埼玉県日高市にて豚肉宅配、豚肉販売をしております。
宅配のお問合せはこちらPrivacy policy特定商取引についてリンク先一覧
 
 
 
百姓雑感日々如是我聞
 
 博士面会・二つの決定事項 2022/09/19

 9月17日 高嶋博士と話し合って決まったこと。

  一)有限会社.柳田ファームが、唯一の家庭からの複合発酵の資格者であることの再確認。

  二) この先、時期が来たら、高嶋開発とあうんの会を一つにする。

  @普及に置いて、高嶋博士と複合発酵の技術であることを設置者に伝えているのはあうんの会です。

  A複合発酵は菌床が重要です。博士の指導でベストな菌床は柳田ファームのみです。

  B複合発酵のまがい物は高嶋科学の信用失墜させるので、違反者は博士が然るべき処置をとリますのでお知らせ下さい。(同時に菌床提供者対策をとる)

  C排泄物、トイレットペーパーが消える、無臭トイレは複合発酵だけです。同様なトイレがあるなら連絡ください。
          
                                             siyana@maple.ocn.ne.jp

<私にとって博士は極めて大切な存在です。それは高嶋科学で世の中を変える事を希求しているからです。それには開発者の高嶋博士の学問的説明が不可欠だからです。今回博士とのご縁が切れるのを覚悟しての面会でしたが、お互い理解しあえました。お金目的だけの人たちは人類救済科学の足かせとなります。本気で普及する意思がおありなら、その人たちも受け入れることも考えています。ルールに基づき世の中のお手本となる言動をしてゆきましょう。>
 博士面会 2022/09/18
 昨日高嶋博士に会った。
 会った瞬間に感じた。博士は体調の悪い中、大きな荷物を抱えて苦しんでいることが。だから、今は負荷をかけてはいけないと。

 
不思議な関係で今回の高嶋開発伏魔殿に端を発し、極めて攻撃性の強い文章だったが、私も博士も何事もなかったように平常心で話している。命がけの、因縁深い業の絡み合った関係性の中、お互いを必要として大切にしあっていることを、阿吽の呼吸で分かるからだ。

 
言葉を越えて、言葉に出来ない心の叫びを感じ取っている。博士と私だけしか分からない情報交換と言ったら良いだろうか。博士と話すときは、いつもどおり大局から話を始める。仏教から白隠禅師の話など、多分お互い人生迷路の迷い道の中、暗闇に明かりを求めているかのように。

 
しかし、お互いに目的をもった人生だ。目的のためには噛み合うように,しっかり切り込むことは、おろそかにはしない。博士の隣に渡邊秘書がメモをとっていることを幸いに、私は言った。
 チクリンパ城戸口への聞き取り調査は調査になっていない。彼の言うことを丸呑みしているだけだ。渡邊さん、貴方は城戸口の人となりから、嘘を言っているようには見えないと言うが、私から見れば嘘つきのペテン師そのものだ。あうんのまがい物を数十台販売して、利益を得ていないと言うが、設置者の住所氏名、電話番号をを聞いて、各自に当たって見たのか。またまがい物とは言えそれなりの結果がでている、複合発酵菌床の入手先を調べたのか。その他合成槽の海老養殖の話もあやふやだった。


 その間にも三人の間には言葉に現すことの出来ない、数千倍の会話を交わしていた。そしたら、ハワイからの来訪者が見えて時間となった。

 
博士は柳田さん、これからは月に一度は、いや二回でも話しに来てくださいと言っていただいた。そして、帰りがけにホームページの博士に関係するマイナス情報は削除しますと言って帰路についた。
 あうんパラダイス2022/09/16

 闇の意識エネルギーに憑依された現代人を目覚めさすのが、あうん単独槽を中心にした完全循環式楽園なのである。

  アナスタシアの叡智より、種の生命情報に自分の生命の情報を加えることにより、自分の病を治し健康にする野菜なり果樹が出来るという話しに、直感的に真実だと感じた。
  大自然はもともと、そのようになっている。野生の動物たちが天寿を全うするのは、テリトリーの中で、循環の輪の中で生きているからである。複合発酵の情報も最後の合成槽の情報を頭に戻すことにより、さらに合成の力が強くなる。

 つまり、大自然は循環させることにより、より安定して生命力が増すのである。フリーエネルギーモーターのようにより回転が力強く安定してゆくのである。
 個々の家庭から、人間の排泄物を完全に循環の輪に入れることこそ心身、心をも含めた、意識エネルギーを光のエネルギーに変えてゆく力が備わるのだ。

 難行苦行しないで、楽しく家族仲良く気がついたら心身ともに健康になっていたとなるのです。 私が高嶋科学とアナスタシアの叡智を合体させることが、私の天命だったことを知ったのです。

 だから、何よりいの一番にあうん単独槽で小さな楽園運動をすることこそ、今人類存亡の危機において、唯一の希望の灯となリ、具体的に確実に世の中を変へてゆけるのです。
 博士目を覚ませ!2022/09/15

 長くて短い人生の中、今が最悪だ。空気は汚染され、水は枯渇し毒水と化してしまった。熱波で広大な原野が燃え、動植物が絶滅している。いよいよ食料危機元年が始まりそうだ。

  個人から国際政治までフェイクニュース、プロパガンダの騙しあいで、紛争から殺し合いの戦争だ。少し間違えれば核戦争で焦熱地獄の人類滅亡だ。今日おきても不思議ではなく、現実のものとなってしまいそうだ。

 世界人類は堕落して狂人の世となり、弱者はゾンビになってしまった。 
 世界を動かしているのは、国家でなく、一握りの人間が世界経済を動かし、エネルギー食料あらゆるものを使い、思うままにコントロールし、我々はバイオロボット化されてしまった。世界の富を自分達に集め、お金を自由にコントロールして人類をもてあそんでいる。

 その事の真実は宇宙的な背景があってのことで、いわゆる光と闇、キリスト教のサタン、宇宙的闇の意識エネルギーのなせるわざといえるのだ。 地球環境から人類の生活を一変させる、フリーエネルギーモーターもすでに発明され、人類の業病癌も完全に治癒する医療も出来上がっているが、それらを発明した人達は皆抹殺されてしまった。

 そうした中、高嶋博士の複合発酵技術だけは個人レベルの家庭から着実に世の中を変えてゆける唯一の方法なのだ。   だから、博士のやり方、トップダウンでは上手くいかないのだ。まして微生物技術は天の法則であり、それを扱うものが欲得の意識では微生物が働かない。今の人類の意識レベルに相応したものになるのは当たり前のことだ。

 しかし、心配はいらない。自然は進化であり創造であり、車のギアチェンジだ。 先ずは私のやり方、一切技術無し、菌床ガソリンスタンド方式、先ずはここからスタートさせ、個人レベルの家庭から、あうん単独槽を大展開させるのだ。合成槽はいらない、単独槽だけで充分だ。

  宮崎アニメ、風の谷のナウシカのメッセージ「大地との絆を取り戻し」これが高嶋博士の天命なのだ。「その者、蒼き衣をまとい黄金の原に降り立ちて、清浄の地に導かん」博士生誕の地、沼津の原は夕日に照らされたススキが黄金色に染まるのだ。蒼き衣は水の科学複合発酵を象徴しているんだ。

  博士目を覚ませ!いつまで闇の意識エネルギーに憑依されているんだ!。  
 達磨の顔 2022/09/14
 博士の顔は白隠の達磨に似ている。達磨の化身だ。気迫ある怒りから馬鹿面へ、しかし、その目は一貫してカッと見開き、目指す目的にブレることはない。達磨画の変遷は博士の心の軌跡を暗示している。

 今は上手くやったつもりで惚けている、愚かな惚け達磨画のようだ。(見透かされていることに気づいていない)
 これを乗り越えて、純粋無垢な馬鹿面達磨にならなければ本物にはなれないだろう。
 
 博士は天才だ。しかし、馬鹿と天才は紙一重という。そして馬鹿は神に近いと言う。科学の展開は純粋無垢の馬鹿に如何に近づけるかに掛かっている。

 一般大衆を知らなければ人類救済科学を広げることは出来ない。その一般大衆を知れば知るほど愚かさに気づく、すると自ずと自分の顔も愚かな顔になるものだ。
 それは、相手を理解して、相手を引き上げるには、相手の領域まで降りて行き、共感し理解し、そこから少しずつ引き上げなければならないからだ。相手に合わせて安心させるために馬鹿面になっているのだ。

 白隠達磨画の変化は白隠の人間探求の経過から生まれたものだ。
私はこの雑感ブログを書き始めたとき、「馬鹿丸出しの自由自在心」を柱にやって来た。その結果、一切技術無し、ガソリンスタンド型菌床製造方式のやり方を考え出したのは、人間探求の結果、愚かな現代人に合致したやり方なのである。

<現代人は闇の社会システムに依って皆おかしくなっている.。普通の人間がこのおかしな世の中をつくつている。プライドを捨てて、馬鹿からスタートすれば自ずと心は自由になる。> 

  お浄め 2022/09/13
  白隠の達磨画は、晩年になるほど馬鹿面になってゆく、何故か?
 民衆に教えを説いて行く中、民衆の愚かさに出会うごとにあのようになったのだろう。

  浪曲の馬鹿は死ななきゃ治らない、遠州森の石松は中途半端な馬鹿だが、真の馬鹿は商売の神様、仙台四郎だ。

  石松は無鉄砲な怒りの感情から、ヤクザ集団に独り切り込んで惨殺された。
 四郎さんは本物の馬鹿だから、どてらを羽織って、オチンチンも見え隠れしているのも気にもとめず、仙台の商いの町並みをニコニコ笑いながら散歩していた。
 親切なお店からは、四郎さんお茶を飲んで行きなさいよ、お菓子を食べていきなさい、と声がかかる。一方欲の深いお店からは、商いの邪魔になるから、来るなあっちへ行けと追い払われる。
 すると親切なお店はどんどん繁盛してゆくが、不親切なお店は、お客が離れてゆき、何時しかつぶれていったそうである。
 それから仙台四郎は商売の神様となり、四郎さんの画像をお店に飾っておくと商売繁盛するとなったそうである。博士の高嶋酒造にも四郎さんの写真が掲げられている。
  別に不思議なことでも何でもない。親切なお店は光輝いていて、行きたくなるのに対して、不親切なお店は暗くとげとげしいのが伝わってくるから離れていくのある。分かりやすい話しである。

