埼玉県日高市にて豚肉宅配、豚肉販売をしております。
宅配のお問合せはこちらPrivacy policy特定商取引についてリンク先一覧
 
 
 
百姓雑感日々如是我聞
 
 大和の心 2012/12/19
 私のホームページのトップに日本は世界の中心、大和の心を持つ唯一の民族ですとあり
ますが、今回の衆議院総選挙においての政党乱立は、如何に政治家に大和の心が無いか
を物語っているのです。
 政治とは聖冶であって国を治めるには聖(ヒジリ)の心が無ければ治める事は出来ませ
ん。どの国会議員一人として聖の心を持った議員は見当たりません。それに対して我が日
本国の天皇は今回の大震災から原発大人災に至る中、御歳をめされた御身体にむち打
ち、国民の苦しみ悲しみを我が心の痛みとして、被災地を見舞われました。
 家族を亡くし家を津波で流され放射能被曝し二重苦三重苦の人々の中、ひざをつき手を
握り励まされた。最早それは日本国の象徴としての天皇で無く、天の御心をそのまま現した
ものでした。
 それに比べて政治家どもは恥知らずにも度を超して今だ被災地に救いの手を差しのばさ
ず、返って放射能汚染物質をかき集めてこれから日本全国へまきちらす考えのようにも思
われる。今だ原発から放射能が出っぱなしなのに終息宣言をして、何と又再稼働しようとし
ている正気の沙汰でない。高嶋科学であれだけの凄い結果が出ているのにもかかわらず
無視を決め込み、愚かを越えて極悪をも越えてそれは狂そのものであり狂人としか思えな
い所業である。
 今こそ政治家に頼らず任せず自ら行動しなければ日本が世界が壊れる人類が滅亡する。
何度でも言う高嶋科学にその全てを解決する鍵がある。
 清き一票 2012/12/16
 今日は衆議院総選挙、オレは先日選挙は茶番で今後インドの聖者ガンジーの無抵抗不
服従運動ならぬ無投票不服従運動をやろうと呼びかけたが、今日は気が変わり選挙に行っ
て来た。
 誰を投票したかと言うと田中角栄と清き一票を投じて来た。オレの一票は当てずっぽうの
あみだくじに非ず深いメッセージ性のある一票である。オレは大真面目で心を込めて書いて
来た。これには深い深い真意があるのである。それはこの雑感を通じて多くの人々にメッセ
ージを投げかけるためなのである。
 田中角栄さんを馬鹿なマスコミは悪口しか書かなかったが、近世まれに見る偉大な政治
家である。人間味があり情のあり、お母さんを大切にしたことは高嶋博士とかぶるのであ
る。又金を道具としてこれほど生かした使い方をした人は他には知らない。その背後にある
のは大きな大きな包容力である。だからあれほどの議員を束ねて田中軍団を率いる事が出
来たのである。日中国交正常化には世界の闇組織の圧力に屈しない勇気と信念があった
のだろう。ロッキードではめられ落とされたのは闇組織の謀略だと言うが多分真実だろう。
 オレはそれらに増して角栄さんの天命としての役目があったような気がしてならないので
ある。それは晩年、闇の組織の仕掛けか脳梗塞で倒れた後の角さんの人生の悲哀が大き
な意味となって迫ってくるのである。


平家物語に

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ


 将にこれは以前書いた織田信長の「下天のうちにくらぶればこの世は夢の夢滅せぬ者の
あるべきか」と同じである。田中角栄と言うお人は身をもってこれを示したもので多くの人が
目にした事であろう。将に盛者だった角さんが軍団の議員が皆離れていき、病に倒れ身体
は想う様に動かず涙を流し口も曲がり赤子のような話し方しか出来なかった。その落差の
大きさに人生の悲哀を痛感させられたものである。人間の強さと弱さをこれほどまでに見せ
てくれた人を他には知らない。

 だから貴方も貴女も皆衰え死んでゆくのである。衰えずとも明日天変地異で死ぬか、倒れ
て七転八倒苦しむかもしれないのである。この世に生まれた意味を深く考えて自分がどう生
きたら良いか考えに考えなければならない。明日は我が身なのである。


<我が命を生かす最大最高の方法があ・うんユニットの展開であり、これが天意そのものである。
このメッセージの為に今日の選挙で田中角栄と清き一票を投じて来たのである。>

<それにしても民主党自民党双方の党主の顔を見るとニヤケながら鼻はぴくぴく動かし謀略に落とし込もう
と悪口を言い合っている。人の悪口と言うものはどこか心が痛むものなのに彼らはそれを楽しんで悦に入
ってる人格下劣なリーダー達である。昔の政治家は真剣で殺気を感じさせるものがあり政治に命をかけて
いたし重厚感があった。現代でもアメリカの大統領選挙と比べると品格が数段劣るように感じるのはオレだ
けだろうか?>

 マヤ歴と真意  2012/12/15
 我が人生目的の人類救済高嶋科学世界展開は成就した。
 この9月にあうんユニットをスタートして見学や問い合わせがあるが、まだほとんど具体化
してはいないが、オレの心にはしっかり力強く描ききった実感があり、もうすでに答えはでて
いるのである。高嶋博士ノーベル賞100個は実現しているのと同じなのである。
 博士に縁あり20年近くなるが初めに答えありで、そこから年月かけて描いてきた。創造の
原理は初めに心に描くことであり、デッサンと同じに線を引いては消して又引いてみる。喜
びと努力と忍耐のなか確信に満ちた作品がもうすでに心の中では出来あがっているのであ
る。後は時間の問題でこの世に現実化して来るのである。マヤの予言は高嶋科学をさして
いるのであり、高嶋科学展開が新たな時代のスタートでこれより新たな歴史のカレンダーの
日めくりが始まるのである。
 人の心、本当の想いはその人の行動によって明らかになる心意である。多くの人がホー
ムページをみて来られたが皆高嶋科学を体験して素晴らしいと言って、私も人類救済のお
手伝いさせて下さいと言うが、皆気が付いたらどこかへ消えてゆくそれが事実である。柳
田がくせがありオレの事をこう言った。ああ言った。俺の事を私の事を雑感に書いた!個人
情報保護法違反だ。そんなことは鼻くそみたいなもんで、この科学がどういうものか解れば
石にかじりついてもついてくるものだ。彼らは初めから楽して儲けるタイプで汗をかいたり努
力や忍耐が嫌いな連中ばかりだった。多分今もインターネットでもっと楽して儲かって人の
上にたってみんなからチヤホヤされる良い物が無いかなとネットサーフインをしている事だ
ろう(^^)皆その範ちゅうの人達だった。それが彼らの実態であり彼らのしんいなのである。
 いくら心に思い描いてもそれが天意に反していればそれは念力のレベルであり天により打
ち砕かれるのである。高嶋科学は将に天意でありオレの中の神意である柳田大明神が
に従って働き始めたのである。
 でも不思議なもので終わり良ければ全て良しで、あの人この人皆全て有り難い。オレに取
って都合の良い人悪い人、皆縁あってオレの所へ来たんだという事実とその人達を通して
教えられたことこれは本当に有り難い。神は彼らを通してオレを導いた事が良く良く解る。だ
から全て有り難い有り難いの妙好人の馬鹿のように感謝そのものの自分を発見するのであ
る。
 人間と木 2012/12/14
 年の暮れ、植え木の手入れをしながら次々と教えられた。
 そして、人間と植物である木を比べた時、天の意思を読み取る事が出来た。
 
 若い人間も若い木もエネルギーに満ちている。それも生長エネルギーだ。枝を途中で切る
ものならその手前の枝が我こそ次の主力枝だと言わんばかりに無数に出てくる。人間も知
識という名のハサミを入れると確実に若い意識に根付く。手っ取り早いのは催眠術というも
ので一気にたたみかけるように切り刻むとアット言う間に人格も変える事も出来る。又日常
茶飯事にマインドコントロールでハサミを入れられて何時しか自分が無くなり、見えない何も
のかの意図に操られていく人間になってしまう。お坊ちゃまは幼少期からお勉強してお金と
物にあふれた豊かな生活の為の知識を蓄積する。政治を志す者も便利にも塾(例えば松下
政経塾)と言う所へ入り簡単に政治家になれる。皆浅はかな半端な知識で世の中を動かそ
うとするから今日の大混乱が起きているのである。
 植え木は一度ハサミを入れたら枯れるまで入れ続けなければならず、ほっておけば醜い
雑然とした姿になり天に向かって生長出来ず早晩他の木の陰に隠れて枯れていくのであ
る。多分人間も知識と言うハサミを入れられたら死ぬまで迷うに迷って何かを求め続ける
のだろうか?
 
 木は何も手を加えられなければ50年100年経つと実に見事な芸術作品になる。いや人
間の作る芸術は自然を模倣したもので、これは本物の本物であり本物どころか神が宿るご
神木と言われるようになる。ご神木とまで行かなくても古木は何れも美しい将に神の完全無
欠の創造物である。そこに製作者である天の意図が見出せるのである。神の意図とは何
だろうか、それは年を重ね年輪が増えるごとによりシンプルに余分な枝を削ぎ落しながら天
へ向かって毎年毎年伸びて行く、それは少しでも天に近づきたいと言う願いであり太い枝は
天に向かってはばたく翼のようでありその太くたくましい幹は祈り合掌しているようでもある。
神は真善美だと言う将にそれを表現しているように想った。
 人間の場合はどうだろうか?全く植物の木と同じに、歳を重ねるごとにお金や物を必要以
外は身の周りから削ぎ落し、身を清潔に心軽やかに天に心を遊ばす心境が大切になる。植
物のように自然そのままで生きる人は時代の中にまれにいる。それは真宗の妙好人であ
り、今後高嶋科学による大自然人が輩出する事を予感している。ロシアのアナスタシアはそ
の先駆けであり良い例である。新たな時代の人間は年輪を経た古木のような、地では全て
命あるものを愛おしみ心は何時も天に向って伸びてゆく。そうもう余計な教育知識はいらな
い大自然と一体になれば必要な智慧は閃きとなり天より天下ってくる。

