)を散水してくれます。
 
 一にも二にも複合発酵は菌床が成功の鍵を握っています。当農場では博士の指導の下に化学合成細菌を現生させたベストな菌床を生産しています。 

1)地下埋設式なので今の水洗トイレにつなぐだけで、すぐに設置出来ます。 
2)一般家庭5人家族を想定する時、1日の液肥量 一人一日あたりのトイレ使用回数、平均5回とする時、最近の水洗トイレは節水型で洗浄水約5リッターぐらいです。そこで排泄物込みで6リッターとします。
3)5人家族を想定した時の液肥量は 6リッター×5回×5人=150リッターとなります。ユニット1日当たりの処理量が250リッターまでですので、5人でも充分に吸収します。具体的に導入をお考えなら、規約その他詳細をお知らせ致します。お問い合わせください。
 
                    複合発酵あ・うんユニットお問い合わせメール
                    電話:042-989-4062 携帯 090-3007-4120
 最も大切な菌床
 複合発酵はハードの装置以上に大切なのはソフトの菌床です。
 本来は複合酵素(増殖液)から、その場の自然界の菌を複合発酵へ誘導して
菌床が出来てくるのですが、私作った菌床をユニットへ直接投入する事ですぐ
に稼働でき又短時間の内にその場の環境の菌群に替わっていきます。
 
 写真の2本シリンダーは、それぞれの槽へ菌群を投入するために増殖し誘導
し育てました。A・Bの各菌床は写真のように短時間で凝縮します。
 複合発酵あ・うんユニット制作の意味
 
 
自然の摂理からしてエコロジー循環の輪は小さい方が良いのです。
 家庭から出た生活排水は即処理するのが良く、都市下水は処理まで時間がかかる分、腐
敗が進み分解処理が難しくなるのです。ですから特に人間の排出物は出た瞬間処理するの
がベストなのです。
 
 その処理水は液肥より格段に浄化が進みレベルの高いエナジー水となるのです。そして
自然はそのまま複合発酵のプラントであり、初めの段階だけ手をかけ後は大地に撒き自然
に任せれば良いのです。
 
 それを家庭菜園で医食同源の食べ物に変えるのです。新たな時代のライフスタイルはい
の一番に家庭菜園が条件になります。家庭菜園と言いましても趣味の領域で、出来る野菜
はお店の野菜より数段劣るのがほとんどですが、私の言う菜園は“命の菜園”と言えるもの
であり、形も味も最高で、そして何より真に命を養う野菜です。
 アナスタシアの真実
http://ameblo.jp/sons-of-light88/entry-10496675239.html 
 
 それは生命情報の循環であり将に“命のマンダラ”が作りだすオンリーワンの家族のため
の掛け替えのない命をつなぐ野菜となるのです。
 これは当然プロの農家も家族の食べる野菜は自分たちの排出物で作らなければならない
のです。深い意味での真の身土不二・医食同源とはこれをさして言うのです。
 
 それは同時に自分の生活空間をエネルギーに満ちた場に変えるのです。

 
 @複合発酵槽の地下埋設・完全自動化、人間の手を煩わせない。                   
 
 A医食同源・身土不二の家庭菜園                    
 
 
B大地蘇生し癒しの地にする。生活空間をエネルギーの高い場に変える。
  
 ★以上の事により世の中に認知されれば、日本から世界中の家庭排水処理は全て複合
 発酵槽に変えられます。その事を推し進めることが地球人類の救済に直結します。

 

 
 福島の皆さま放射能除染は自分でやりましょう。それは複合発酵あ・うんユニットから!
 