  かく言う柳田ファームは複合発酵発信基地として、当初は千客万来で多くの見学者から、同志と見える仲間が集まって来た。博士も柳田ファームはエネルギーが高いから、高いエネルギーを求めて人々が集まって来るのだと言われた。
 柳田ファームのホームページも、数人の霊的能力者から光が強くエネルギーに高いと言われた。

 しかし、あるときから何かおかしい?柳田ファームは仲良しクラブでは無い、人類救済科学を普及する目的をもった農場だと、その矛盾に気が付いた。
 
 それから私は柳田大明神となり、集まって来る人、特に同志となった身近な連中に、愛のお浄めを始めたら、皆、去って行った。今はそのお浄めが、本丸の高嶋開発に向けて強力に放たれているのである。
 天命と博士の孤独感 2022/09/12
 昔博士は言った。私は死ぬことは何とも思っていない。
 果たしてそうだろうか。奥様が、亡くなった後、死のうかと思ったと言った。自分が死ぬことを何とも思っていない人間は、例え妻が死んでも、寂しい悲しいと言う感情があっても、自分が死のうかとまでは思わないものだ。

 何故そのように思うのかと言えば、奥様は博士の科学が世の中に広がることを願って、観音様に日々手を合わせ、一方、造り酒屋の裏方で酒造を支え、献身的に尽くしてきたが、それに対して全く応えていないからだ。
 
 また生きていてもこの先、人類救済科学を世の中に広めることに絶望的なのと、また家族親戚一同に肩身の狭い思いをさせて来たからだ。だから、近親者の中にさえ、博士の孤独感を癒してくれる人がいないのだろう。だからか、博士は物凄い孤独を感じてきた。凍り付くような孤独だ。生きながらにしての地獄でもある。


 はっきり言う!
 博士が今のままで死ねば、間違い無く地獄行きだ。奥様は自らの死をもって、博士を諭したのだ。

 
博士も私も幼い頃死を考え恐怖と絶望感を感じた。それから立ち上がれたのは、自分の与えられた命を人類地球のために捧げようと決意したからだ。だから私は自分自身のためにもこのままで済ますわけには行かないのだ。

 博士はどうか分からないが、私は地獄をそっと覗いたことがあるから、簡単に何時死んでも良いなどと言えないのだ。
アナスタシアを素晴らしいと言っているひとつの根拠に、本の中の地獄の表現が私の感じている地獄と一致していることがそのひとつでもある。


 博士の科学は間違い無く地球人類救済科学だが、博士が天命を果たさなかった場合はどうなるのだろうか。多くの人に損害、迷惑と混乱人生をかき回し反省の色も無い。

 しかし、しかしだ。博士が天命を果たした時には一切の罪は洗い流されて、宇宙は歓喜の音を発するだろう。オレの四半世紀も、光り輝くだろう。

<博士には渡邊の絶対服従と、清水港の次郎長を慕う子分のような富田が必要なのだろう。しかし、しょせんはヤクザ的なつながりでしか無い。最後は損得関係で陰ではお互いを悪口を言いあっている。死に対して何とも思っていない心境になるには、与えられた天命を果たして始めて言える言葉だ。博士は全く天命を果たしていない。>  
 重要な物質世界 2022/09/10
 白隠もアナスタシアもこの物質世界を重要視している。物質世界の身近で最たるものは自分の肉体であり、アナスタシアは超健康のスーパー女性だ。白隠も丹田呼吸法で、過酷な禅の修行からの病から脱却し、素晴らしい大宇宙の真理を問いた。アナスタシアは人間は神の子と言い、白隠も人間は仏だと言う。

 物質世界の最も重要な自分の肉体が病に犯されているようでは、いくら高い世界の話しをしても、伝わって来ない。高嶋博士のことを言っているのだ。二十数年前に出会ったときから何かの薬を飲んでいる。最近は四面楚歌で二度足を骨折した。

 
スビチュアルや宇宙人の話しは、言葉遊びの積み木遊びで、目の前の物質世界に全くの無力だが、高嶋博士の複合発酵はアナスタシア白隠を超える大宇宙物理で、地球史にのこる偉大な科学だ。

 しかし、このまま博士が死ねば、ただの張り子の虎か、手品の類いに終わることになるだろう。むしろ汚名となって後世の笑い話となるだろう。いやその心配は無い。一端は地球はリセットされアトランティスかムー大陸のように消えて無くなるだろうから。


<不健全な身体には不健全な精神が宿る。人に多大な迷惑かけても反省の心は微塵も無く、嘘と誤魔化しでは、この先見込み無い。イマジンで天国も地獄も無いと歌っているが、白隠は子供の頃地獄に恐怖したと言う。地獄は自分の心が、つくり出す自己処罰で厳然としてある。>  
 一番重要な人間の排泄物 2022/09/05
 複合発酵技術を人類救済技術として確立するには、地球生命の王たる人間の排泄物を循環の輪に完全に取り込むことこそ、何にも優先させなければならない。
 物事には優先順位があり、それを間違えるなら一過性の単発花火で、世の中に定着し認知されることは無い。

 
@地球人類すべての人が対象になる。故に地球規模的な人類救済そのものとなる。微生物にとって人間の排泄物は一番のご馳走で処理がし易い。

 
A大地との絆を取り戻すとは、生命情報の真の意味、人間の食べ物は人間の排泄物でつくることが自然の摂理(アナスタシアの叡智より)で、心身の健康を根本から取り戻すことに直結します。

    特に重要
 
B人類すべてを対象にするには一切技術無しのバイオトイレとする。トイレのバイオが不調になれば菌床総入れ替えする。そのために菌床製造装置をガソリンスタンドのように各地に設置(ノウハウをマスターすれば菌床製造は簡単に出来る)
家庭のトイレだから、この方式が可能、前述の個人も国家企業団体すべてを飲み込むブラックホールのようなアイデアである。(あうん単独槽の実績として入れ替えの実例無し)高嶋科学が人類救済科学となり、ノーベル賞百個は博士がこのアイデアを理解できるかどうかにかかっている。


 
C博士がどう言われるか分かりませんが、EMBCモルトも増殖液も不要。一端菌床が働き出せば、一切の資材の投入不要。他の微生物技術のように資材を買い続けるのは商売されるだけ、複合発酵の素晴らしさは、バランスをとれば一切の資材不要となる。

 
D広く丸い地球にまんべんなく棲息する人間の廃棄物を宝の水に変えて大地を豊かな土壌にすれば、広島長崎の原爆の放射能が消えたように、人類がつくり出すすべての毒物を浄化出来るのです。地球は神の創った循環浄化装置なのです。それを人間自らベストの状態へするのです。

 現在の地球環境汚染、空気と水の汚染浄化も解決できるのです。当然先述の食糧生産に絶大な力を発揮します。その先もプラスの連鎖が次々起きるのです。だから高嶋博士の複合発酵はノーベル賞百個ものなのです。


<人類救済科学は、お日様と北風の寓話のように、縛ったり、強制したりしてはいけない。むしろ解放するのです。誓約書や会員制など必要無い。さすれば、高嶋博士の気高い精神により、複合発酵技術の解放を決断されました。博士に深く感謝すると同時にお気持ちに報いるために日本から世界へ向かって展開させましょう。となるのです。>
 業 2022/09/03
 何故世の中に極めて重要な複合発酵技術が広がらないかに対して博士は、「世の中の人ぴとのレベルがそこまで行かない」のと、私の「業」だと言った。

 
前回の続き「世の中の人のレベル」と言いますが、何故人々、国家、企業、など集団を対象にするのでしょうか?集団は個人の集まりであって、個々人はピンからキリまで様々です。意識の高い環境を憂える人は点として存在し、今その点は急増しています。その点の人達を対象にするのが極めて重要なのです。
 
集団には必ず反対勢力がいて、あらゆる情報をかき集め、つぶしに掛かって来るのです。博士が廃棄物処理法違反で逮捕された前歴、それひとつで致命的なのです。

 次に集団の浄化装置となれば当然巨大化したプラントになり、技術が難しくなり、お金もかかり、何より、自然の法則に外れます。(これを説明するには多くのページを要します。)だから、博士のトップダウン方式では結果が出ないのです。

 
次に博士は、私の「業」だと言われました。 業とは仏教用語で身・口(く)・意が行う善悪の行為。特に悪業。また、前世の悪行の報い。を意味します。
 人間、業のない人は一人としていません。業とは長所と短所の個性です。私は自分の個性を道具と考えるようにしています。役立つ道具として生かせば良いのです。

 道具とし生かせば、短所は長所の陰に隠れて、気がつくと何時しか消えて無くなるのです。博士の長所は世界唯一の人類救済科学者なのです。その科学を着実に一軒一軒広げていくのです。(私のやり方なら、確実に燎原の火のごとく広まります。)いつしか博士の名前は全国にとどろき渡り、更に世界へ大和の科学として展開始めるのです。 さすれば博士のマイナス部分は何時しか消えることになるのです。

 何時までやっても結果が出ないから:、負のスパイラルに陥ってルール違反の裏切り行為に走るのです。
 プライド 2022/09/02
 高嶋博士を一言で言えば
 科学は超天才だが、この世のことは超鈍才だ。
 敵を知らずして、自分を知らずだ。だから百戦戦って百敗だ。人類地球にとって極めて重要な科学が何時まで経っても日の目を見ないのだ。

  何時だったか博士に言った。
 博士はすべては結果判断だと言われます。私は博士に縁あり、二十数年なりますが、複合発酵技術はまったく世に認知されていません。何故ですかと意を決して問うた。
 
すると博士は、暗く絞り出すように、「世の中の人ぴとのレベルがそこまで行かない」のと、私の「業」だと言ったのだ。(ある意味びっくりした。博士が自分の核心部分の反省を確かに言葉にしたのだ。)

 私はそのときに、ああ博士の考えはその程度か、だから何時まで経っても複合発酵が広がらないのだ。情けない。
しかし、あのプライドの高い博士にどうして、それを伝えたら良いのだ。内心そのように感じたことを今また思いだす。 しかし、チャンス到来、今回博士が私を裏切ってくれた。ここで四半世紀の矛盾を正すことが出来る。そう思ったのである。

 私の精神的支柱であり、叡智の玉手箱アナスタシアは、プライドは死に値する大罪と言う。まさに高嶋博士にピタリの言葉である。プライドとは自尊心、誇り、驕り、傲慢、傍若無人、自分の欲得のためにはルール無視(昔はホームページを始めたとき博士は言った。柳田さんのホームページはメッセージ性が高い大事にしなさいよ!(^^)!)
 