<先ずは身の回りの余計な枝を切り落とそう、そしてよりシンプルライフでいこう。身につけるべきものは大
自然人になるための天と地に人をつなぐための、あうんユニットと菜園だ。>
 活人剣 2012/12/12
 もうすぐ総選挙で茶番劇が近ずいている。オレは誰を入れようかと考えて無駄なエネルギ
ーは使わない、そのエネルギーをすべてあ・うんユニット展開へ注ぎ込む。
 戦争を知らない子供たちと言うが、戦争を知らない政治家達だ。よく言われる事に若い人
に変わった方が良いと言うが、若い者ほど恐い無知で戦争がどう言うものか解っていない
お坊ちゃまがそのまま大人になり親の後を継いで権力の座についた途端勇ましい事を言い
始める。軽率の極みだ。何より体験からの学びが大切なんだ。
 今日の世界のリーダーで田中角栄と周恩来程の度量の大きい政治家は皆無である。日
中国交正常化の折、尖閣の問題をどうしましょうかとなった時それは棚上げにして後世の
知恵ある政治家に任せましょうと言ったそうである。答えは出すものでなく出てくるものなの
である。物事を直線で考え小さな正が取り返しのつかない罪悪を積む事になる。戦争で戦
い血を流すのは政治家でなく我々国民なのである。
 今は一歩間違えば一国が吹っ飛ぶばかりが人類滅亡に直結するのである。人間ほど愚
かで危ういものはないのです。その時血気にはやり小さな正義に固執した政治家はオレの
せいじゃあないと自己弁護して戦争を高みの見物するのは明らかなのです。
 貴方は戦争になったら人殺しをやりますか?国家から命令されたら兵隊になりますか?そ
れとも銃殺されても拒否しますか?ガンジーの無抵抗不服従でいきますか?
 それより何より真の武は戦わずして勝と言われます。剣法においては「殺人刀(せつにん
とう)」と「活人剣(かつにんけん)」があるとされ、人を殺すより、人を活かす剣こそが、真の
剣の道とされました。そして、相手と戦わずして勝つことが、最高の境地とされました。私が
提唱しているあうんユニットこそ将に人を生かし、あらゆる生きものを生かし地球を守り育む
真の活人剣なのです。

<ガンジーの無抵抗不服従運動ならぬ、愚かな政治家総入れ替えの無投票不服従運動をやろうじゃあ
ないか今回の衆議院総選挙、投票率2〜3パセント>

<選挙と言うと民意を示す唯一の手段だ国民の義務だと言い、無理やり投票をさせて俺たちは国民により
正当な手段で選ばれた代表だと言いやりたい放題だ。オレは以前は訳も解らず投票してきた。その時のや
り方が立候補者の写真を指差しながらどの政治家が良いかな神様仏様教えて下さいな?何も答えてくれ
ないなら隣のオバサンに聞いてんべベッカンコ!で決めたモンダ!>
 大自然自給自足農法 2012/11/28
 何時しか、昔母親がやっていた自給自足農法をやるようになっていた。今年は作りに作っ
たり夏秋野菜は基より大豆、小豆、落花生、ゴマから各種イモ類と蓮根それに加えて動物タ
ンパク摂取で淡水のホンモロコ、ドジョウに加えて鯉とウグイ最近は苺の水耕栽培まで始め
た。
 農法と言ってもエナジー水をまいてボカシを花坂爺さんのようにまいているだけだ養魚と
言ってもエナジー水を少し加えているだけである。何も難しい事は無く、それでいてオレの
好物である最高のスイカとトマトに始まり後は感動のオンパレードである。前回の雑感の
“循環が全て”はオレの体験から生まれたキラリ光る真実である。
 今小さな幸せを実感している何故だろうか?これらは全て自分が食べるために作ってい
るのであって金に変えようというわけではない。だからほんの少しずつ一年通して順次食べ
ていくのである。その中で今一番の楽しみである干し柿作りの話をしよう。

 
 昔、終戦間近、埼玉の古民家へ越して来た。その庭には柿の木が三本あって渋柿と甘柿
の中間で焼酎で甘くしたものである。オレは物心ついてからこの木に登るのが好きで良く母
に柿の木は折れやすいので危ないとよく注意されたものである・・が不思議と一度も木から
落ちた記憶は無かった。母は柿が木になったまま熟してメジロが食べにくる柿を食べるのが
好きだった。
 今まで忙しく、なるにまかせ落ちるにまかせていたが、ある日突然柿が何かメッセージを送
って来た。今の今まで空気のような存在だった柿の木が、突然何か懐かしく又愛おしく感じ
てしまった。日本の田舎にこれほど似合う果樹はないと想った・・・と同時に母を思い出し又
幼い子供の頃から今日に至るまで全ての想い出の風景に柿の木があった事を気づいた。
 もの言わぬ柿の木がオレの人生全て知っている事を思い、その偉大さに頭が下がった。
猫や犬は何代も変わり縁あるにまかせていたが、植物の柿は凄い!全てを受け入れ無心
に季節を讃える。オレが死んでもずっと生き続けていくだろう。
 
 ところでオレはこのところこの柿をセッセと皮をむき干し柿作りに精を出している。精を出
すというより柿からのメッセージに動かされて自然に身体が動いてしまった。ホームセンター
から果樹採取機というか高枝の柿をチョッキンと切り同時につまむ事が出来る優れ物を買っ
て来た。何と便利なたちまちザル一杯収穫した。
 それを秋の夜長ストーブの火も暖かくネコのトラちゃんを脇に柿の皮をむく、その時何とも
言えない生きてる幸せを感じた。それは柿にまつわる思い出と植物と言うもの言わぬ柿の
献身愛の深さと、その愛に母の愛を重ねていたのだろうか。
 そして気がつくとザル一杯の柿も見事に丸裸になっていた。それを沸騰した鍋に5秒間殺
菌消毒して写真のようにトマト栽培の後のミニ・ビ二ールハウスにずらっと吊るし、剥きにむ
いたり千数百個、豚用の遠くまで風を送る強力扇風機で木枯らしを撒きこんで冷たく乾いた
空気を送る。
 そこに高嶋科学の天下一のEMBCモルトを数回噴霧するのである。これも柿からのメッセ
ージでモルトをかけるとカビも生えずにさらに甘くなるよと言うのである。そして途中やさしく
お母ちゃんのオッパイをもむように2回もみすると半月で絶品の干し柿が出来たのである。
今まで食べたどんな高級干し柿よりはるかに美味しい本物の食べ物を食べる喜びを今初め
て思い知った。
 そして食べ物の大切さと有り難さを心の底から想った。宗教での感謝は只の音だがこの
感謝は命と命が交流して養われ愛されている事を実感できる。これこそ愛と感謝そのもの
である。

 循環が全て 2012/11/26
 生命は循環、自然は循環、宇宙は循環、人間も五臓六腑が連携し血液が循環し宇宙との
情報も含めて無限な情報を伝達しあっている。

 以下はマシューブックより
  一人ひとりが、唯一の独立した神性なる魂自身であると同時に、あらゆる存在の無限で
永遠の相互関連性の中で、地球のすべての住人たちはそれぞれが惑星地球のマイクロコ
スモ(小宇宙)です。地球はあなたたちの太陽系のマイクロコスモであり、太陽系はこの銀
河系のマイクロコスモです。そしてあなたたちの銀河系はこの宇宙のマイクロコスモなので
す。私たちの宇宙は大宇宙のマイクロコスモであり、その“はじまり“はあなたたちが”ビッグ
バン“と呼ぶものです。そしてその瞬間以降、それが何であれ、それ自身だけに存在するも
のは何もなく、どこで起きようと、あらゆるところにある、あらゆるものに影響を与えます。


  つまり人間はマイクロコスモ(小宇宙)であり、人間は自然の一部であり全てにお互いが
影響を与えあっている大生命エネルギーの一部分であるという事なのです。
 高嶋科学は循環そのものの科学であり人間も地球環境も宇宙も全て循環させる事に生命
の存続永続性がかかっているのであります。
 高嶋科学を普及するのに農業からという切り口でとらえる方が多いですが私は疑問に想
っています。それは、人間の目先の欲得を優先させる事で農業は循環の中の一部分であり
一場面でしか無いのです。人間の病を治す場合、肉体から精神まで個々人により全て違い
地球人類64億分の1の治療をしなければならないのであります。農業技術も同じ事で地域
環境により又栽培作物により違いがあり、もっと深い話をすれば農業者の精神エネルギー
の作用まで考えれば千差万別、千変万化であり農業技術として確立させようとして考える
のは間違いであり、やればやるほど迷路に入るだけであります。
 又大多数の人間と言う愚かで怠惰な性癖の生き物に難しい技術云々ではついて行かれ
ません。地球人類を救うという事は一般大衆を動かさなければ目的は達成しないのです。
その答えが家庭からの複合発酵あ・うんユニットなのです。昔から先人の教えに近くから遠
きへ及ぼせと言われています。循環のいの一番にやらなければならないものは自分の排泄
物なのです。循環の働きの大元微生物は新鮮なもので腐敗しないものの方が発酵分解し
やすいのです。ですからトイレから出た瞬間複合発酵処理すれば良いのです。
 ですからトイレからの排泄物をあ・うんユニットの自動化でそのまま菜園に液肥(農用エナ
ジー水)として流し込めば何時しか自然の力で複合発酵のフカフカした土壌となり気が付い
たら素晴らしい野菜が出来ていたという事が良いのです。その結果人間の文明が作り出し
環境に排出される有害化学物質も何時しか消えるという結果が出るのであり、原発事故の
放射能も気が付いたら減少し消えていたという結果が出るのです。

 私が幾度となく同じ事を唱え続けるのは高嶋科学の人類救済はこれ以外無いと確信を持
っているからであります。先日博士が今後積極的に家庭からの複合発酵を発信して行くと
言って下さいました。多くの皆さんが見学に来られても実際行動する人は少ないです。貴方
自身貴方の家族子孫の命運が掛かっているのです。