 広島・長崎の原爆投下の放射能が消えたように、又川俣の放射能消失実験では、棒が地
面に1〜2メートル突き刺さるようになりました。これは奇跡のリンゴの木村さんのリンゴ園と
同様複合発酵による微生物の生態系が出来たからです。木村さんは9年かかったものが高
嶋科学では数カ月でできるのです。
 これを福島の汚染地帯でやれば、放射能からあらゆる汚染物質を浄化消失しその分エネ
ルギーの高い土地になり最上の野菜が出来る土壌に変わるのです。

 皆さま、説明と実際とは少なからず違いがあります。
 これは、どれほど素晴らしい説明も、実際の働きを見たら色あせてくるのは必定です。
 家族の皆さんのトイレからの汚水が全て流入し、あっと言う間に浄化されて一切の臭い
が無く、液肥を遥かに超えたエナジー水になり、それが自動で家庭菜園に流れ込み最高の
野菜を育ててくれるのです。
 この複合発酵あ・うんユニットは私が不思議な御縁で博士にお逢いしての答えでありま
す。博士にお逢いした時の感動から始まり、多くの方々との出会い、そしてホームページを
作り、環境維新の会を作り大自然バイオマシーンまで、我の前に道はなし我が通りし後に道
が出来るの年月でした。
 私の中での確信に満ちた答えがこれであります。皆さんこれが実際稼働したら如何ほど
これが素晴らしいか心の底から魂が奮え命の躍動をお感じになります。
 エコロジーの原点と自動化 雑感より
 高嶋科学が広がらない理由は何だろうか?世の権力組織の障壁や誹謗中傷は現
実の事として、それを乗り越えて世の中に展開させるのが人間の知恵である。
 高嶋科学が広がらない理由の最も大きな要因は大自然の摂理エコロジーの原点
からスタートすべきだった。それは企業と言う法人でなく生身の人から始めるべきだっ
た。つまり企業という金儲けが目的の法人で無く、一人の人間の命は地球より重いと
いう人つまり家庭に焦点を当てて戦略を練るべきだった。
 
 又小さな家庭からのエコロジーこそ自然の摂理であって最も浄化しやすいのであ
り、その事が大きなエコロジーを実現するのである。それは、あらゆる生きものの命を
守ることにつながることであり、そうであれば天が味方をしたであろう。
 
 次に一にも二にも自動化しなかった事である。自動化とは命を吹き込む事である。
人間の身体の五臓六腑がいちいち考えずとも自然に働くように又家電の洗濯機、掃
除機、電気がまがスイッチ一つで働くように機械装置と言えど人間という生きものの
延長線上に持ってゆかなければ一般社会からは受け入れられない。昨近の管理化
された社会の人達に職人的感性を求めることには無理がある。職人的感性の人特
別能力のある人しかできないなら、それは一つの例か芸術作品でしか無く、社会へ
普及する事は永遠に無いだろう。
 
 又農業と言う言葉を当たり前に容認しているがかなりおかしい事で、命を養う食べ
物が金儲けの上に乗っかっている矛盾を如何ほどの人が気がついているだろうか?
ビジネスとしての農業は農薬・化学肥料とF1で見た目だけ良くても身体を害する毒の
食べ物を作る仕事なってしまうのである。
 長い間、食と命を考えてきて今その答えが見つかったのである。それは古人が言う
医食同源、身土不二そのものであり、アナスタシアの真実から生命と言う命のマンダ
ラに立ち返ることが全てなのであり、この事により宇宙と一つになり釈尊の天上天下
唯我独尊つまり私は宇宙なり!つまり大自然人として悟りの境地へいざなうのであ
る。
 今多くの方が病気に侵され心身を病んでいます。上薬・中薬・下薬と言います。
上薬は普段口にする食べ物、中薬は薬草類、皆さんが病気になり口にするのは病院
の下薬なのです。本当に病を癒す上薬は貴方自身が作る以外手に入れることは出
来ないのです。この現実をどうするか?それは皆さんが究極のライフスタイルを自ら
構築するのです。そしてそれが今回ホームページ上で公開した“命のマンダラ複合発
酵あ・うんユニット”がその答えなのです。
↑topに戻る