 
ここから先は、最も重要なメッセージです。


すべては結果判断です。

人類救済技術の複合発酵は博士のやり方、国家企業対象のトップダウン方式では世の中に広がりません。

私の一般家庭農業対象の、ボトムアップ方式なら確実に広がります。
それを、事あるごとに博士に伝えてきました。

それが結果として証明された途端に、ライセンス契約した私を無視して高嶋開発の博士自身からやり始めたのです。

この辺で非難はやめて、私の考え具体的な展開の方法を述べて見たいと思います。
 博士は王道、私は正道 2022/09/01
 人類救済科学の博士は王道と行かねばならない。その場しのぎの姑息な方法では、しかも約定を守らず金に走るようでは外道から地獄路だ。
 
富田チクリンパ城戸口は、あうんのまがい物を:天ぷらカーで全国行脚、素人のイタズラ装置を光の御魂達とおだて上げ、チクリンパなる楽器で演奏会までして、さらに、さらにチクリンパ先生になっての講演だ。思い付くことすべてやる騙しの天才だ。(チクリンパの本来の仕事は大工だそうだ。その仕事の時の真剣な顔はとても良い顔であるが、一方微生物技術の話をしているときの顔は詐欺師の顔になっている。)向こう五年間注文に追いつかない。そこで富田寛信が博士に話しを持ちかけた。博士この方法なら確実に儲かる。合成槽をたくさん造りましょうとなったわけだ。チクリンパセンセーを旨く活用して、柳田には分からないように水面下でやりましょうとなったわけだ。

 
私が大同団結と言って来た意味がまったく分かっていない。人類救済科学は王道を行き、柳田ファームホームページのトップにある大調和科学と大和の国、日の基の日本から世界へ展開と御旗をかざして行くんだ。信義に反する行為して、秘密裏にやろうとしてもこのような反撃に会うだけだ。また、一番大切な人類救済科学ということを忘れ、目先の金を追ってはならない。正々堂々と開発者高嶋博士の名前と複合発酵技術を表に出して展開しなければ世間に認められない。

 私は人生掛けて四半世紀やってきたが、博士が私を裏切ったとしても私から博士を裏切ることは無い。博士と話し合ったうえで私の考えを伝え、気持ちよく別れの挨拶をして、自分のやり方で環境浄化微生物技術として展開してゆく所存である。何処までも正道を行く。
 無手勝流 2022/08/31
 チクリンパ城戸口は、博士からの報告書に「私のやっていることは悪戯の領域だということは、高嶋先生の説明をしてもらってよくわかりました。」と言ってます。
ということは設置したお客さんに対して偽物でしたと告白している。

 だから、あうんの会のホームページに「チクリンパ城戸口・被害者各位」として偽物を買わされた人達に返金を求めて下さいと広報した。

 これで富田、チクリンパグループの息の根を止めると同時に、仲間割れのきっかけとなるだろう。最初にチクリンパ城戸口があうんまがいのもので違法商売しているとの情報が入り、手を打った途端チクリンパ城戸口が慌てふためき、知らなかった穏やかにやりましょうとメールを送って来たことが命取りになった。

 
悪いことは出来ないものだ。自分から行き詰まる虎穴を掘リ、窮地を招いている。これをさして無手勝流と言えるのかも知れない。

 
これらはすべて閃いて来ることをそのまま実践しているだけだ。多分天が私に力をかしているような気がしている。

 博士の出鱈目と卑怯に終止符を打ち、博士に付いている闇を浄めされと私に降りて来ている気がしている。
近頃認知症か頭が回らずに、ホームページ更新もままならなかったが、今回のことで一気に頭が活性化して、いくらでも文章が書けるようになった。なんか体力知力とも復活したようだ。
ズブズブの伏魔殿 2022/08/29

チクリンパ警告書は初めから猿芝居だった。
博士、富田、渡邊は嘘と騙しの伏魔殿の主だった。
またまた世間の信頼を失った。
こんな連中に人類救済などできるわけが無い。

以下が猿芝居の報告書だ。
今までは部分的ですべては公開しなかったが、博士のだましが明らかになったのでお知らせする。


 
柳田 さんへ 

 城戸口との会話の報告をいたします。
 これは柳田さんの胸の内にとどめて、ホームページ等の
 インターネット情報には載せないでくださいとの博士の
 指示ですので、よろしくお願いします。 

 高島開発工学  渡邉澄雄


    柳田繁吉 さんへ 

 本日、城戸口 徹 君が来社しましたので、報告します。

 嶋博士が直接活動状況や販売状況を聞きただし、私も同席しました。

 一、活動状況

 当初きっかけは、川端氏の九州天草での養豚場の悪臭消失についての実施・講演時に知り合い、川端氏から本事業の指導を受け、@酵素水の使用方法、A汚水への投入方法、B沈降後の上澄水の分離等を教わりましたが、学問的には門外漢の話であり、今日まで一切わからないままでした。川端氏より教えてもらったことを参考にして試行錯誤してお客さんと一緒に話をしながら創意工夫して設置者のところを巡回しながら現地で学ぶようなことをしております。

二、販売状況

1,あ・うんという処理装置については、インターネット等で知っておりました。似た装置を使用したことはありませんでした。川端氏の指導により私が真似をしたのは1tタンクを使用したこと、自分で合成槽と称して不織布をぶら下げたりしたことです。嶋博士がおやりになっている「バイオ触媒加工」については、言葉も初めて聞きましたし、内容については全く知りません。私がやっているのは、全く違うものであることが本日博士のお話を聞いてよくわかりました。

2、私の工夫した装置を販売した先はこれまで全部で、35ヶ所程度で、そのうち25か所は35万円で、その後の10か所には70万円で販売しました。
  私は設置するときに1週間から2週間くらい客先に滞在し、現在ある浄化槽を改良したり、過去に堆積した汚泥を掃除したりしながら悪臭が減るまでお客さんと一緒にいろいろ工夫をして設置施工します。交通費は自分持ちですので、経費も出ずに今日までの事業では利益は出ていません。

3、また、メンテナンスは例えば東北地方に出かけるときに、その通り道にあたる客先に寄って、処理水の状況を客先と確認するなど創意工夫しながら必ずアフターメンテを行っておりますので、メンテナンス費用は請求せず、信用第一と思って行っています。したがって今まで楽しみながらやってきて、儲けはほとんどありませんが有意義な事業と思ってやってきました。

三、博士からの詰問

1、このような状況であることを聞き取った後、博士は「君のやっていることは私の発見・発明・開発にかかる複合微生物動態系解析による複合発酵の100分の1どころか、素人の悪戯に過ぎない」と言われ、「私の複合発酵はSDGsの解決技術として国連や外国政府、日本の大企業や国際的アカデミーに認められているので、君のやっていることは明らかに邪魔でしかない。」と看破されました。

2、そのうえで博士は、「君は富田と面識はないのか」と聞き、城戸口は「富田さんという人は話には聞いていましたが、知りませんし、会ったこともありません」と答えました。

3、そこで博士は、「柳田さんは、川端や富田が君とつるんで大儲けをしていると思っており、大変に怒っているが」と尋ねると、「前に話したように売り上げも大したことなく、経費も自腹で負担していましたので利益は全くありません」と城戸口が答えました。「川端さんからは酵素水を分けてもらったりしていますが、富田さんは、会ったこともありません」とのことです。博士は、「今後は川端氏と縁を切るように」と言われました。
  さらに博士が春野町の天野君とは会ったことがあるかと聞いたところ、城戸口君は、「天野さんとはフェイスブックで連絡をしてきたので、やり取りをしただけです」と答えました。

4、博士は、城戸口に「君は今やっている悪戯のようなことを続けたいのか、それとも私の複合発酵科学技術を勉強したいと思うのか」と聞いたところ、「私のやっていることは悪戯の領域だということは、嶋先生の科学技術の説明をしてもらってよくわかりました。ご指導いただければ、こんなうれしいことはありません。」と答えました。

5、博士は「それでは、今日の経過を渡邉が柳田さんに報告して、柳田さんの了解が得られたなら、複合発酵科学技術を教え、客先の課題をどのように解決するかを指導してやろう」と言われました。さらに、「今後、今やっていることは全てホームページ等のインターネットから消しなさい。また、今後川端や富田と関わることは禁止します。これが護れない場合は、直ちに複合発酵科学技術から追放しますよ、それで良いですね。」と念を押されました。 

 今日の経過の報告は以上です。博士は、以上の事実を柳田さんが確認し、納得されたら城戸口を複合発酵科学技術の生徒の一人として受け入れ、複合発酵技術の事業発展のために利用するといわれました。

  以上の内容を熟読されて、確認できたら私にご連絡をください。
 よろしくお願いします。
 
 追伸:城戸口君は、6月以降奥さんとの間の4人目の子供の誕生に家族ぐるみで取り組むそうで、今年いっぱい家族中心の生活をして、仕事はしないそうです。したがってこの期間、沼津まで出かけることは困難だそうです。
 また、「チクリンパ 徹」というのは、彼が工夫した楽器の名前を取ったもので、自分で楽しんで仕事をしたいための命名だそうです。ふざけているわけではないそうです。

 以上の内容は、博士が確認し、私も城戸口の人となりから嘘を言ってはいないと思いま
す。また大儲けをしているとも思えませんし、川端はわかりませんが、富田は金を受け取ってはいないようです。以上が博士と城戸口の会話の内容です。博士は何よりも川端が門外漢の無智のくせに知ったかぶりをすることが許せないと言っていました。こういう輩は自滅するだけだと強く言っておられます。

嶋開発工学 渡邉澄雄
 
 決着 2022/08/28
 博士のやり方に、忍耐に忍耐を重ねてきたが、やっと決着をつける時が来た。

 博士の話しを聞いているときに、矛盾を感じ反論したくなって、遠慮しながら遠回しに、少しだけ意見を言って来た。すると博士は小さな声で“頭に来る”とつぶやく。俺は聞こえない振りをしてきた。他の者だったら怒り大声を出して一括しただろうが、何故か俺に対しては感情を押さえている博士であって不思議な関係性だった。

 その俺が今度は博士に対して、頭にきて敢然と怒り、真っ正面から四半世紀の決着を付ける決意をした。
 俺は76歳の天涯孤独な老人だが、汚く卑怯なやり方はしない。犬の遠吠えと思ったら大間違いだ。玉砕覚悟でぶつかる。高嶋開発伏魔殿へ出向くと、面会を求め返答を待っているところだ。

 
頭に来るとは怒りの感情だ。怒りは背中を押してくれる。博士に命を懸けて伝えなければならないことを伝える体勢が整った。ただ言うだけでは無い。四半世紀博士の信義に反する行為の決着をつける時が来たのだ。

 誤魔化して逃げることは許さない。
 金(かね) 2022/08/27

  嘘は泥棒の始まりと言うが、嘘と来れば、次は金(かね)だろう。
 
  博士は言う。
 
  金は後からついて来る!