 生命情報 2012/11/10
 オレの妹には首の所に大きなシミがあったが不思議と消えた。
 嫁に行く時に金襴緞子の花嫁姿の妹の首には厚化粧でシミが隠されていた。その妹の子
供にも同じ所にやはり大きなシミがあった。その子供が結婚して子供が出来たら、何と又同
じ所に同じように大きなシミがある。これこそ遺伝子が傷ついてその遺伝子情報が子から孫
へと伝わったまぎれも無い証拠だった。
 オレの奇跡の水のページに「古今東西、病を治す奇跡の癒しと言われるものには科学的
な根拠があります。宇宙より燦々(サンサン)と降り注ぐ微粒子、素粒子エネルギーを受け止
めて、生体エネルギーに変えて遺伝子を修復する」と記されているが、生体エネルギーに
変える時、生命情報もインプットしているのであり将にそれが起きたのである。
 何をしたかと言うとオレの小便から作った大自然バイオエナジー水を飲ませたからであ
る。そうだ、その期間は3カ月ぐらいになるだろうか妹はビックリしながらオレに話した。そう
言えば顔に活気が出て来て10年は若返ったようである。同じ親戚でもオレとの相性で合う
合わないがあるもので、妹の亭主は結婚の時に反対したオレを怨んで、いまだに心を閉ざ
しているようなので妹に大自然水を飲ませるまでに時間を要したわけである。
 この亭主・・オレの義弟は世間の人と同じように高嶋科学に関心が無いのか?理解不能
なのか?オレとの対話の中、高嶋博士や複合発酵の話題はほとんど上がらない。妹はオレ
の生命情報が入った大自然水を飲んだから兄弟と言う事でなおさらに効果があったのだと
思う。又妹はやはり亭主を愛しているのだろうか亭主にも飲ませたようだ。明らかに元気に
なり何処何処の何の症状が消えたと言っていた。 大自然エナジー水はAとBがありオレの
飲む大自然水はオレの小便を入れているのであって、体験希望の水には入れていない方
を出している。先だって水質検査をしたら飲用水適合の分析結果だった。法的にはオレの
生命情報が入ったエナジー水を世間に販売するのは多分個人情報保護法違反になり逮捕
されるだろう?本当に素晴らしい自分の生命情報が入った大自然水を飲みたければ自分
で作ること以外方法が無いのである。
 エゴな生き物 2012/11/08
 人間は一にも二にもエゴな生き物である。一部の人はいざ知らず、一般大衆は自分が利
することでなければ本気にならず、まして自ら行動する事は先ずない。
 又法人である企業は会社の利益を上げる事のみが目的であり、環境のことなどほとんど
関心が無い。物を生産する上での工場排水の環境に対する法的規制があるがゆえに、や
むを得ず廃水処理をやっているのが実情である。まして廃水処理の現場の係員は社長自
らやる訳でなく命令された人が義務的にやってるにすぎないのである。
 そのような人がその様な気持ちで、生命が働くだろうか?農業を考えて見ても、人間の病
を治すにしても心無くして命が働くだろうか?全ての生命を支え光そのもの宇宙エナジーを
取り込む微生物が働く訳が無い!
 だからその様な一般大衆を変えるには一にも二にも三にも簡単で楽しく喜んで、毒を宝に
変える複合発酵の宝の水に焦点を当てた家庭からの複合発酵を前面に押し出さなければ
世の中に広がる事は先ず無い。まして世界展開など夢の夢である。その様な無知とエゴの
一般大衆にやらせるには簡単単純、自動化されたあ・うんユニトでなければならない。そし
て高嶋科学の素晴らしさが解ってくれば自然と興味と関心を持ち、さらなる複合発酵の奥の
世界の融合へと進みたくなるものである。一般家庭から100件1000件と広がりを見せれ
ば世間が注目し認めて次の段階の企業群も行政も認知せざるを得なくなり本気で取り組む
ようになるのである。
 あ・うんユニットは柳田ファームだけが本気になるのでなく高嶋開発初め関係団体全てが
一致協力しなければならない。業の人間を知り、業の世間を知り、真理の宇宙を知らなけれ
ば人類救済地球を救うことは出来ない。

  融合とは敵を味方にする事、エゴな人間を動かすこと、その道順として人間の性癖(エ
ゴ)を利用してスイッチON・OFFの自動化で、段階的に宝の水の凄さを教え、一般大衆の
欲に火をつける事なのである。

 般若心経 2012/11/31
 般若心経こそ高嶋科学そのものなのです。
 色即是空 〜 空即是色  色(物質)が消えて空(エネルギー)になり、 空(エネルギー)
から色(物質)が生まれる。
 大事なことは色即是空の初めの色(物質)と後の空即是色の色(物質)が違う事です。初め
の色は善悪混交の毒と宝が混然とした色で、後の空は究極の光(ダークエネルギー)の入
った完全調和な善なる色なのです。全てのエントロピーをエコロジーにつまり人間の出すあ
らゆる毒物をエネルギーつまり空に変えてしまういその空から真の命あふれるもの(者・物)
を作りだすのです。
 
 これを今回の家庭からの複合発酵あ・うんユニットで説明すれば、農薬と化学肥料の毒の
食べ物の食生活から、完全なる医食同源の食生活に転換する事なのです。
 それは生活排水の中でも特に高濃度で腐敗しやすい人間の排泄物を瞬時に液肥(農業
用エナジー水)に変えて家庭内菜園で植物に変える事なのです。此処で液肥と言うのは法
的しばりに対する対策であって、それは液肥よりレベルの高いエナジーつまりエネルギー水
となるのです。
 ここで超科学の物質が消える。つまり空と言う事が起きているのです。物質が消える放射
能が消える人間の排泄物が消えると言う事です。その空から真の色、本物の物が生まれて
いるのです。それを博士は“空気から植物を作る”と言われています。それは循環の真理か
ら生まれる自分の生命情報を持ったオンリーワンの医食同源の食べ物となるのです。
 その事により一般家庭で誰でも簡単に色即是空⇔空即是色 を体現出来るのです。
 
 般若心経の真髄は物心ともに車の両輪ごとく宇宙と一体となる大自然人へと導く教えな
のです。しかし教えにも時があり時期が来なければその真の教えは理解できないのです。
今までの般若心経の教えは精神のみに重きを置いた教えだから効果が無かったのです。
精神と共に肉体を支え維持する食べ物つまり真の宇宙エネルギーで出来た食べ物を食べ
る事により楽しく美味しく何時しか自然に宇宙と一体になれるのです。それが般若心経の真
の教えなのです。難行苦行は悟りの道にあらずなのです。

 もう宗教はいらない、宗教精神に基ずいた科学だけで良い。それはこの地球という物質世
界と宗教で変わらない我々の精神さえも変えてゆく、高嶋科学だけで良い。微生物と言う全
ての命の基の生物触媒による究極のエネルギー光とも神とも言えるダークエネルギーを取
り込むことで“我々人類の涙をぬぐい去り青き清浄に地に導かん”宇宙生命科学にこそ大調
和世界への扉を開く鍵があるのです。

商売 2012/10/20 
 インターネットで精神世界やスピリチュアルやアセンションを唱えている人を見ると、結構
チョロチョロビジネスをやっている事に気がついた。心を求めると物質も満たしたくなるのだ
ろうか?そう言えばオレのホームページも健康関連商品とか実に豊富に取り揃えて見事と
いう感じである。
 彼らの商品は霊感商法の壺やうどん粉で作った妙薬霊薬の類がほとんどである。それに
比べてオレの場合はどう違うのだろうか?博士に縁あって長年の病が癒えての縁で、超科
学の物質が消える。豚の悪臭が消え豚の糞尿が消えるのプラントから始まったことである。
そして気が付いたら博士の信頼の基に高嶋科学の健康関連の全てを扱う立場になってい
た。 高嶋科学を扱う中での必然のビジネスと言う結果であってオレの本意というわけでは
ない。オレの本意は高嶋科学の世界展開一本である。
 
 しかし、ビジネスと言うものはどこか後ろめたい感じが否めない。何故かそれは右の物を
左へ動かすだけで金になる不合理せいというか、汗をかかずに金を手にする矛盾である。
問題の根幹は今の世の中の仕組みと制度にある。その様な背景の中、“郷に入れば郷に
従え”が“業に入れば業に従う”のカルマのなせる業の商売も同時にやっている次第であ
る。
 高嶋科学の働きを世に知らせるために奇跡の水という形の伝達方法をとっているが、オレ
の奇跡の水は他の奇跡の水のような只の地下水で地のものではない。生命触媒による生
命半導体の宇宙エネルギーの天のものなりなのである。
 又高嶋科学に関係している会社やビジネスの人達との調和を図らねばならないから決め
られた価格でやってるのである。又値段が適正かと言えば、偉大な科学の働きとその効果
を考える時、むしろ安いと思う。
 大自然水マシーンの事を言えば、オレの乗用車の軽トラックより安い。オレの命を支えてくれる大自然水が下駄がわりの車より安いのである。その働きの真髄を直視する時におのずと価値と価格が決まるのである。
 しかし高嶋科学は世の中を全てひっくり返し,根本より立ち直らせる超科学であるから,世
の中に認知され展開する時に全てが変わってゆき、世の中の仕組み制度も根幹から変わ
る。その時は只で提供出来るだろう。今は“業に入れば業に従う”のである。
 ネットサーフィン 2012/10/13
 オレはある時ネットサーフィンでやっていたらナウシカをDisるのをやめてもらいたいと言う
のを見つけた「dis」とは - disrespectの略で見下す、非難する、軽蔑するという意味があるそ
うである。オレは非難もしなければ軽蔑もしていない彼女を愛して嫁にしようと言うのだ勘違
いもハナハダシイ!
 宮崎駿があって高嶋博士があるのでは無い!前にも書いた事があったと思うが、高嶋科
学の予知で無意識の内に書かされたのが宮崎アニメなのだ。
 それで、大自然マシーン誕生秘話“風の谷のナウシカ”と“豚の惑星”なのである。本当の
事を言えば紅の豚はオレを予知して生まれたアニメなのだ。腐海の海を浄化するのが複合
発酵なのである。
 
 バーチャル と現実世界の区別がつかない現代人。逆にナウシカが現実で放射能を消した
高嶋科学がバーチャルだと思ってる。だから目の前の生命世界が見えずに理解できない。
実像と虚像の区別がつかないのである。
 
 又 一方、大自然バイオマシーン誕生秘話二題、を見てナウシカファンを敵に回した柳田
ファームの記事も一見の価値あり、さすがは高嶋「博士」の弟子です。と・・・言うのも同時に
発見した。
 
 まあ今の若い者は世界を支配する闇の支配者に食品添加物という毒を飲まされテレビで
マインドコントロールされて頭がイカレテしまっているから仕方無いのである。この対策にも
複合発酵あ・うんユニットを展開しなければならないのである。
自然の摂理 2012/10/11

 私があ・うんユニットを考え付いたのは、これこそ自然の摂理に合った方法だからなので
す。広島・長崎の放射能浄化、地球創成46億年を考えても、微生物の働きこそ循環そのも
ので、自然の摂理そのものだからです。
 そして、その次の段階の自然の摂理があります。自然とは出た瞬間から浄化が始まるの
です。大自然の中かっ歩している動物達の排泄物は肛門から出た瞬間から自然の豊かな
大地、将に複合発酵状態の土壌に落ちた瞬間から微生物、ミミズ、昆虫、植物達が食用に
しながら分解浄化します。エントロピーをエコロジーへの働きを即行うのです。
 今の都市型生活排水の処理は浄化でなく汚泥発生装置と言うのは、家庭から流れて行く
間に腐敗して、腐敗菌が増殖した汚水となっているために、発酵が途中で止まってしまい汚
泥と言う名の微生物の死がいと未分解有機物が大量発生してしまうからなのです。自然の
摂理に反した浄化方法なのです。
 
 私が提案し今展開しようとしている家庭からの複合発酵は、人間の身体から排出され、水
洗トイレで流した瞬間、複合発酵の微生物達が一気に発酵分解処理をしてしまうのです。
 これを他の物で説明すればエネルギーも同じ事で電気が遠く発電所から家庭まで流れて
届く間に半分以下になってしまうのです。エネルギーも車のように発生させたらすぐに使うの
が良いのです。これからの時代はエネルギーも家庭から作りだす方法を考えなければなり
ません。人間の身体もたくさんのエネルギーを取り込もうとして大食すれば余分なエネルギ
ーが身体を太らせ肥満になり慢性病の引き金になるのです。

 
 だいたいにおいて溜めると言う行為事態反自然なのです。お金も貯めるから腐敗して悪い
使い方をして世の中を悪くするのです。江戸っ子は宵越しの金を持たないと言います。江戸
っ子は「宵越しの金は持たない」事が美徳とされ たそうでパ〜っとお金を使って気楽にその
日暮らしの潔さを言うのですが、これをイエスキリストは野に住む鳥は明日は何を食べよう
と思いわずらうことは無い神様は必要なものは与えてくれると、つまり自然の摂理に沿った
生活が江戸時代であり又聖者のいう真理なのです。私はそこに答えがあると 『江戸の理想
的循環型社会を現代に蘇らせ、飛躍的に発展させるテクノロジー』 と題して、来るべき新時
代のライフスタイルは、トイレからの排泄物を全て高レベル液肥に変えて家庭内菜園で医
食同源の野菜を作ることにあると結論づけたのです。


 皆さんこのあ・うんユニットが日本から世界へ展開する時どのような事になると思います
か?日本より以上に生活に困窮している海外の貧困地域に展開する時、驚くべき事が起き
ると思いませんか?予言や神事などの“敵を味方にせよ”とか“敵を抱き参らせよ”とはこの
あ・うんユニットをさして言うのです。

<皆さまユニット普及にご協力下さい。これこそ高嶋科学世界展開の切り札になります。家庭からの複合
発酵処理水が道路の側溝から小川に流れ河から海へ流れ、そこに生息する微生物達に複合発酵の情報
が伝わり一斉に浄化の働を始めるのです。わずかの処理水が偉大な働きをするのです。>

 去る人、来る人(はじかれる人、引き寄せられる人)2012/10/09
 人と人との出会いは一期一会という。人と人との出会いの中何かが起きる。お客様は神
様ですの三波春夫は根っからの芸人だと思うが、オレは何かと言えば無限な生命世界へ
の探検家であり探究者であり又地獄の底板を剥がして天国の扉を開けようとあがいている
罪深い罪人である。だから日々人との出会いの中、身に起きることは天が私に与えた課題
であると考えて、正面から立ち向かい、むしろチャンスという捉え方をしての真剣勝負なの
である。
 面白い事に、去る人がいると来る人が倍加してくる。経理のオバチャンが言った!不思議
だ此処はどうしてこうも人が来るのか、私の家などせいぜい来るのは新聞配達か、たまに郵
便屋さんが来るだけだと言ったことがある。
 先だって博士にお逢いした時、オレに以前言われた事を思い出し今がチャンスと質問し
た。以前に(株)地球バイオエナジーの仲間達(今は解散・過去の人)とお邪魔した時に博士
はこう言いわれましたね「私の科学が世の中に展開するのに重要な働きをするところが二カ
所ある。一つは外国の何処何処ともう一つは日本での柳田ファームだと・・・」。オレはそれ
を聞いて将に晴天のへきれきだった。博士は何を言ってんだろうといぶかったものである。
 そしてあれから数年・・・博士は言った。柳田ファームはエネルギーが高い、人はエネルギ
ーの高いところへ集まって来ると・・・。
 博士の科学は無限の生命生命の科学である。それも微妙で精妙な物質の奥の生命エネ
ルギーであり、広大無辺な宇宙エネルギーである。そのエネルギーの高さで判断するとは
実に面白い生命の科学者故の発想だと思ったものである。
 その様な訳で人は次から次へとやってくるが・・・一方人は次から次へと去って行く・・・・
去って行くから来るのか?来るから去って行くのか?定かでない。確かに去る人がいなくて
来る人だけだと小さな柳田ファームはすぐにパンクしてしまう。
 又“井戸の水が汲めば汲むほど良い水が出る”のように来る人の質はだんだん良くなって
行く傾向でもある。やはり宇宙エネルギートーラスのように流れていくのが良いのであろう。


<トーラスは出ては流れて又戻り流れ入ってくる。オレの所から流れ出ていき又忘れた頃訪れた人がいる
が、以前より他人の飯を食い世間の荒風に当たり進化したかと期待したがゼンゼン変わらかった。フットワ
ークが軽く動いていても只漂っているだけの漂流者だった。人間変わるには何と難しいことか思い知らされ
たことだった。やはり算盤勘定のカルマからの脱却は難しい。自己実現を目指しての勇気ある真剣勝負で
なければ変わらない。彼らは去るので無くオレのエネルギーにはじかれたのである。>

すったもんだ、スッタモンダ 2012/09/29
 このところの雑感は、すったもんだスッタモンダの連続だった。多分地球よりちょっと進化し
た宇宙人、たとえば“星の方”(Tさんの言う宇宙人)から見たらその様に見えるに違いない。

 高嶋科学展開の中ファームを 訊ねてくる大方の人は迷える子羊か又は欲得の偽善者だ
った。すったもんだのスッタモンダの祈りに全てを洗い流そう。

 
 スッタモンダは柳田大明神の祈り言葉なり!すったモンダ!
 環境維新の会解散の真相 2012/09/23 
 以前にも書いた事があるが、環境維新の会を作って数カ月、雑感(事実 2012/07/07)
中の儀式から始まった”の儀式からしばらく経ってからTさんオレにこの辺で会員全員集め
て懇親会を柳田ファームでやろうと言って来た。オレは正直困ったな今は会員も少なくその
状況に無い。
 その頃体調が非常に悪く食事もろくにとれずに、青い顔してふらついていた。それと、この
会は仲良しクラブでなく、人類救済の真剣な運動なので懇親会はちょっと違うなという感じ
だった。そのような状態だが仕方ないやりましょうと返事をした。
 すると全員ではないが20人ぐらいだったろうか遠くは南の鳥取県から北は北海道まで集
まった。それもオレの家に泊まりだった。オレは一人身、それがどんなに大変なことか察しが
つくと思う。
 そのような状況の中、Tさんが貴方は会長なのに何をしているしっかりしなさいと言われ
た。又このTさんと“宗教で無い宗教”の仲間の別のTKさんが、その後オレのファームが汚
いもっと掃除をしなさいとTさん通じて言って来た。
 そして、二人で空間設定(宗教行事)をやればたちまち会員は増える任して下さいと豪語
した。又Tさんが環境維新の会へ入った時、チャネラーを通し“星の方”が貴方の人生でやる
べき事にやっと出会いましたねと言われたとも言っていた。 Tさんの魂(タマシイ)はプレア
デスの隣の何とか星から地球救済の為に天下って来たと言っていた。同じく別のTKさんは
前世は山岡鉄舟だったと確か言っていた。歴史の上での山岡鉄舟と言えば、金もいらぬ、
名誉もいらぬ、命もいらぬと日本の近代化に多大な影響を与えた人物であり、高嶋酒造の
銘酒の白隠正宗のなずけ親なので将に深い縁(え にし)と思ったわけである。 
 
 そしてこのTさんに会長をTKさんに副会長のお役目を了解して頂いた。しかしそれから1
年会員は増えずじまいだった。その後Tさん環境維新の会の違反者(行動は理念と決意か
ら2010/04//11)
が新たな違反、エナジー水による“あすなろ農法”に対して処置が出来ずに
嫌気がさして会長を辞めると言いだした。
 Tさんは今にしてみれば良い人ではあるが心が実に折れやすく、信ずるものは救われると
宗教でない宗教へ救いを求めて教祖が全てなのである。別のTKさんも副会長の立場で会
員を増やそうと何人かに当たったが皆ダメだったとすぐに白旗を上げてしまった。何と諦め
の良い山岡鉄洲か!それにしてもお二人とも諦めが良くすぐに撤退するのは共通だった。
 
 此処までは仕方が無いと好意的に思っていたが、その後見事に信頼を裏切られた。

 T 様 2012/07/31
 本日、高嶋博士にお逢いして環境維新の会のことを相談しました結果、会は解散する事
になりました。ホームページは閉じて後の残務処理をお願いします。

 柳田繁吉様 2012/08/15
  いつもお世話になります。環境維新の会 解散のお知らせを、漸く先ほど会員の皆様に発
信致しました。本来ならすぐに会員の皆様にお知らせしなければいけないところ、山陰地方
に出張していて皆様へのお知らせが遅くなりました。
 なお、残っているお金等資料の一切は一週間ほど後にお送りさせて戴きます。
 明日から東北へ出張です。帰り次第整理し、お送り致します。

 T 様 2012/08/16
 会長は私からT さんへ移行しています。
 博士へご挨拶の必要有るのではないでしょうか、直接お話し下さい。
 T さんが精神的に参ってると思ったから私が博士へT さんに変わり相談したことで
後の残務処理の事は博士と相談しておやりになるべきものだと思うのですが、私が思うの
には会は解散ですが後プラントはどうしますか?菌床は廃棄しますか?
 続けるとしても会費は無くなりますが、約束の秘守事項及びライセンス契約は継続すると
思うのですがおやりになるなら博士との直ライセンス契約となりますが・・

 以下はこの雑感を書く前に、会員だった青年にT さんに残務処理をどうしたか聞いて下
さいとお願い(オレが電話しても出ない。メールしても返答ない。)して、電話で概略聞いた
が、その後、次のメールがきた。

 (N さんからのメール)
 柳田 様  2012/09/22
 ・・・・、博士とのライセンスはどうするのか?との問いには、?
 我、関知せずで何かあれば博士のほうから言ってくると・・・
 
 ・・・・会費はどうするのですかの問いには?
 会費はオレがが自由に使っていいのだが持っててもしょうがないので博士に寄付したと・・・

 柳田さんが怒ると思って昨日は言いませんでしたが(笑)
 これから、あうんユニットと水が拡がっていけば、柳田さんが経験した嫌な思いも、あれを
乗り越えたからと・・なりますしね。なんで、あうんユニットがんばってください。
 手伝えることがあれば手伝いたいです。

<以下それを聞いた俺の気持ち>
これを聞いてさすがのオレも頭にきた。此処まででたらめでさらに悪態まで付くのか、彼の
中にはその様な者が住んでいるのかこの後、T に何回電話しても出ない。電話したのは
このような文章は載せたく無い彼の思いを探りたかったのだ。
 この野郎オレの信頼を裏切ってその上、後ろ足で泥を掛けやがって、お前のような男を
会長にしたオレが悪い。博士に申し訳ない思いでいっぱいだ。二度とオレの前に姿を見せ
るなよ!今度会う事があったら、そのエラの張ったカッパ顔の横面をひっぱたいてくれる!

<このような否定的文章は載せない方が良いのかも知れない。人類救済目的にマイナスかも知れない。
しかし人間複合発酵には必要なのだ。又我が人生の目的の高嶋科学世界展開への道程の日々雑感であ
り、環境維新の会の顛末は触れないわけにはいかないのである。オレの心を読み違えれば貴方たちが
不幸となり地獄へ落ちる事となる。>
 下天  2012/09/22

 人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
  一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
  これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ



 
この世は夢幻 後50億年で
 地球も流れ星となり消えてゆく。

  道 2012/09/09
 この道はどこへ続くの〜♪私が選んだ一つの道は悲しみばかり続く道〜♪夕風に涙も枯
れてはるばると〜♪海山越える〜(作詞家としての意見を言わせてもらえばここは♪海山遠く〜が
断然良い!)
 