  金は後からついて来ると常々言っているが、まったくついて来ない。むしろ博士の行くところ金が逃げて行く。

  高嶋酒造、高嶋家と言えば沼津一帯の大地主であり、母方は武田信玄に縁ある名家であり、冠婚葬祭には地域行政の市長から国会議員まで多数名士が参列する。

  その名家の資産も博士が食い潰し、あるときは酒の原料のお米の仕入れに困窮しているとも聞いた。

  私から半導体シート販売を取り上げたのも、詐欺会社ユニックスの後釜に入った(株)大地の脅しから、お金の力で押さえこまれ、言いなりになっているからだ。

  とにかく、嘘と金に振り回されている高嶋科学だ。
  

<金は後からついてくるの逆バージョンン=実際はチクリンパ城戸口は、あうんユニットの偽物を120万円で販売とのこと、さらに高嶋開発ではプラス30万円で150万円で売り出したそうです。博士は常々、金は追ってはいけない金は後からついてくる?と言われていますが、私、柳田に言わせて頂ければ、金を追いかけてプラス30万円、そこで私の情報公開により、世間の信用を無くし、結局は金は逃げて行きます。こんなことばかりやぅているから、博士の行くところ常に金は逃げてゆくのです。これは分かりやすい直近の実例です。人類救済技術の私のアイデア「家庭からの複合発酵」を本当に理解できたなら、逆に安くしなければならないのです。残念ながら、その真理を理解できないのです。もう一つ、キツネとタヌキの足し算商売なのです。何故120万円が150万円かと言えば、富田チクリンパを博士の傘下に置き、お前たち150万円で売り、30万円は俺に寄こせ。実に安直、その程度の考えしか無いのです。私なら抜本的な価格設定をする。どう見ても100万円内でやる。>
 嘘 2022/08/27
 ブログ「百姓雑感日々如是我聞」を書き綴って十数年、基本の柱を変えて、ただの「雑感」に切り替えたら楽になった。自由になった。
それと博士に切り捨てられてもイイヤ、成るように成れば良い、カッテニシヤガレ!意地悪婆ーさんでわなく意地悪爺ーさん切り替えした。

 博士が嘘をつくから、特に従業員の渡邊秘書、元従業員で裏で繋がっている富田寛信は平気で嘘をつく。
博士は直ぐに判る嘘をつく、表情にも正直に表れ直ぐに分かる。そんな時、嘘を真顔をして聞いているのに苦労する。同じ嘘なら解らないようについてほしいものだ。

  渡邊秘書はある意味、博士の感情を打っ付けるボクシングのサンドバッグのようなもので、博士にとって限りなく有り難い存在である。ある意味、私は彼を尊敬している。何を言われようが感情を出さずに平然としていて、博士に尽くすことを天命としているようなのである。

  それに対して富田寛信はゴキブリかモグラたたきのモグラのように叩いても叩いても、ここに出たかと思うと、またあそこと私を翻弄し続けるのである。具体例に言えばえげつない嘘をつくのだ。

  俺は癌に掛かっている。

  俺はボランティアで博士の図面書きを手伝っている。

  俺は子供の頃、~童と言われたもんだ。

 いくらでも出てくる。 みんな嘘だった。

  ここで明確に言うと高嶋科学は200パーセント本物で、間違い無く人類救済科学だ。だから闇が憑依して伏魔殿となっているのだ。他人事で無く、貴方と貴女の子孫の命運が掛かっていることをお伝えしておく。
 事実は小説より奇なり 2022/08/26
 「事実は小説よりも奇なり』とはよくも言ったものだ。人類救済科学であり、史上最強の科学である複合発酵技術の光の本丸は、闇の意識エネルギーに乗っ取られた伏魔殿と化してしまった。

 ノンフィクション小説が何冊でも書けそうだ。この辺で「大地の脅し」と言う健康ビジネスの会社のことを書いてみる。

 この会社は複合発酵技術の生体分野のビジネスを独占している会社である。もともとはユニックスと言う朝鮮人参など、システム販売いわゆるマルチ販売の会社がやっていた。今はその一の子分の女性が会社を立ち上げたのが今の大地の脅しである。今回の伏魔殿の冒頭で紹介した、複合発酵一千万買い物事件の金を支払った相手が株式会社ユニックスである。
 そのユニックスも博士と袂を分かって、今は消息知れずと言うところだ。やはり、大地の脅しはユニックスの精神をしっかり受け継いでいる。

 柳田ファームの健康ビジネスに何度も圧力をかけられて、今では売り上げゼロに近い。その圧力も例の渡邊を通してだった。大地の脅しの傘下に入れとか、今では酵素飲料システインDLや健康マット半導体シートなど取り上げられてしまって、大地の響き独占である。
 この大地の脅しはなんと博士の実家、高嶋酒造にさえ、私の要求を呑まなければ取引やめると圧力をかけて来たそうである。その背景は金が絡んでいる事は言うまでのことはあるまい。

  オレは一矢を報いるために機会を待っていた。(オレは人間ができていない。この程度である。)ここ数年富田の裏切り渡邊の出鱈目に何の気力なくなっていたときに、アイデアが閃いた。
 大地独占の楽天市場に切り込んでやることを、「柳田ファーム循環時代到来」という店名のお店を開いた。ところが瓢箪から駒のような都会からの複合発酵と題して、現代のバベルと塔ビル群に複合発酵技術取り入れるアイデアが浮かんだのである。

 それは、あうん単独槽の真骨頂である。
SDGsの今日の将に最強のアイデアである。今まで縁ある大方の人達はなにも考え出すこと無く、人のアイデアを盗み取ることしか考えてない。それは富田川端チクリンパ城戸口に代表される。
ところがこの楽天市場も問題有りで、いわゆる金もうけ主義の搾取的大企業だった。年間出店費用が70万円、売り上げの10パーセント差っ引き、そんな事情から、あうん単独槽価格を二倍近い価格にして半年経過したが売り上げゼロ、この辺で撤退することにした。(^ー^)
確かなこと 2022/08/26

確かなこと、博士は卑怯で嘘つきででたらめだ。しかし、複合発酵は本物だ。

廃棄物処理法で逮捕されたときに、自分は関係ないと逃げ回っていた。そして俺に対しての釈明は、下水に流したものは菌床でかえって下水を浄化したのだと言った。

健康ビジネスは博士から進められては始めたものだが、大地の響きの圧力で大地の傘下になれと言い。次はシステインDL、半導体シートを注文しても、酒造では博士に止められているからといい卸してくれない。博士自身からの何の説明もない。

EMBCモルトもラベルを代えて多数の人に売らせて来た。価格を競争させて多くを販売するためだ。大地の響きに文句を言われないためだ。

だから、ライセンス契約など博士の心変わりで、どのようにでもなる。あって無いものに等しい。欲得だけで行動されてきた。博士に翻弄されつづけた四半世紀だった。 

<先日高嶋酒造の健康ビジネスの社長(博士の息子さん)に、この先EMBCモルトも取り上げになるなら、はっきりと言ってくださいと電話したら、博士に言っときますだった。>
 足を地に着けて考える 2022/08/26
すべてが空しい。
以前に去って行った人が、一言、「これが現実です」と言った。それは確かな言葉である。
その人は、俺を大蛇だと言う文章を送って来た。その文章を博士に見せると博士は言った。柳田さんのことが好きなんだと、どの部分がそう言えるのかと言うと、柳田ファームの農場施設が素晴らしいと言っている部分らしい。また、華うどんも同様なことを言ったそうだ。
つまり、物質界での真実は、形に現して初めて評価されるのだろう。

 
先だって、カナダ人が見学に来て、私が何をやられているのですかと言うと、私は哲学をやっていますと言う。スビチュアルかと思い、見えない世界の話しを始めたところ、手で阻止するゼスチャーをして、それは死んで見なければ分からないことで止めましょうと言い、確かなものはここですと地面を指さした。
 幼い物心ついた頃から土いじりが好きで、親に頼んで菜園をやっていたと言う。この土の中にすべての答えがありますと言った。
 
俺は本物の哲学者に出会ったと感じた。今回の博士登場しての醜い争いだが、俺も含めてその中には真実などひとかけらも無い。確かなものは我々を生かし支えてくれる大地だけが本物だ。

 確かなものがもう一つ、俺も博士ももうすぐに死ぬという事実だ。

確かなもの、生きているものは大地に生かされ、そして、必ず死ぬと言うことだ。

<雑感を書いてはまた消し、また書き綴ってみるが、四半世紀博士に人生すべてをかけて来たこれまでの時間は何だったんだ。博士自身の狡さと卑怯なやりかたは、裏切り行為というより、端から俺を人間としてあつかって無く、単なる利用だけされた感じがする。 事実であっても、個人的性癖をあげつらうことは醜いことではあるが、高嶋博士の場合は、博士を尊敬し、慕って集まる人に、多大の損害迷惑をかけていながら、一切の詫びも反省も無い。すべて人の性にすることに徹している。 そんな人は山ほどいるが人類救済技術の開発者だから無視は出来ないのである。
多分混乱したとりとめの無い文章になるだろうが、今後残された人生どうすれば良いかの答え探しになれば良い。


 高嶋科学 2022/08/25
 博士に縁あり四半世紀、素晴らしい科学と大宇宙物理から白隠禅師の教えまで感動の連続だった。一方世の中のルール決まり事、常識無視の狂の世界だった。そこに集まる人達の中には素晴らしい人材もいたが皆離れていった。