 
 オレが作った株式会社・地球バイオエナジーも民衆運動環境維新の会もみな無くなった。
維新の会と言えば、今、ちまたで騒がれている大阪維新の会の先駆けが環境維新の会で
あり元祖だったのだ。あれはパクリだろうか?オレがやることは何故にこうもやる事なす事
旨くいかないのだ?正直言って心の中は悲しみでいっぱいである。〜♪夕風に涙も枯れて
はるばると〜♪海山越える〜・・・である。集まってくるのは迷える子羊がそれとも嘘と欲の
偽善者か、そんな時慰めてくれるのがこの歌である。
 
 
 この道に花はいつ咲く〜♪やさしい心に小さな夢をあたためながらたどる道いつの日か〜
♪愛する人のむね深く〜♪抱かれる日まで〜
 
 ところが歌詞を 三番まで聞いていると♪愛する人のむね深く〜♪抱かれる日まで〜とな
っていた。オレは男世界の金とそろ盤勘定の欺瞞に満ちた世界から足を洗い又見せかけの
愛と感謝エセ宗教からも離れて、ただただやさしく暖かく♪愛する人のむね深く・・愛一筋に
生きたい。今度生まれる時は女に生まれよう・・・オレみたいに何時も背水の陣で戦っている
とある時フト気がついてみたら女になっていた。陽極まれば陰になるという男の中に女があ
り女の中に男があるという事だろうか?前世の女の記憶が蘇って来たのだろうか?。人間
とはかくも不思議な存在である。
 
 この後、環境維新の会の顛末も書かなければならない今だ着地点が見えてこないからで
ある。これこそ人間複合発酵そのものなのである。天は人間のあからさまの姿を見せるた
めにこの雑感を書かせているのである。 
秘密主義と情報開示 2012/09/07
 高嶋科学、正確には高嶋科学技術であるが、高嶋博士の技術は他の科学技術とレベル
が違うし、その働きは地球人類を救済する唯一の技術であるから重大さと尊さとスケール
が違う。だから高嶋科学と一言で良いのである。
 ネットで高嶋科学は秘密主義で情報公開しないと言う。他の微生物技術は皆公開して、
安く誰でも簡単に手に入り、自由に増殖する事の技術も公開していると言う。私が作った環
境維新の会の人達も殆ど同じ考えであった。
 私が長年直接各技術を試してみて、高嶋科学以外は技術という代物で無い。自然界はそ
のまま微生物で出来ている事を良い事に又その答えが千変万化であることを利用して、商
売をしているというのが実情である。だから効果がなければ効果が出るまでやりなさいとい
う指導になる訳である。
 環境維新の会員も殆どが自分の為だけにやっていた事は明らかである。積極的に会の趣
旨に沿ってやっていたのはほんの数人であった。誓約書にサインして約束を守りますと言い
ながら、こそこそと約束違反の商売をしてそれを指摘されると世の中の為にやったのだいい
科学を広めるためだと言う。その人達は何時も景気が悪いだの儲からなくなった又生活が
苦しいと金金・・・何時もその様な話しだった。何かを言うなら少しは汗をかいてから言え!
博士の科学の情報開示の前に貴方のふところの情報開示をしなさいとオレは言いたい。
 どのような企業でも自分の唯一の技術を公開するとこなどどこにもいない。公開するにし
てもある段階を過ぎてからの事であり初めから公開してれば泥棒の餌食になるばかりであ
る。今オレの技術だと言っている連中も高嶋科学の出回ってる資材をブレンドしてこれがオ
レのバイオ技術だと言っているのも結構ある。微生物ぐらい泥棒ペテン師の入りやすい業界
は無いのである。
 ある段階とは科学展開の道筋が確立してからである。その発明発見したその科学技術を
世の中に認知させる事である。でなければその科学の真の力を引き出せずに自己流の偶
然に頼った訳の解らない技術になってしまうのである。だから高嶋博士を守り後押しして学
問として科学的検証の基に国家に認知させる事なのである。しかし、悲しいかな今の腐敗
し腐りきった政府では不可能に近いのは今回の原発事故で証明済みである。
 だから民衆に知らせ世界へ確立させる以外方法が無いのである。オレは天に祈った。どう
かあのような者たちとの係らずとも出来る高嶋科学の展開の方法を教えたまえ導きたまえ
と祈っていた。すると、あ・うんユニットの構想が閃いて来たのである。
 菜園と命のマンダラ 2012/09/06
 家庭菜園で無く家庭内菜園である。土地の不動産登記法による地目は畑で良い。つまり
固定資産税としての家は宅地、菜園は農地である。最低100坪は確保、博士は以前に各
家庭に200坪の土地をあてがい自給自足を提唱したという真さに当を得た感である。私が
液肥製造装置あ・うんユニットを提唱したのは家庭内菜園あってのもので、ユニットと菜園
は不離一体のものである。
 あ・うんとは初めと終わりであってそれをつなげると円であり○である。宇宙も循環も生命
も全て○である。この丸には私一人だけしか知らない思い出がある。あれは中学の時だっ
た。当時美術の先生で、後にお坊さんになった人が何か哲学的な問題をだして、お前たちこ
れが解ればたいしたものだ天才だと言ったことがあった。私はその答えが円だと思ったが、
何故か呑みこんで言葉に出さなかったが答えは正解だった。その時から自分の奥に何か人
に無いものがあると言う自信のようなものが芽生えた。
 川俣の放射能浄化実験でフカフカ土壌になり又複合発酵の新たな可能性に興味を持ち、
やってみたがそれは驚きの結果だった。今までの野菜と全く違う本当の食べ物とはこのよう
なものかの感動であり、これは言葉でもって説明不可能である。
 とにかく、あ・うんユニット、命のマンダラの閃きは“空気から植物を作る”の感動の体験か
ら生まれた。トイレと菜園を一体とした究極の循環であり毒を宝にする命のマンダラであり、
 それは最も小さい円を描くことが極めて重要なのである。
 それはゼロと無限は同じもの、原子も我々の住む太陽系も全く同じ形をして同じ動きをし
ているのである。家庭内循環は地球循環の一番早道なのであり、家庭と言う最も小さな循
環は地球と言う大きな循環の最も効果的方法なのである。


<この夏スイカを作ったが、その甘さの自然なみずみずしさは言葉に表せない。うっかり落としても前なら
簡単に割れたものが割れないのである。これは細胞がしっかりしているという事だろう。屋久島の屋久杉は
材木の目がしっかりしていて、材木としての寿命が極めて永く貴重なものだという、これもスイカと同じ木の
細胞がしっかりしているからだろう。博士が以前、屋久島は表土が薄く普通ならあのような巨木が育たない
のだが、土壌が複合発酵の生態系をしているからだと言われた。屋久杉で面白いブログを見つけた。
http://tetorayade.exblog.jp/18886581/
天を恐れず自然をないがしろにし愚弄した、テレビの独りよがりの空気の読めない馬鹿番組の良い例である。>

真夏の夢の徒然に 2012/09/04
 夢を見た。オリンピックのメダリストが数十人、テレビでの汗と涙と感動のトーク番組だっ
た。するとあの感動ナンバーワン卓球三人娘の一人、石川 佳純選手が一番後列で隣の誰
か解らないが男のメダリストと言葉を交わしていた。すると感情の行き違いか、だんだんヒー
トアップして来て睨んだり口をとがらせ何かを言っている。それに気づいたカメラマンズーム
アップをはじめた途端アカンベーをしたではないか!隣の男子選手は泣きそうな顔をしてい
る。夢だ夢だあくまで夢の話だ。
 何故あんな夢を見たのだろうか?現代の若い女性の中、あれ程真っすぐに純粋でひた向
きな女性はいないと感じているのに、全く反対の行動をみた。これは何を意味するのだろう
か?人間の意外性と潜在意識に潜む日常と反対の部分を見せられたのかも知れない。
 
 それと最近インターネット上で活躍する有名人と交わることが結構ある。東海アマさんは
別にして、最近も金玉ブログの「ふぐり玉蔵」氏を柳田ファームへつなげて頂いた。先だって
は自衛隊の池田整冶氏はお知らせした通りであるが、高嶋科学展開の新たなステージが
用意されつつあるのだろうか?玉造氏は、元ゴールドマン・サックスのトレーダーで73歳と自
称していたが、実際は37歳だそうである。以前から創作した人物像であることは感じてい
た。これも私の直感力の証明だったのだろうか?
 
 玉造と言えば、新潟の高嶋博士講演会の夜の温泉の情景が蘇ってきた。薄暗い湯けむり
もうもうと立ち込める中、Tさん温泉に首までつかる我々の眼前に異風堂々と立ち上がり股
間の陳列物を隠すでもなく身ぶり手ぶりで話し始めた。それはまるで講演の演説のようでも
あった。いやおうなく目に入る彼の一もつ、それは彼の自信にあふれた態度と同様立派なも
のであった。ジャンボタニシを二つ並べた上にサザエの壺焼きの身をクルリとえぐりだしたよ
うなものが前えせり出して、さすがに下向きで亀が反省しているようにも見えた。
 何が言いたいのかと言えば彼も又意外性そのものだった。歯車が狂いだし心がなえてくる
と全く自信を無くして、それは驚くべきものだった。其処まで変わるのか一体どうしたのかと
いう想いだった。何回電話しようと出ない、メールを出しても返答ない。後から解ったのだが
旅へ出ていたそうである。携帯のベルを聞き横目で着信者を確認して鳴るに任せて無視し
続ける。私は決して彼に無理をしいているのでなく彼を理解し何とか別の手立てを提案し
て彼を楽に解放してあげたいの一心だった。彼の心の軌跡は前世からのもののようであ
る。零戦で玉砕した少年兵としての過去世があったことが明らかになったのだった。深い心
の傷が彼を宗教に向かわせ今は深い泥沼に足を取られて膠着状態のようである。
 そんな彼にどう言葉をかけて良いか、その言葉は出てこない。真夏の夢の徒然にであ
る・・・・・。
宇宙戦艦大和で王道を行く! 2012/09/03
 人生大きな目的をもって、夢と希望をエネルギーに変えて此処までやってきた。それは高
嶋科学の世界への展開である。
 オレはドンキホーテでは無い、一歩一歩確実に目的達成へと近づいている。
 それは、ある意味戦いである。自分との戦いであり、多くの他人との戦いでもあった。世の
中を変えると言うことは人の心を変えることである。人の心の軌跡、過去世からの性癖とい
うかカルマを読みながらある時は厳しく激しく、ある時は親切にやさしくやってきた。しかし、
ようやくその道筋が出来ようとしている。あ・うんユニットという具体的武器が手に入ったがた
めである。武器というより、もっと大きな夢と希望を燃料に宇宙を行く孤高の宇宙戦艦大和
である。これを100台1000台と展開してゆくなかで、戦艦大和の大軍団となり大いなる仕
事を成し遂げるだろう。