 私はその中でも、誰より早く博士に縁あり、今日まで人生すべてをかけて来た。だから、今回の博士の裏切り行為は私の人生の残り時間を考えた時、25年の出鱈目に終止符を打ち、新たな道を模索するためかも知れない。

 
もちろん、高嶋科学を世界へ展開するためには開発者の博士は不可欠だ、だから博士を支え、博士を中心にしなければ大きな展開は望めない。しかし、もう限界かも知れない。

 
 光の科学には闇がまとわりついて来る。

 間違い無く高嶋科学は神のテクノロジーだ。だから闇が憑依して来る。それは引き付けるものが博士にあるからだ。それを浄化しなければこれから先も望めない。全ては真実のみ、真実こそ闇に対する最高の対抗手段だ。
 考えられない 2022/08/24
 高嶋開発伏魔殿と意を決して取り上げた時から、この時が来ることは覚悟していた。 私は自分の感情は大切にする。特に怒りの感情は、その出所を探ることで成長の為の何かが見えてくる。

 世の中を変えようとする者は、常に綱渡りで危険と隣り合わせだ。伏魔殿と言ったのは業と言う岩盤のような岩に、一撃を加え怒らせ感情を呼び覚まし、考えさせるためだ。どうでもよい相手にそのようなことはしない。相手が大切だからこそ、身を捨てて行使するわけである。


 先日高嶋開発であうんトイレを売り出したとの情報が入った。あうんトイレは私、柳田ファームと高嶋開発のライセンス契約でスタートした。
チクリンバ警告書から問題発覚したが、始めからご本尊の高嶋康豪博士が背後にいることは感じていた。
 その高嶋博士の会社そのものがあうんトイレを売り出したとの情報に、やはりか25年ルール無しの出鱈目をやられて来た私だが、博士の人類救済科学との位置付けに、分かって分からない振りをして来た。

 私の伏魔殿と言う言葉に、チャンス到来とばかり、それを取り上げ博士に ご注進申し上げた連中が目に浮かぶ。いわゆる富田チクリンパグループ、霜里の天野圭介(天野は元あうんの会の事務局員だったが、チクリンパと言う違反者がいることを知り、対策をとりましょうと言ってきたが、今はチクリンパとお友達になっている。節操が無い。近じか天野、新井うどん屋、婿が博士訪問するらしい)

 そして、普段は渡邊秘書に連絡して博士に直電話することは無いが、今回は直接博士の携帯に電話した。しかし、何度電話しても出ないのである。
(以前なら必ず後から連絡の電話があるのだが、今回は無い)。
留守メッセージに入れても来ない。そこでショートメールに以下を送った。

お忙し中何度も電話して申し訳ないです。高嶋開発からあうんトイレを150万円で売り出したとの情報で、真意をおたずねしたかったのです。柳田繁吉

それでも連絡無し
そこでまた以下 携帯へのショートメールを高嶋博士へ送った。

電話お待ちしていたのですが、やはりと言いますか残念です。
富田チクリンバの件は、先生が内諾を与えて、つじつま合わせであることは始めから分かっていました。
合成槽量産はそのためです。

大きな仕事を推進するには武田信玄の人は城なりです。その中における人間対人間の関係は信頼と誠実しかありません。まして、複合発酵は嘘誤魔化しの通らない天の科学です。

先生にとって、私が都合悪くなったなら、どうぞ切り捨て下さい。
ただし、向き合って先生の口から引導を渡して下さい。
25年四半世紀すべてをかけて来た私に対して、なし崩しに誤魔化して遠ざかることはお止め下さい。
人間としての義務だと思います。

お会い出来る日時をお知らせ下さい。

<合成槽量産とは、私が合成槽を注文しても四か月から待たされた。渡邊の言うことには香川県でエビ養殖に量産しなければならないので、沼津の高嶋開発の近くの工場で量産体制に入ります。今後は待たせませんとのことだった。それは富田チクリンパグループが違法に商売し、向こう半年から注文が追い付かないことから、光合成槽の量産体制に入ったことをつじつま合わせしたものだった。>

 とうとう来るところまで来た 2022/08/22
 とうとう来るところまで来た。最後の伏魔殿の本丸攻めになってしまった。出来ることなら避けたかった!あの元弁護士の博士秘書渡邊のせいだ!

 今回のチクリンバ警告書に端を発した高嶋開発伏魔殿を出さざるを得なかったのは、私が何度も問いかけしても無視をし続ける・・・ならばと!電話して、“おマエ何ヤッテンダ!”と一括しても、のらりくらり。

 昨日言ったことを、今日は別なことを言い出す始末だ。普段から嘘をつくのが日常茶飯事だから、どの嘘をどの嘘につなげて良いか訳が分からない状態なのだろう。
人類救済科学の拠点今は伏魔殿となったお城の門番がまったく機能しない。博士の足を引っ張るお役目に徹しているのである。

 ある意味凄い奴だと考えるようにもなった。嘘に徹して動じることが無く、それは達観の域に達していると思える程なのである。

 彼が正常ならばこうはならなかった、博士が選んで秘書にした男だ。これも必然のこといたし方ないのである。

<以前あの富田が言ったものだ。あいつ(渡邊)は自分に都合悪いものは博士に言わない。握りつぶすと・・・もしかして博士に伝えてくれと送ったメールはみな握りつぶされたのではないだろうか>

 大同団結のこころ 
2022/07/29

 チクリンパ城戸口徹が高嶋博士の警告書により、初めて博士秘書渡邊氏と会ったときに、「これからも複合発酵に係わってゆきたい」と言ったと聞いたので以下のショートメールを送った。 又富田にも数日後に以下のメールを送った。

  5月12日
 あうんの会の柳田です。
今日、博士とお会いして城戸口さんのことをお聞きしました。今後も複合発酵に係わっていきたいとのこと、共に良い方向へ行けるなら善処したいと思っています。

 5月16日
富田さん
一度会って、話をして見ないですか。貴方は私だけで無く、今また博士を裏切リ、取り返しの出来ないことになろうとしています。博士に出会って、お互い夢をもってやって来ましたが、博士は大きな荷物を抱え苦しんでいます。今こそ博士を支えなければなりません。 70を過ぎてまで人生に大きな汚点をのこして良いのでしょうか。 

  だが双方とも無視だった。その後チクリンパ城戸口徹は、柳田さんは凄く評判が悪いと言ってきた。ペテン師仲間に評判悪くて良かったです。そこで思ったことは腐ったジャガイモはどこまで行っても腐敗菌を持っている。他へ伝播するから縁を切るのがベストだと。
 大同団結は口だけでなく、適切な時期に手を打ってきているのである。

<富田、川端、城戸口徹、博士より私の意向に沿ってやってゆくと言って頂いた。これ以上やるなら告訴も辞さない>
 警告 2022/07/27
 博士より、柳田さんの意向に沿ってやりますと、言っていただいたからには、結果を出さなければならない。  それしても富田、川端、チクリンパ城戸口は汚い。

 高嶋開発伏魔殿は、雑感の頭に置かずに日々の雑感に埋もれさせて行くが、彼等が活動を始めたら、再度復活させる。

それでもやめなければ法的処置を取る。以前富田が博士は警告だけで、実際やった試しが無いと笑っていたが、私は本気だ。

その時は彼らの経理から”結の会"と称する会員の内容から、すべて白日の下にさらすことになる。あうんの会の元事務局長、富田の背任行為も追求しなければならない。

物質世界のでたらめな人間達の統制とるには、決まり事を遵守させなければ社会が成り立たない。坦々と遂行するのみである。

<独り身の私には守るものは何も無い。財産投げ打ってもとことんやる。彼らに捨て身の人間の怖さを思い知らせることになる>  

 伏魔殿の意味は、高嶋科学は光の科学ゆえに、常に闇の意識エネルギーに憑依されています。アナスタシアをお読みになれば分かっていただけると思います。
以下の高嶋博士のホームページをご覧ください。

 
高嶋開発工学総合研究所
 

 特に「高嶋康豪博士への誹謗中傷に対する警告・報告」をご覧ください。あらためて私が具体的に申し上げるのは控えさせて頂きます。正常な者なら気づくと思います。
 富田、渡邊の二人は完全に闇に憑依されています。
 この現象は博士にお会いした25年前に私は気が付いていました。そのことを博士に伝えるために手紙をお渡ししました。内容は“先生の科学は光の科学です。光には闇が付きまとってきます。どうか身辺に充分お気をつけ下さい
というような内容でした。一例を申し上げれば、今の「株・大地に響き」を傘下にしていたユニックスというマルチ販売の男の例とか、いくらでも実例を上げることが出来ます。それらに対しての警鐘を鳴らしたわけです。


 先だって博士を訪問したときに、なぜこのように素晴らしい地球環境に極めて重要な科学が広がらないのでしょうかと申し上げたら「人類の意識がそこまで行かないのと、私の業だと、そう言ったのです」。また、数年前に奥様を亡くされました。「あの時ほど苦しかったことは無かった、死のうかとも思った」と言われたのです。奥様は造り酒屋の裏方として酒造の土台を支え、かつ夫である博士の科学が世に広がることを願って、酒造の前の観音様に日々手を合わせていたそうです。現在、博士の体調は悪く、そうした中でも天命を果たそうと頑張っている姿は、見ていてこちらがつらくなります。  

 私は年に何度となく博士を訪問して元気づけるようにしてきましたが、今回のチクリンパこと城戸口徹、彼の背後にいる川端、富田の背任行為はチャンスと捉えこのような暴挙?に出たわけです。

人類救済科学を広めるには、私が提唱している家庭からの複合発酵こそ唯一の方法で又地球環境問題解決の決め手になるとの確信のもとに、博士に会うたびに申し上げてきましたがご理解頂けないようでした。闇が深ければ夜明けは近いと言います。博士も私も体調よくない中、最後のチャンスと思っています。今回私が提唱した単独槽のアイデア特に都会からの複合発酵は大きな力を世界へ示すことになると思っています。これからあうんの会のホームページに掲載してゆきます。
 