 そうなると、ボツボツホームページの内容も変えて行かなくてはならない。戦う武器が無か
ったから戦略として ・ 陽動作戦 ・ ゲリラ戦法 奇策を用いて色々やって来た。“馬鹿丸出し
の自由自在心とキラリ光る真実”をキャッチフレーズに、常識を越えて、それは超常識のレ
ベルだった。柳田大明神から柳田大博士となり数々の発明をやってきた。台所からの浄化、
“複合発酵タマちゃん”からトイレの悪臭消しの“ブラックホール無限”その他数々の発明をし
てきた。そして何より人間の心を縛る自縛からの解放がこの百姓雑感である。天を偽り自分
を誤魔化す偽りの宗教から真の自由を取り戻す目的の為の雑感だった。
 しかし、これからは具体的展開の中、多くの人達が集まり注目してくる。だからこれからは
品各をもって王道を行かねばならない。
 それにしても、今日までいの一番の有り難くも尊い支えはこの雑感のスタートの“エナジー
水の風呂へ入っていたら、頭がサエテきた。今なら東大へも入れそう”が全てだった。それ
は奇跡の水バイオエナジー水であり、史上最強の宇宙エナジー大自然水である。オレには
オマエという強い味方があった!これに尽きるのである。

大自然農法 2012/08/29
柳田ファーム様
はじめまして、ホームページを拝見して、ずいぶん、勇気づけいただきました.,

当園は、新規就農で平飼い養鶏と水田2ヘクタールと畑作14ヘクタールで有機栽培をして
います。
 米に関しては、無肥料自然栽培転換3年目で、ようやく底を脱したからと思うところ。
畑も自然栽培を目指しています。しかし、なかなか難しい。
これからいろいろ勉強させてください。よろしくお願いいたします。


○○ 様

初めまして柳田です。
ご注文有難うございます。

自然栽培は素晴らしいです。
私も去年秋から初めましてこの夏は
スイカ、トマトその他素晴らしい出来となりました。

高嶋博士は空気から植物を作ると言います。
どうぞ、高嶋科学を検証してみて下さい。
多分短期間で結果が出るものと思います。

 

 柳田ファーム様
 高嶋博士のEMBCに関する科学については、わが意を得たりというところと驚きのところ
がありました。
 私は、物心がついて以来のテーマであった、生命の仕組みを実践で知るということのた
め、養鶏(動物)と畑(植物)を始めたのです。
 動物と植物そして、それを支える微生物。どういう命のめぐりになっているのか。
 私の農業を循環農法ですねと評してくださる方が時々あります。
鶏糞を畑に戻し、できた野菜の残渣などを鶏のエサにするからです。
しかし、わたしは、胸を張れませんでした。
なぜならば、循環といっても、縮小循環、すなわち、100のエネルギーを投下して、1周する
と100をはるかに小さいエネルギーしか返ってこない、つねに、資材を補充し続けなければ
ならないのです。
物理の概念でいうエントロピーが増大してしまう農業なのです。
 近代農業は、石油というエネルギーを莫大に投下して成り立つもので、様々な矛盾を呈し
ているのはご存じの通りです。
 近代農業のもとでできな野菜には人間の生命を支えるだけのエネルギーはないのでし
た。


 このようなエントロピーを増大させる方法を自然は取っていません。もしそうならば、
進化どころか、とっくに滅びてしまってるはずですね。


 自然は、エントロピーを減少させるような循環を作っているはずだと思ってきました。

「どこで、エントロピーを減少しているか。
それは、微生物だ。
それも、カギを握るのは、分解を担当する微生物ではなく合成を担当する微生物だ。
合成といえば、光合成細菌。そして、微生物が利用するのはなにも光だけではないだろう。
光の波長だけでなくいろいろな波長のエネルギーを利用して合成をしているはずだ。
この合成菌は、人間が遠ざけるようなヘドロのようなところ(腐海)にいて、エントロピー増大
の流れ(分解)を一転、エントロピー減少、合成させる。
土の中で、いかに、合成の働きを活性させるか」

これが、私の最近の研究テーマでしたので 
その意味では、高嶋先生の科学はやはりそうだったかという思いが一つ


もう一つの点。並行複発酵のいきつく先、「10の9乗を過ぎると、、、」の話は、思いもよらな
い話で、
微生物の潜在能力の発揮されると、
驚くべき力であるという話は新鮮であり、喜びです。
これを畑で同再現していくかですね。
ここのところは、理解の難しいところが多いし
実践においても、いろいろ試行が必要と思っています。

 


長くなりましたので、
また、メールいたします。
よろしくおねがいします。 


○○様
高嶋博士の科学技術は微生物であって微生物で無く、物理学であり宇宙エネルギー技術
です。
自然農法で無く大自然農法であり、大とは宇宙を表している大です。
色即是空、空即是色でエネルギーが物質になり物質がエネルギーになる。
宇宙の中で物質は4パーセント26パーセントがダークマター、70パーセントがダークエネ
ルギーだそうです。
これからの農業は96パーセントの宇宙エネルギーを使った農法の時代になると考えます。

私も今回大自然農法を取り入れてみてその効果に驚嘆しています。
プロの先駆的農業の○○さんがおやりになれば日本の農業を変える大きなきっかけになり
ます。
それと、今後家庭からの複合発酵あ・うんユニットでプロの農家も家庭で食べる野菜は自分
たちの排泄物で作ると言う生命情報という深遠な意味でのこの装置をおやりになり、先ずは
家族が健康に又その出来る酵素水を農業に利用する事により大自然農法が効率良く出来
るようになると思います。
今後ユニットに加えて増殖液・ボカシ・嫌気基礎・など提供していく予定でいます。

今後とも宜しくお願い致します。

    柳田繁吉


 若者たち  2012/08/26
 若者たち、この歌ぐらいオレの心にピタッとくる歌は無い。オレは当年とって100歳を少し越
えた棺桶に片足入れた男であるが、心は18歳ぐらいだ。
 あれは何時の事だったか大晦日から元旦にかけて豚の汚水浄化プラントとと格闘してい
た。その時口ずさんでいたのがこの歌である。
 どういう訳か解らないが女縁が悪く、二度の離婚を経験して天涯孤独の男である。もしか
して普通に家庭をもっていたら高嶋科学をやっていなかったような気がする。
 
 君の行(ゆ)く道は 果てしなく遠い
 だのになぜ 歯をくいしばり
 君は行くのか
 そんなにしてまで
 
 博士にお逢いして早20年、三島の浄化センターで衝撃の科学を目にして、我が人生これ
にありと、今日までその心は変わる事が無く、今想えば博士に出会う前から決まっていた人
生だった。出会う前からも、いやすでに生まれた時からが準備期間であった。
 何故にそうなのだろうか、天命というものなのだろうか、自分の心の内を言えば、それは
世界人類の為でもない、愛する誰かの為でもない。それは自分の罪滅ぼしのためだった。
多くの命の犠牲の上に生きてる我が命、怒りの想念の中では多くの人を殺し、悪想念をまき
ちらして来た。それはあのムンクの叫びのように絶望的だった。
 しかし天成る神は内なる仏はどんな悪人も救うという。オレのような悪人でもだ・・・

 
 君の行く道は 希望へと続く
 空にまた 陽(ひ)がのぼるとき
 若者はまた
 歩きはじめる
 空にまた 陽がのぼるとき
 若者はまた
 歩きはじめる
   
 そうだ希望だ希望があれば生きてゆける。高嶋科学で全て命あるものの為に働く事が唯
一残された道だ。
 オレは今日も歩き続ける。富チャン又歩き続けようぜ!

 日中関係・抜本的改善計画 2012/08/21
 寝ても覚めても考えるのは、地球環境の事ばかり、オレは閃いた!
 この世は全て循環だ。その中で人間の糞尿に加えて、もう一つ最も循環しなければならな
いものに気がついた。それは人間の亡くなった後の死体である。
 あらゆる命あるものを食した挙句に、死んだら貴重な化石燃料を使い焼却して、さらにそ
の上に御墓という形で天然の自然石を墓標と称して建て、貴重で有限な大地を永遠に占領
してしまう。
 なんと天に対する不遜なことか、人間も死んだら他の命ある生き物の為に貢献しなければ
ならない。
 
 そこで一石二丁三丁なことを考えついた。中国との関係改善の為にも、中国の深刻な問
題の一つ黄砂という形で日本にも影響している砂漠化を止める為に“死体による砂漠化防
止・環境改善技術”を確立して中国への技術支援を行うのである。
 具体的に説明すれば砂漠化の最前線に穴を掘り死んだ人を埋葬して、その上から複合発
酵ボカシをフワーッと撒きさらにエナジー水をその上から散水するのである。そしてその上
に墓標の代わりに植林をするのである。
 
 オレの発明魂が又うずいてきたようである。新たな研究に入る事になるだろう。
 この事の実現ために中国人だけの死体で足りなければ、日本から支援の為の日本人の
死体を提供するのである。これこそ日本人の身体を張った真心でないだろうか、これが実現
すれば日本に対する考えも日本人に対する悪感情も全て洗いながされて、平和なに日中関
係が樹立するものと考えるのである。

<人間の身体は土から出来ていて死んだら土に帰るのが自然の摂理である。世界平和の為ならオレの死
体も提供する用意がある。何時しか其処は緑濃い森となり其処に眠る御霊は日中友好の礎となり聖地の
森となるだろう。>
 大震災と人間の心 2012/08/19
 貴方は自分の顔をみているだろうか、アルバムをめくって幼少から今日までの変化を見て
いるだろうか。
 顔は貴方の心の状態を表している。目は心の窓というが、自分を見る事は出来ないから
他を見るためのものだろう。目が曇っていては他を正確に見る事は出来ない。さらに心眼と
言い、目に心が入れば形の奥に隠れているものも見えてくる。
 物事を良く見ていれば、その奥に潜んでいるものもそのうち見えてくる。それが気づきを起
こし何時しか自分も変わっていける。
 顔の変化を見れば貴方の人生が見える。進化の過程をたどっているか、退化の過程をた
どっているか。
 
  孔子の言葉に
  十有五にして学に志す。
  三十にして立つ。
  四十にして惑わず。
  五十にして天命を知る。

 
い言うが人生こうは旨くいかない。

 
 オレは想う。金持ち権力者ほど顔が悪くなる。民主党の政治家を見れば実に解りやすい。
政権取ったらとたんに悪くなった。
 億万長者で福々しく装っても、その心の内を心眼で見ると、将に親鸞の言う心は蛇蝎のご
とくなりである。
 テレビからの映像で3.11の大震災で家族を無くし家を無くした人の顔どの人も皆良い顔
をしている。
 大自然は自然災害という形で人間の心を変えている。
 どうだろうか逆に心が変われば大災害は来なくなるという事にはならないだろうか?