  チクリンパ徹警告書に端を発した高嶋開発伏魔殿、詳細はこの百姓雑感日々如是我聞3月29日から順次ご覧ください。

 柳田さんの意向に沿う 2022/07/26
 高嶋開発伏魔殿と発信して、何か言って来るのを待っていた。何も言って来ないから、直接博士に電話した。
 携帯のベルが鳴り一瞬空気が止まった。一瞬の時間だが、大宇宙の我々の命の変遷に目を通した永遠の時間のような感じだった。命のスパーコンピュータが永遠を一瞬のうちに答えを出したようだった。博士は言った。柳田さんの意向に沿ってやりますと、一切の問題が雲散霧消し解決した瞬間だった。

 高嶋博士と私の関係は、他人にはわからないだろう。死生観から有限な命の虚無感を味わい尽くし、偉大な目的を背負いながら、業に振り回された者どうしの、苦しさ哀しさからの脱却を求める捨て身の関係とでも言ったら近いだろうか。

 私は事に当たるに際して、常に最悪を考えていると同時に、そうなったとしても相手に伝えるべきメッセージは伝える。まして、博士とは、今生での人生をかけた縁だ。精神と時間と金と真心を尽くして来た、中途半端な終わり方はしない。だから、なし崩しに遠ざかることは無い。最後は博士から直接引導を渡していただければ本望というものだ。

 直接会って怒り狂って爆発するのでなく、静かに冷静にお互いの目の奥を見て魂の話し会いをしなければならないと思っていた。結果はどうであれ、私にはそれだけの権利がある。博士に縁ある欲得だけの連中とは訳が違う。

 人間とは不思議なもので 、強い意識エネルギーは時空を超えて相手に伝わるものだ。言葉を交わし会う以上に、深いところに届くようである。

 私は何故か分からないが博士が好きだ。理屈はいらない単純なことだ。この単純なことの中にすべての答えがある。本当に好きだとは利害打算の入る余地ない、捨て身の玉砕の愛の行為である。この行為にかなう相手はいない無限の天に通じる愛だからだ。
 猛暑のつれづれ 2022/07/22

 暑さのつれづれに以下のようなことを考えて見た。
 高嶋開発を伏魔殿と切って捨てた。政治の世界ならいざ知らず、生命科学と言う一切の誤魔化しの無い法則そのものを扱う者が、嘘やでたらめをやっていては旨く行くわけが無い。大宇宙の真理をいくら語っても、言行不一致では世間は受け入れない。
 法律、決まり事、掟、一方では目的のためには手段を選ばずとも言う。また、すべては結果判断と言う。このことを交通整理して見る。

 その前に、もっと根本的なこと、生命とは何だろうか、人生における目的とは何だろうか。
 生命とは調和であり、愛であり、光と言って良いだろう。人間の肉体としての健康を維持しようとする宇宙的ミクロな仕組み。同時に、人間の虚ろになりがちな心を見つめた時、愛されたい愛したい、光に近づきたい暖められたいと希求している自分がいる。この事実から外れた目的では、生命世界の個の命として存在しえない。この生命の根本から外れては、本末転倒で話しにならないことである。

 また、欲得の人間に宇宙の真理と言っても、どだい無理な話。そんな時には結果判断と言えば文句の言いようが無い。身体を不摂生すれば病気となって帰って来る。欲得で行動すれば、必ず負の結果が出て苦い思いをする。良薬口に苦しと言う。それを反省に変えれば次の道が開けて来る。
 人間の心とは本来、自由自在な存在であるから、金を求めて見せかけの自由を得ようとする。金があれば何でも手に入ると勘違いするのである。人生思うように行かない、生きる苦しみ、老、病、死から逃れることは金があっても出来ない。むしろ、金に走り金に溺れ、大きな代償を払うことになる。
 個としての自分を大宇宙の法則にあわせて、人間は自然の一部になることを目指さなかったら、何のための人生なんだと言うことになる。  
博士との面会 2022/07/06

高嶋博士への面会を求めているが未だ返事が無い。
秘書の渡邊氏に先月、月が替わって7月に入ったら早々に博士とお話ししたいので、時間をとってくださいと連絡したがいまだに連絡なし。

何故かオレの孤独な心に共鳴するのか浪曲子守唄 

   〜♪逃げた女房にゃ 未練はないが
  お乳ほしがる この子が可愛い♪
  〜子守唄など にがてなおれだが
  馬鹿な男の 浪花節
   一ツ聞かそか ねんころり〜♪

   豚の世話をしながら歌う、自分への子守歌
ライセンス契約終了 2022/06/18

渡邊さん博士の科学は素晴らしいものです。
この科学が広がらないのは富田、渡邊貴方たちが一番の原因です。

博士は天からの科学を地に下す使命だ。
その使命は果された。
後は我々の役目だ。

前回博士訪問の時に、私からの問題提起、何故広がらないかに対して、私の業だと言われた。
博士の苦しさ、哀しさを一番傍で見ていたのは貴方方二人だ。
博士の足を引っ張っているのは貴方たち二人だ。

このメールの添付書を博士に渡してください。

以下メール添付書

 ライセンス契約終了 

 今回のあうんトイレ警告書問題に対する高嶋博士の処置として以下。

 1チクリンパ城戸口徹の話をそのまま受け入れて、ネット発信をやめるようにと言い渡した、にもかかわらず辞める気はない。それに対する処分無し。

 2富田は何の根拠あってのことなのか儲けていないで不問。

 3川端は自滅するのを待つ。

  これらに対して、私は博士と言い争う気持ちはありません。博士が他の人にあうんトイレをやらせたいなら、私から身を引くことにしました。

 私・柳田繁吉とのあうんトイレのライセンス契約は終了して下さい。 
 この考えを本日、高嶋康豪博士にお伝えします。

 私の家庭からの複合発酵あうんトイレが複合発酵技術普及と人類救済の切り札になることを強くお伝えします。
 今後は関係者一人でも多くの人にやらせて上げて下さい。                

           令和4年6月17日

               (有)柳田ファーム 柳田繁吉


私の今の心境と言えば写真のように、すべてを飲み込み何事もなかったように静まりかえる海と、光輝く紺碧の青空だ。これも天の采配なのかも知れない。
  ライセンス契約 2022/06/16
 柳田繁吉 さんへ 
 令和4年6月2日
 嶋開発工学 渡邉澄雄


 本日、城戸口 徹 君が来社しましたので、報告します。
 嶋博士が直接活動状況や販売状況を聞きただし、私も同席しました。

  より抜粋

  三、博士からの詰問

 1、このような状況であることを聞き取った後、博士は「君のやっていることは私の発見・発明・開発にかかる複合微生物動態系解析による複合発酵の100分の1どころか、素人の悪戯に過ぎない」と言われ・・・・
 そして城戸口は「私のやっていることは悪戯の領域だということは、嶋先生の科学技術の説明をしてもらってよくわかりました。ご指導いただければ、こんなうれしいことはありません。」と答えました。

  上記の部分で矛盾を感じるのはチクリンパのやっていることは決して素人の悪戯ではない。糞尿の悪臭が無くなるなどということは他の微生物技術では200パーセント無い。設置希望者が次々集まるのは複合発酵だからだ。それは複合発酵菌床を手に入れているからである。また合成槽もバイオ加工した本来のものを使っているからである。
 以前のあうんの会の入会届に誓約書提出が義務付けられていた。それは契約に際しての博士の指示だった。違反行為した場合や、やめる場合は菌床を廃棄することとある。
 つまり、菌床がすべてと言ってよい。合成槽の不織布も手に入れているということである。その菌床の入手先について何の問いかけもしていない。むしろ問題をぼかして追い詰めないように気を使っているかのようでもある。

 以上の内容を熟読されて、確認できたら私にご連絡をください。
 よろしくお願いします。

 に対してチクリンパ城戸口は博士より申し渡された「今やっていることは全てホームページ等のインターネットから消しなさい」。これが護れない場合は、直ちに複合発酵科学技術から追放しますよ、それで良いですね。」に対していまだにインターネットから消してないのに加えて、さらに新たに活動を始めたわけでである。これは直ちに追放しなければならないのに放任している。これでは彼らのことは認めていることになる。
 そこで、川上という人のフェイスブックに、このような情報があることをお知らせする。
 この人については後日、“37万4000円物語”として紹介する。

川上 輝峰
3月27日
  ・
Yさん: 博士との付き合いは20年で、博士から正式に許可をもらっているのは自分だけ
Cさん: 博士と40年以上付き合っている人が博士の許可を得た上で販売している

Yさんとは私柳田で、Cさんとはチクリンパ城戸口である。博士との付き合いの年数がどうのこうのはどうでも良いが、実際は、私は25年四半世紀、富田が博士の所へ来たのは私の後で、入社した後、私に柳田さんのことは博士から聞いていますと挨拶してもらった。チクリンパの師匠川端はそのずっと後である。 それよりも、博士の許可を得た上で販売している とはどういう意味だろうか。城戸口に確認したらよいと思う。それが事実なら博士とのライセンス契約も成り立たなくなる。  
もしかして 2022/06/14
あいも変わらず渡邊氏からの連絡はない。
もしかして渡邊もチクリンパ一味の一人かも知れない。

百姓雑感2022/03/29
 博士と私そして契約法務担当渡邉先生より 
誰がチクリンパに資材を流しているかの博士への問いかけに、こともあろうに秘書の渡邊先生に 「渡邊!お前もグルではないだろうな」と言われたのです」
ここのことが鮮明に蘇ってくる。
伏魔殿の高嶋開発では博士を食い物にしようと事業員及び関係者がグルになって、博士の知らないところで金儲けに走っている、そのように考えれば全てつじつまが合う。
以下でその状況が浮かび上がってくる。

柳田繁吉 さんへ  令和4年6月2日
嶋開発工学 渡邉澄雄


 本日、城戸口 徹 君が来社しましたので、報告します。
 嶋博士が直接活動状況や販売状況を聞きただし、私も同席しました。

 
より抜粋

 (渡邊)も城戸口の人となりから嘘を言ってはいないと思います。また大儲けをしているとも思えませんし、川端はわかりませんが、富田は金を受け取ってはいないようです。.