微生物技術と今後の展開 2012/08/17
  高嶋科学は自然界の菌群を融合へ導く唯一の技術であり、他の技術は単一の菌、又は
数種類の菌を集めただけのものであり、それを、自然界の何万種の菌に加えて見ても、す
ぐに拮抗作用で死滅してしまうのであります。偶然良い結果が出ても加えた菌に関係なく自
然の調整作用がもたらしたのであり、もっと解りやすく言えば私の豚の高濃度廃水などは
EMや乳酸菌などで全く浄化出来ません。まして放射能浄化など全く出来ません。今回の放
射能除染で公の基での公開実験は高嶋科学だけでしたし勿論素晴らしい結果が出たのは
言うまでも有りません。
 
 博士が放射能除染において他の微生物技術の事を否定するのは高嶋科学から見て全く
のでたらめでありそれは金儲けの為の詐欺に等しいからであります。 私の耳にも他の技術
の悪口を言わない方が良いというのを何回か耳にしたが、悪口で無くj科学者としての良心
が許さないのであり又博士ご自身が高嶋科学の大きな使命を骨の髄まで解っているから、
怒りや哀しさを通り越し、重く計り知れない苦悩を一人抱えているのだと想います。博士がこ
の科学を展開出来ず大天命を果たせず終われば博士御自信に何より重い責任あると言う
ことが良くお解りだからです。
 
 今回の大津波から原発事故に至る多くの人々の救いが高嶋科学にかかっているとした
ら、それは、どんな想いか!私にはそれが解る。だから私も微力ながら博士を全力で助けた
い応援したいのである。大津波で多くの方が亡くなって家族に先立たれ一人残った人、又現
在も放射能を浴び続けて危険が身に迫り恐怖におびえる人々、大震災のことも他人のこと
と忘れたような一般大衆、海外からの日本侵略に手を打てない政治、原発事故で犯罪者に
落ちた政治家、今後どのような展開が待っているのだろうか。
栄光への道の序章 2012/08/13
 百人千人万人の有象無象がいても何も起こらない。一人二人の道具としての必殺仕事人
がいれば、風が吹き雲を呼び嵐となり雷鳴轟き天が動く。天を味方にしなければ何事も成
就しない。環境維新の会の役目は終わった。完全自動式複合発酵あ・うんユニットが生まれ
るための土俵であり露払いだった。
 
 この世は全て宇宙エネルギー・トーラスの流れだ止まれば腐敗する。良いも悪いも全ては
動きの中で吸収されて融合となる。あ・うんユニットはこの形ある物質世界と人間の心さえも
変え、全てを融合に導く働きをするだろう。

 
 人を変えようとすれば自分が変わらなければならない。自分を変えることは今すぐに出来
る。それは今すぐに行動し前へ進む事である。さすれば答えがでる。その答えが間違ってい
ようとそれが解れば成功であり又新たな行動に移せば良い。宇宙は常に動いている止まっ
てはいけない。
 自分の短所に囚われたり止まったり、なまじ直そうと小手先でバタバタしても溺れる者わら
をもつかむで無駄なあがきとなるばかりである。それなら諦めて(明らめて)自分の長所短
所をそのまま道具として生かして働いて役立つことである。だからなまじ悟るでなくそのまま
道具に徹して仕事人となるのである。
 自分をありのままに受け入れて、人間としての天命、地球大調和世界建設への道具とし
て徹するのである。それが未熟な人間としての確実な生き方であるという信念の基に今日
までやってきた。だから後悔したり悩む事があれば、さらに前へ進むだけである。

 
 高嶋科学誹謗中傷の罠にかかって逮捕された元地球環境秀明の富田寛信氏・通称富チ
ャンとこれからその仕事に取り掛かる。理屈も屁理屈もない、複合発酵あ・うんユニットは答
え一発簡単明快驚異の事実をもって、日本から世界へ燎原の火の如く展開する。
 高嶋科学の汚名挽回と栄光への道の序章がこれから始まる。

<必殺仕事人の条件は一にも二にも想いであり心である。目的の為には良いも悪いも自分をさらけ出して
でも立ち向かう勇気である。そして天を信じ天にゆだねる心であり、それはたゆまぬ祈りである。必殺とは
命を張って死をも覚悟しての玉砕覚悟の行動でである。マインドコントロールの著者の池田さんに世の悪を
明らかにする活動を続けられて危険は無いのですか?と尋ねたら、天に守られているような気がすると言
っていた。最後は天を信じ天にゆだねる心なのです。>

雑感によせて  2012/08/12
 私はこのホームページを作るにあたり、人間のありのままを表現して、それを皆さん自らの
気づきにして頂きたい。それを人間複合発酵と命名した。
 ということは腹をくくっていなければ出来る事でない。私と日々ファームを訪る人々との間
に起きる出来事と、それらを観察しながらの自分も含めた人間探求の場と考えているの
である。その根底にあるのは浄土真宗・親鸞の自らの心の内を蛇蝎のごとくなりと、つまり、
私は悪人であり心の内はヘビやサソリのような心であると魂の底からの叫びがある。其処
からのスタートが基本である。だから私も貴方も皆悪人であり、それを気がつかず世の悪を
弾劾してもそれは効果をなさないだろう。自らの心をどこまで掘り下げてみているかである。
 だからこのホームページを作るにあたり腹をくくるとは、私の心の悪を徹底して見て、その
確かな存在を認めた。それを何とかしようと悩み苦しんだが度し難しである。さて、その先を
考えた時、正も悪も、短所も長所も、そのままに道具として働くことなら、このまま役立つこと
に気がついたのである。
 だから、自分が良いの悪いのとかの出来事を、そのままありのままに閃きと直感でこのメッ
セージを発信し続けているのである。 
 
 だから、地球バイオエナジーの会社を設立しての解散も環境維新の会の顛末も(まだ会
長からの残務処理の連絡無い)出来るだけ赤裸々に恥をさらけ出して皆さんの学びに変え
てきた又変えていくのである。
 しかし、たまにはミスティクがおきるのである。有る宗教団体の事を7月7日の雑感・事実
を書いてから普段一目も二目も置いている、あるお坊さまからの連絡がはたと止まってしま
った。多分あの雑感の一部・・オレの所へは宗教や精神世界へ深い関心を持つ人が多く来
る。多分形の無い世界を探求すると形ある世界の矛盾を何とかしたくなるのだろうか?それ
とも形ある世界へ結果をもたらす科学を自分のものにして、選民意識と自己顕示欲をさらに
満足させたいのか!多くはそれに近い。・・・多分間違いなくここの一文が原因だろう。オレ
は深く反省した全くあのお坊様とは全然関係なくあのヘンテコ宗教団体をさしているのであ
る。誤解なら申し訳ない穴があったら入りたい心境である。だが、閃きや直感は天から来る
もの、オレのせいじゃあない神様が悪い。

<オレは転んでも只では起きない、“愚かの”お手本を見せている感謝しなければいけない!>
 勇者 2012/08/11
 知人の紹介で池田整冶というお方に逢った。マインドコントロールの著者で世に真実の勇
気あるメッセージを出し続けている元陸上自衛隊陸将補を定年前に退官され危険を顧みず
命を張って活動されているお方である。愛媛の最南端の田舎生まれで親の農作業を手伝
い、中学を卒業すると、すぐに世の中の役に立つ仕事をしたいと自衛隊へ入ったそうであ
る。お逢いすると優しさの中に清らかに澄んだ目をしたどこか秘めた意思の強さを感じさせ
た。子供も頃からの読書家で毎日本を読む事を自らに課し又空手道八段で文武両道その
もののお方である。心身を鍛えに鍛えた侍であるがその行動は侍を越えた勇者だった。
  
 オレは何時も生命というか生き物としての人間観察に関心が向くようである。其処のところ
でこの人を考察すると・・愛する4人のお子さんの先行きを想い、世の中の99パーセントを
牛耳る1パーセントの闇の支配者とその下で働く権力者に対して奴隷のように苦しむ世の
無知な人々を想い、何とかしなくてはいけないと命をはって活動されている。それは情報と
いういう武器を使って、我々何重にものマインドコントロールからの呪縛より解き放とうと
している。多分何時も死を覚悟して活動しているお方と見た。今は亡きアップル社のステー
ブジョブズと同じように常に死を考えながら今を精一杯生きるそんな生き方をしているように
感じる。
 
  そこを自分と比べると恥ずかしながら、オレが読むのはせいぜい百姓が使う農業機械の
取説ぐらいであり、特段心身を鍛えるようなことは何もやらずに、生きるための百姓仕事の
クワの上げおろしが肉体鍛錬だったかも知れない。その様な自分の中にも反骨精神と一つ
決めたらやりぬく強い精神も同時にある。多分前世で百姓一揆を起こして権力者に立ち向
かったことがあるに違いない。
 人間とは不思議なもので、人生何とか楽に楽しく生きたいと、出来る事なら学校も行きたく
ない。桃源郷の蜜の流れる川のほとりで口を開いて寝ていて、その口に甘美な果実が落ち
てきて食う・・その様なことを夢見ていたが、人生そう甘くは無く、苦しさや辛さが次から次へ
とやって来て、いやおうなしに考えさせられ動かざるを得ない人生だった。その御蔭で博士
にお逢いし今があるのである。氏とオレは正反対の生き方だったが今は向かう方向はまぎ
れもなく同じ方向である。
 美しい 2012/08/02
 朝のニュースでオリンピック体操の内村航平選手の金メダルに添えて美しい体操という言
葉が耳に入ってきた。しばらく前から美しいという言葉が心に響きわたっていた。
 それは、高嶋科学の空気から植物を作ると言うことを実践して十ヶ月ばかり、ファームの
畑には将に美しい野菜が畑を一面に埋め尽くしている。食糧危機に備えての緑黄野菜に加
えてのゴマ、豆類、芋等の保存食、今が盛りのトマト、スイカの夏野菜達、全てみずみずしく
緑色に輝く光を放っている。
 その美しさは人間界のどんな美の競演も精々爪のアカであり、ミスユニバースの美女など
も爪のアカ以下である。勝ち負けの優劣や笑顔の裏に隠した他を見下し自我の増長を垣間
見せる美の競演など大自然の美から見たらむしろ醜く感じられる。
 
 そして何よりその美しき野菜たちにはそれを食する人間に対しての究極の愛を示してい
る。自らの命をささげる無我献身の愛など人間界には絶対無い。
 それぞれの命が輝きこだまし合い美しい音楽を奏でている。そう言うと小粒の野菜をイメ
ージするかも知れないが実際手にすると過去の野菜たちに無いほど大きく重量感あり力強
い立派な野菜なのである。畑で実っている時は大きさは感じさせなくて、収穫してみて驚く
のであって実に不思議である。個々は立派に力強いのに畑ではむしろ全体の調和を優先さ
せて個々の自己主張は無いのである。其処はただ只心地よい共に調和して輝いている。武
者小路実篤の仲良きことは美しきかなの野菜たちの絵のメッセージそのものでる。
 次に食べてみてのその味である。全ての野菜の上にフルーツを加えたら少しでも近い表
現を出来るだろうか・・フルーツトマト、フルーツスイカ、フルーツきゅうり、フルーツナス・・・切
りが無い。とにかく甘く身体にスーット溶けていくような感じで後が軽いのである。高嶋科学
の御蔭で命拾いをしてこうして働かせて頂いているがいまさらに新たな命を頂いた感であ
る。医食同源の真実を実感している今日この頃である。

 その畑の原動力は奇跡のリンゴの木村さんの無農薬無肥料の自然栽培と同じである。木
村さんの農法で10年かかるものが10カ月で土がフカフカになり命あふれ命を養う食べ物
が取れたのである。複合発酵で豚の汚水を奇跡の水に変えて、今回川俣の放射能浄化で
放射能消失という奇跡をやって見せた高嶋科学、全て結果であり事実だけがこの世を変え
て行くのであり、そして、自分も救われるのである。私は此処に又高嶋科学の新たな力を想
い知らされた。感動の10ヶ月でありました。

 高嶋博士にお逢いして、今後家庭からの複合発酵あ・うんユニット(仮称)を推し進めて頂
くことになりました。家庭からのトイレ廃水を全て浄化して液肥を越えたエネルギー水にして
本格的な菜園を作るのです。生命情報という究極の真理の上に立った菜園こそ人類存続
の礎となる事を宣言致します。今は緊急課題で放射能浄化に取り組まなければなりません
が、この大艱難を乗り越えた先の新たな文明の核になるのがこの複合発酵あ・うんユニット
であることを申しあげておきます。

真心の人 2012/07/26
 車で一日がかりで以前からのお付き合いで高嶋科学を理解しておられる人に逢いに行っ
た。今は退職されて第二の人生を老人介護のデイサービス、つまり養護者の疾病その他の
理由により、居宅において介護を受けることが一時的に困難となった高齢者を短期間入所
させ、養護施設を経営されているのであった。

 老人養護施設であるから身体と心の双方の病気であり、徘徊したり寝たきりとか過去現在
の時間の観念が混乱して日常生活がままならない状況にあり、人の助けがなければ生きて
ゆけない人達を相手の仕事なのである。

 彼の人柄は静かで温厚な中にも、物事に対しての深い洞察力と強い信念の持ち主でもあ
る。しかし今回はそれに加えて、まだ見た事が無い彼の心の内側を見た気がした。仕事場
を見て又ポツリポツリ語る話の中に彼のうちに秘めた“真心”というものを強く感じさせられ
たのである。それは宗教の愛や感謝を遥かに超えたものだった。それは彼の所に入所した
重篤の老人が不思議にもすぐに良い方向に変わるのである。それは本当の優しさというか
深い人間愛から来るものか?おそらく彼の持つ気というかエネルギーがそれを為し得るの
だと思う。老人介護というと目をそむけたくなるイメージだったが其処は清浄な気に包まれ
て普通の家庭のようにホットな感じさえするのであった。
 又またある老人の徘徊を兼ねた散歩に彼は後をついてゆくとその老人はポケットから財布
を出して二千円を出してこれをあげるから頼むから附いてこないでくれと頼むという。何時ま
でも帰ろうとしないので○○さん私が帰る道順が解らなくなったから家までつれて帰ってくだ
さい、と頼むとようやく介護ホームへの道へ引き返してくれると言う。
 人の価値は愛と感謝の言葉の数で無い彼の口からその様な言葉を聞いた事が無い、し
かし短い時間の訪問だったが彼の身体から発する静かで清浄な気と彼の仕事の一コマの
語りだけで常人に無い真心を感じたものである。

 如是我聞 2012/07/09
 如是我聞ある時博士が言った。愛とか感謝とか言う奴ほど愛や感謝が無いと・・・オレもそ
う想う。
 宗教愛好者が愛とか感謝を多く口にするのは、自分の心にそれが無いから言葉でもって
それを埋めようとしているのだろう。本当に愛や感謝があれば口などに出さないで行動する
ものだ。
 
 例えばこのオレが、昔子供の時だった。母親がお金が無いのと忙しい百姓仕事で時間が
無い時、歯が痛みだして冷や汗かいて耐えていた。オレはお小使いを貯めていた郵便ポス
トの貯金箱を母親の前に出してこれで歯医者に行って治してチョウダイ・・と言って渡したも
のだ。その時母親は目に涙をためて有難うと言ったもんだ。又昔の父親は言葉に出して愛
とか感謝とか言うことの軽薄さと欺瞞さを知っていたから、そんなものは一切言わなかっ
た。子供と女房を守り養い育てるために黙って黙々と働いたものだ。子供が父親の背中を
見てお父さんは偉いなあ僕たちのためにあんなに頑張って働いている。僕が大きくなったら
お父さんを楽にしてやるんだ・・と同じく心の中で誓ったものだ。親の背中で子供を育てると
いう事は将にこの事を言うのである。
 
 それの比べて今の中年以降の連中は愛してる感謝してる人前でチュッ、チュッとやり今に
交尾までやりかねない。呆れたものだ。これもイルミナテイの世界を牛耳る闇組織のスリー
S(スクリーン・スポーツ・セックス)のマインドコントロールのたまものである。オレはこれに宗
教を加えるものである。
 ところで前回の宗教団体のウツの男の中で一人だけは何としても救いだしたいと心から
思う。何故か100パーセント教祖を信じてその教えを100パーセント実行しようと一生懸命純
粋に生きているからである。他の連中は適当にやっているが彼だけは違う、それは過去苦
しい心の痛みを体験したからであろう。
 宗教で祈りがあるが、彼の師匠が言うには空間設定といい想念の力で人を変え世の中を
変え人々を救う事が出来るという。彼はオレの素直でない心を何とか変えようと空間設定を
ヅーットやってるそうだ。その心は嬉しいが見当違いだ。オレは・・・では貴方達の空間設定
であの悪徳東電や極悪政府の心を真っすぐな心に変えてくれと頼んだものだ。
 
 そうだ!その人が、博士の“微生物が放射能を消した”の本を教祖にお読みくださいと渡し
てから、しばらくたって・・先生あの本をお読みになりましたか?と言ったら、そんな本頂いた
かしら!どこかへ行ってしまったみたい・・と言われたとガッカリしていたのを、今また想いだ
す。又博士の生家は昔からお稲荷さんを祭ってあるのを話すとその博士には狐がついてる
と言ったそうだ。もちろんオレには豚が憑いているとい言ったのは言うまでもない。

 
 どんなに素晴らしい教えと言えど弟子を救えなければその教えはまやかしである。又人の
心を適当に扱い先生師匠と言われて傲慢になり自分は偉いと勘違いする。標準以下と言う
事を知れ!先生と言われるほど馬鹿じゃあないを噛みしめることだ。
 又真に人が天とつながりと宇宙と一つになってれば、如何様な人も来るに任せて、その
人の側にいったとたんに清められ帰依するものである。直感力も無く人の話だけで狐が憑
いてる豚が憑いてるでは何をか言わんやである。

 事実 2012/07/07
 全ては事実、真実の判断は結果をみて。
 博士は言う全ては事実を・・生命と言う無限の世界を相手にしていると事実結果が全てで
あり科学はその後ついて来るものだと思う。放射能が消えた!豚の糞尿が消えてその処理
水が奇跡の水で病を癒し多くの結果を出している!の事実が全てでありそこからがスタート
なのである。
 精神世界も同様全ては事実だけであり、答えは出すもので無く出てくるものである。オレの
所へは宗教や精神世界へ深い関心を持つ人が多く来る。多分形の無い世界を探求すると
形ある世界の矛盾を何とかしたくなるのだろうか?それとも形ある世界へ結果をもたらす科
学を自分のものにして、選民意識と自己顕示欲をさらに満足させたいのか!多くはそれに
近い。
 あれは儀式から始まった。ある宗教では無いと言う宗教団体の人が次から次へと訊ねて
きた。皆高嶋科学は素晴らしいと涙まで流していた。オレは何と心ある人たちか、やっと本
物の宗教者に出会えたかと喜んだ。そしてこのファームの土地の清めをやると言ってこの
土地の過去にまつわる霊たちよそして人間のために命をささげてくれる豚さん達よごめんな
さい許して下さい。創造主よマルマル先生そしてホ・オポノポノ有難うございます。又彼らは
宇宙人とやりとりして星の方のメッセージを受けて常に反省文を書かされている。オレのと
ころにその文章を頂いたが正直初めて手にした時から読むのが苦痛と言うか面倒くさいと
言うのか心に響かなく時間の無駄だという想いがした事を、今また思い返すのであった。
 オレはもともと純粋で素直だから彼らの言うままにハイハイと言って言うがままに従って来
た。あれから三年次から次へと矛盾が見えて来た。特に直接係ってきた男連中がうつ状態
だった。元々精神世界へ入る人は頭が良く、しかし、心に大きな穴が空いていて、その穴を
埋めようとその世界へ入るから一度入ると抜き足差し脚の泥沼の深い所へ入り込んでしま
うのである。オカルト宗教オウム真理教の信者はほとんどが高学歴の人達だったことは将
にこの事と附合する。
 しかし、この目に見えない世界の事実は余程心しなければ危険な罠(ワナ)となるのであ
る。罠とは、仕掛けられた側が知らず知らずの内に被害を受けることを言うのである。あの
オームの信者が凄い奇跡を見たというのをテレビで目にした事がある。それは教祖の麻原
が空中に浮いたとか雨が降っているのに麻原の上だけには雨が降らなかったと・・これは
頭の良い高学歴の人程、科学的に証明できない奇跡に弱いのである。又ある意味科学万
能という狭義の自然観がその人達の道を誤らせるのである。何の事は無い目に見えない霊
的生きもの(幽界の魑魅魍魎・チミモウリョウ・オバケ)が麻原を引っ張り上げたり目に見え
ない傘をさしただけの事で神様仏様とは全く無関係なのである。
 オレは全て真実は時間の問題で答えは出ると言う信念と又それまで冷静に見て判断すると言う忍耐力も兼ね備えているオトコである。ある時矛盾が重なり合い、ついにオレの愛の想いが彼らを救いだそうと決起した。教祖に会いたいと申し入れたが何回トライしても会おうとしなかった。これこそこの団体の正体そのものであり、オレに喝破される事を恐れ逃げられたのである。その事をファームに関係する信者に伝えたのであるがメールをやろうと電話をしようが一切応答がないのである。これは心の支えが揺れ動いているので、なおいっそうの鬱(ウツ)状態に落ち込んでしまったのである。慢性病が治癒する時メンケン現象好転反応のように今きつい状態なのだろう見守る以外方法が無い。
↑topに戻る
トップページ生命科学について奇跡の水について柳田ファームについて養豚について豚肉宅配新着情報
畜産界に革命を起こすバイオ堆肥について生命燦燦ビオトープ百姓雑感日々如是我聞ファーム概要