 
次に販売状況についての城戸口の説明より

二、販売状況

,あ・うんという処理装置については、インターネット等で知っておりました。似た装置を使用したことはありませんでした。川端氏の指導により私が真似をしたのは1tタンクを使用したこと、自分で合成槽と称して不織布をぶら下げたりしたことです。嶋博士がおやりになっている「バイオ触媒加工」については、言葉も初めて聞きましたし、内容については全く知りません。私がやっているのは、全く違うものであることが本日博士のお話を聞いてよくわかりました。

2、私の工夫した装置を販売した先はこれまで全部で、35ヶ所程度で、そのうち25か所は35万
円で、その後の10か所には70万円で販売しました。
  私は設置するときに1週間から2週間くらい客先に滞在し、現在ある浄化槽を改良したり、過去に堆積した汚泥を掃除したりしながら悪臭が減るまでお客さんと一緒にいろいろ工夫をして設置施工します。交通費は自分持ちですので、経費も出ずに今日までの事業では利益は出ていません。

3、また、メンテナンスは例えば東北地方に出かけるときに、その通り道にあたる客先に寄って、処理水の状況を客先と確認するなど創意工夫しながら必ずアフターメンテを行っておりますので、メンテナンス費用は請求せず、信用第一と思って行っています。したがって今まで楽しみながらやってきて、儲けはほとんどありませんが有意義な事業と思ってやってきました。
まったく説明するまでもなく

 上記の報告書は全く根拠を示されていません。相手の言うことをそのまま鵜呑みにしているだけです。むしろチクリンパと裏で示し合せて文章をつくったようです。

渡邊は城戸口と2回会っただけなのに「人となりから嘘を言ってはいないと思います」にはあきれ果てて言葉が出ません。やはり富田とつるんでいたと考えるのが妥当。
あうんの会のホームページ及び富田よりあうんの手順書が伝わっているのは明らかに係わらず、”バイオ加工の不織布を知らないと、私がやっているのは、全く違うものであることが本日博士のお話を聞いてよくわかりました。”
 まったくあうんの会のやり方そっくりだ。
ここまでやるかという感じです。渡邊がチクリンパの嘘に積極的に加担していることを示しています。

 
仮にチクリンパの言うことをそのまま計算しても1年間で1575万円の売り上げだ。 25か所×35万=875万円 10か所×70万円=700万円
 合計1575万円だ。
ところが私にチクリンパの情報を教えた人によると合成槽含めて120万円と聞いている。
120万円なら35か所、売り上げ何と4200万円だ。
またチクリンパのフェイスブックでは、向こう5年間注文が来ていて、設置が追いつかないと書いてあり、私への電話で昨日も1日で8件の設置依頼が来ていると言っていた。35件も怪しいところだ。交通費は自分持ちですので、とあるが誰かとの共同事業だから自分持ちなどという言葉がポロンと出てくるわけだ。

チクリンパグループの経理内容、入出金明細通帳、設置者の名簿、聞き取り調査(この事は渡邊に伝えてある)をやらずして何が報告書かあきれるばかりである。

 チクリンパこと城戸口徹の事業内容を税務署に伝えようか。
 渡邊さん どうなっちゃっているの?2022/06/11

 
渡邊さんへ

 警告書を出してからに、3か月になろうとしています。警告書は高嶋開発よりのもので、柳田ファームからではありません。警告書では2週間以内にとなっています。時間が長引けば、世間では博士は何をしているのだろうかと博士の信用にかかわることです。秘書の立場の渡邊さんが迅速に手を打つべきことです。

 そして、今回の城戸口と博士の話し合いにより、博士より申し渡した「今やっていることは全てホームページ等のインターネットから消しなさい」。これが護れない場合は、直ちに複合発酵科学技術から追放しますよ、それで良いですね。」 に対して私より、いまだ公開しているチクリンパとおるのフェイスブックを3日以内の削除を申し出たのですが3日過ぎましたが削除されていません。

 博士が言われるように城戸口を追放してください。理由があるなら即返事を下さい。
電話一本で伝わり、即削除できるはずです。彼がこれを履行しなければすべては嘘となります。

        
 令和4年6月10日
         (有)柳田ファーム
              柳田繁吉 

 追伸 
 公開するなと言いますが、渡邊さんは私に対してあまりに不誠実であり、嘘や言うことが一転二転することが多すぎます。だから公開するしかないのです。私も目的に対して、内輪の情報を公開すれば信用の失墜になりますので、なるべくならば避けたいのですが仕方ありません。



 渡邊さん
 ごく当たり前の道理にかなった返事を求めています。
返事をされいなら、会社どうしとしての機能不全です。
返信メールをください。
 

                  
 令和4年6月11日
                    (有)柳田ファーム
           柳田繁吉 
 インターネット情報には載せないでください 2022/06/06
 今の世の中、プロパガンダやフェイクニュ―スなどと上から下まで嘘と騙しが当たり前になってしまった。こんな連中相手に謙遜や謙虚などと言っていては、いいように食い物にされるだけだ。
 特に我々が関わり合っている微生物の生命科学に騙しや嘘などあってはならないことだ。生命とは水そのものであり、人間の想念意識はそのまま水の結晶として表れる、汚い想念は汚い結晶に、美しい想念は美しい結晶になる。結晶はアンテナであり、そのアンテナに大宇宙の意識エネルギーが下りてくる。汚い意識なら闇の意識エネルギーが、純な真善美を希求する意識なら神の偉大にして美しいエネルギーが入ってくる。
 
 堕落した人類の意識が今日の絶体絶命人類滅亡の状況を創り出している。その絶滅の危機を抜け出す唯一の柱である。複合発酵技術の本山が混迷混乱の極みでは、絶望から奈落の底に墜ちるだけだ。高嶋博士秘書の渡邊より前回の雑感にあるように、「ホームページ等のインターネット情報には載せないでくださいとの博士の指示」とありますが、その前に電話で言うことには、ネット情報での公開は恥になるからとも言っていた。

 人類救済科学広げるのと高嶋開発の恥と、どちらを優先するかと言えば勿論人類救済だ。とは言え博士の気持ちにも配慮しなければならないから、そのままの掲載はやめる。しかし、報告書の問題部分に対しての私の考えは公開してゆく。ここで言う恥とは何だろうか

 恥じることとは、自分の欠点・失敗などを恥ずかしく思うこと。それによって名誉や面目が損なわれる行為・事柄。とある。この世での誤魔化しは一時通じても、天をごまかすことは出来ない。従って天の助けを得られないから目的が成就しないことになる。
 まして、天の究極の浄化作用を引き出す生命科学にあってならないことである。
 博士は言っている全ては結果判断と「人間何をして何をどう変えたか、その結果何が残ったか」すべては結果で判断することであると。
結果判断なら誤魔化しの入る隙間は無い。

 私は博士に出会って四半世紀だ。結果で言えば全く広がってなく世に認知されていない。恥をかいてどこが悪い!結果を出すためなら大いに恥をかけ。恥は天が人間に備えたお浄めであり浄化である。恥をかかなければ又同じことを繰り返す。嘘は泥棒の始まりという言葉を肝に銘じなければならない。

 私のブログ「百姓雑感日々如是我聞」の根本理念は “バカ丸出しの自由自在心”だ。馬鹿を隠さずそのまま出せば、心は自由自在になる。すると天から知恵が下りてくる。博士の高嶋酒造のお店には仙台四郎という商売の神様の額が飾ってある。馬鹿は神に近い!ありのままの馬鹿になれ!
  早や二か月 2022/06/05
  チクリンパとおる警告書問題はいまだに解決しない。二週間の期限を二カ月から過ぎてしまった。
 博士秘書渡邊澄雄からピントの合わないメールが届いた。チクリンパとおること城戸口徹が沼津の高嶋開発の会社に来て、そのときの話し合いの内容を添付ファイルにして送りますと。その送付状の短い文章の言葉の使い方からして、礼儀知らずで性格がねじ曲がっている。
 その文章が以下である。

 城戸口との会話の報告

 
柳田 さんへ
 城戸口との会話の報告をいたします。
 これは柳田さんの胸の内にとどめて、ホームページ等のインターネット情報には載せないでくださいとの博士の指示ですので、よろしくお願いします。
 高島開発工学  渡邉澄雄


 高嶋博士を軸にした、この渡邊と富田と私の関係は不思議な関係にある。
 博士に出会って四半世紀25年だ。博士が昔言った。柳田さんと渡邊と富田は私のことを心より思って心配してくれると。
  私は博士の部下の社員で無く子分でもない。外部の人間だから柳田さんなのである。博士、渡邊、富田はだいたい近い年齢で:私は彼等より五歳上である。博士に縁ある、私より年上の人はほとんど亡くなってしまった。次は私の番が近づいている。歳を重ねると世の中が良く見えて来て、オマケに恐いものが無くなる。“命捨て身の若松港”である。

 そして何時しか渡邊、富田の二人とは限りなく離れてしまった。連絡の窓口の渡邊には何度も嘘やデタラメに翻弄されてきた。その都度言うことが変わるのである。人間嘘をつき始めるとどの嘘がどの嘘と繋がっているか混乱してきてわからなくなり、何時しかバレてしまうのである。しばらくぶりに霜里のバレちゃあイヤダナオジサンを思い出した。この人たちを一言で言うなら薄汚れた屈折人間である。
チクリンパとおるとの会話報告の中に、博士の指示とある。
私は渡邊に電話した。
指示とは何だ!私は博士の子分でなければ博士の会社の社員じゃない。外部の人間であり、博士と対等なビジネス契約をしたビジネスパートナーだ。言葉の使い方に気をつけろと一括した。先だっても大企業の長大と言う橋桁などを架ける会社の見学者を、渡邊が私の農場に案内しに来たときに、単独槽は柳田さんが考えたのですかと質問されたときに、博士の指示ですと言ったと、私の関係者から聞いた。くだらない話であるが当人のいないところで人を落としめることを平気で言うようになってしまった。
その真相は高嶋博士の光の科学を落としめる為に、闇の意識エネルギーがあの二人に憑依して狂わせているのである。 実は私自身も長い間、その闇と闘って来たのであり、その闇に勝利したから、ほとんどの役立たずの仲間を切り捨て、身辺整理をして新たな闘いに一人挑み始めているのである。  
 天才詐欺師チクリンパ 2022/04/25

 詐欺師は本物よりも本物らしく感じさせる。相手のプライド(自尊心)をくすぐリ、良い気持ちにさせることに長けているからだ。

 貴女は光の御魂です。これからつながる選ばれた御魂を線でつなぎ、光の結界を張り巡らし地球を光で包み込むのです。たしか、そのようなことを書いていた。オマケに自分自身はその光の大御魂と言わんばかりに自分の写真の頭上に無限マ〜クを付けた写真を恥ずかしげも無く公開している。


 警告書をチクリンパのフェイスブックに投稿した後、チクリンパより反省のメールがあったので、警告書のことは ホームページから削除した。
 その理由はチクリンパを含めて、大同団結の考えがあったからである。翌日電話あり、警告書を消したことのお礼から始まったのは良いが、私にも知っている弁護士がいるので名誉毀損で告訴する考えがあると言ってきた。その次の日にまた電話あり、最初の電話が非通知だったから、貴方の電話番号を教えて下さいと言うと、何で教える必要あるのかとお怒りになりました。

 それならばということで、警告書にチクリンパの反省文のメールも含めて再掲載した。
チクリンパは訴訟の脅しが効いたと勘違いして、再度、脅しをかけたつもりだろうが、藪蛇になってしまったことになる。

 そして、チクリンパのフェイスブックから複合発酵に関する情報はすべて削除されていました。
 
やはり、詐欺師は自尊心をくすぐるおだてと、隠し事と、嘘と、脅しがその奥に秘められている。

<私の雑感は「人の振り見てわが身を正す」そのような目的で、ありのままに書いています。チクリンパを通じて皆さんに人生を考えていただく事でもあります>
 お天道さまは見ている  2022/04/26

 やはり、お天道さまは見ている。悪いことは出来ないものだ。博士のところに巣くう闇の意識エネルギーも、詐欺師チクリンパグループも、太陽神の光にあぶり出されて、すべては白日の元にさらされた。
それも、彼等に外から手を下すこと無く、自ら白状させられてしまった。私としては、まさに、無手勝流である。

 あの警告書は、渡邊がいつものパターンで深く考えずに書いてしまったものである。内容は私とチクリンパの問題と言うより、複合発酵技術開発者、高嶋博士の技術を無断で借用して金儲けをしたもので、高嶋博士対チクリンパ、つまり背後の川端・富田寛信との問題である。もっとわかりやすい話しが、渡邊は富田とつながっていたと言うことである。
 だから私が警告書の履行を求めても、菌床、合成槽の出所調査の結果を何度も尋ねても無視をし続けているのである。
 一方チクリンパは、警告書をチクリンパのフェイスブックに投稿したとたんに、慌てふためき、”僕は知らなかった。こんなことになるならやらなければ良かった”と言い。今夜、師匠(川端、富田寛信)に相談しますと言って来た分けである。
 後から、師匠から”何であんなメールを送ったのか“と叱られたことは目に見えるようである。
 またフェイスブックに複合発酵を掲載し始めてから、最初は遠慮して気にしながらであったが、だんだん調子に乗ってきて、何時しか海外の国家事業も手掛けると言い。何時しか自分が師匠になって、そろそろ弟子をとらなければとまで言い始めたのである。

 無意識の意識は魂の次元であるから、魂は自分の悪を許さないのである。気がついたら自分から正直に白状させられてしまったわけです。
哀しさとバタバタ 2022/04/22

 高嶋博士とアナスタシアは私の人生における車の両輪である。昨日博士に電話した。声を聴いた瞬間にすべてを理解した。使命と言う、大きな荷物を持ったことでの、苦しさ哀しさである。

 博士とは阿吽の呼吸で博士があ!と言えば私はうん!今後はすべての飲み込んで腹に修めることにした。

 先だってアナスタシアオイルを購入したときに、岩砂さんより、今年はバタバタしていて年賀状を出さずじまいで失礼しましたとあり、また、複合発酵の実情をメールしたときにも無反応だった。気になって岩砂さんに電話した。
 ベルが鳴った瞬間切れてしまった。数時間後にまた電話したが、なかなかお出にならない。今度は、鳴かずんば泣くまで待とうホトトギス、出ずんば出るまで待とうホトトギス。そして、出た瞬間すべてを理解した。バタバタがまだ続いていたことを。

<後日解ったことは、バタバタしているのは、アナスタシア新しい文明 下巻の制作にかかっているからとのこと、楽しみです。私が進呈した博士の本"地球起死回生"は素晴らしいと絶賛されていました>
 四半世紀25年・時機到来 2022/04/20
 
  博士と出会って四半世紀25年以上経った。博士に縁ある人の中でも一番最初から現在にいたるまで大きな関わりを持った者は私以外はいない。それは必然の出会いだからだ。

 人類救済科学の真実は私以外には書きしるすことは出来ないし、何があってもの覚悟が出来ているからだ。

 博士との縁のなか両極端、光と闇の体験の日々だった。生命科学の素晴らしさと、金にまつわるおぞましさだった。

 複合発酵技術の素晴らしい真理の一つひとつを知る喜びと、人間の愚かさ、お金に狂わされている現代人の実態、将に喜びと悲しみの日々でもあった。

 ここまでの人類救済科学の真実で大金を失って来た。柳田ファームの設備は複合発酵技術を世に紹介し広めるための発信基地としての施設で、すべてを投入してきた。 

 最初から闇の存在は解っていた。それを承知した上で、お金を使って来たとも言える。別の言い方をすれば、騙されていることを承知の上で何事もないように過ごしてきた。しかしピンチはチャンス、チャンス到来を待っていたのかも知れない。

 ここに来てからちゃぶ台をひっくり返すような今回の行動は時機到来と感じたからだ。

 それは運命を超えた使命のような気がしている。  
  お金はすべてを狂わせて行く 2022/04/19

 ホームページ柳田ファームの中にある健康ビジネス関連の話しだが、養豚農家の私が何故参入できたかと言えば博士からのお誘いがあったからである。私の人生の苦い経験だった元朝鮮人参売りの男からの1000万円買い物事件の話と、(株)大地の響きより同じ株が50万円高かったことの矛盾は実はつながっていた。

 同じシステム販売の組織の親分子分の仲間の関係だった。システム販売というのは販売実績に応じてお金を分け前として配る方式である。要は健康食品はクスリ九倍のように始めから高い値段に設定してある。
お金は闇の勢力が発明した最大の武器であり、人間を狂わせるものである。そもそも人類救済科学は人間の健康から環境まであらゆる分野において力を発揮する天の法則であり、神のテクノロジーゆえに、販売方式に置いても世の中に不信感をもたれるような販売方式をとってはならないのである。

 大地と柳田ファームは健康ビジネスの中では同業ライバル関係にあったが、同じ土俵の関係てなく、別の表現をすれば犯罪人を収監するいわゆる牢屋の中の牢名主と新入りのような、身分において格段の差がある。それは大地が扱っているのに私には扱わせて頂けない商品が数点あったり、差別されているのである。直近の話しでも半導体シートの販売はとりあげらられて、大地一社の独占販売になってしまった。
 大地が博士の健康ビジネスの各社を全て自分の傘下にしようと渡邊を通じて圧力を何度か賭けてきた。今回もホームページにこのような情報を流せば必ずと言って私に圧力をかけることは予測出来るが、そんなものは無視するだけである。私だけでなく、博士にさえ圧力をかけて来て、私の言うことを聞かなければもう複合発酵から手を引くという脅しである。しかし今の大地の資金力は博士の科学から儲けたものだ。他の良い儲け口なんてあるわけ無いから今も継続してやっている。

 この例をとっても高嶋科学は闇の勢力に翻弄され続けている。
とにかく博士のところにはルールがあって無いに等しい。同じ品物をラベルを変えて販売したリ、農業用を健康用に販売したリ、でたらめが横行しているのである。

    どうせ この世は そんなとこ!

  この辺で博士に電話してみようか?

    それとも直接行って、

    ご意見をお伺いしようか。
 感情を掘り下げる 2022/04/17

  死を考え、生を考え、自己実現を目指すことの出来無い者に、謙虚でいる必要は無い。いいように食い物にされるだけだ。
 そんな輩には丁寧に、過去の言動から、やってあげた事、与えた物を一つひとつ確認させ、その事に対しての不誠実、狡さ、汚さを指摘した方がその人の為になる。

 実際問題として過去の通りすぎた多くの人の中で、一番期待して金と物と更に心ともに与えた人が、さらに金を要求してきたことが驚きだった。最後にはお前は大蛇だと言い、非常識な詩だか文章だか分けのわからないものをメールで送って来た。
 私とのギャップがあまりにも大きいために一番印象に残っている。
 この人は言った。柳田さんが以前にやってあげた事は親切でやったことだから、その事は言わないで忘れた方が良いと、それを言えば親切ではなくなり、やったことの意味が無くなると言った。
 それは大蛇を怖がる天野カエルだった。この人ぐらい外と中の違いが顕著な人はいなく、つくづく考え込んでしまった。このように、一般常識人と想われ、むしろ中でも優れた人材と言われている人程、その病巣は根深い。

 たから、闇の意識エネルギーに憑依された複合発酵技術の関係者に対して目を覚まさせるには、ありのままの真実をそのままぶつける、今回のやり方以外方法は無いのです。
 現代人は喜怒哀楽の感情を出さないようにマインドコントロールされてしまっている。特に怒りの感情を抑えて良い人を演じるように仕向けられて、矛盾だらけの世の中に声をあげずにいる。それと物事を深く掘り下げる意識が極めて弱い。

 世の中の問題に対してもマスコミのコメンテーターに委ねて自分の考えを持たない。それの原因はこの世に生を受け、物心ついた時から、自分に係わる小さな問題の答えを出さずに大人になってしまったから、難しい問題は尚更に解けなくなって、自信を無くして、その行き着くところはうつ病から精神病、生きながらえても認知症になって廃人となり死んでゆくのである。  
博士逮捕 2022/04/16

私が人生かけて高嶋科学の普及に努めて、その最大の障壁は廃棄物処理法違反での博士逮捕につきます。(ホームページあうんの会の“障壁の打破”にその背景掲載)
博士は環境微生物学博士で宇宙一の下水処理のスペシャリストだ。汚染油の固まりを下水へ流せばどうなるかなど解り切った話だ。富田廣信が自分を守るために博士の責任を匂わせ保身に走った結果、博士逮捕になってしまったのだ。

障壁の打破の富田廣信の反省文は私が騙して、おだて上げて書かしたものです。(騙すのも、世の中を良くするだめなら許される)

彼は日常茶飯事に嘘をつく、こんなことを書くと私の品格に影響するが、複合発酵技術の普及のためにあえてお伝えする。
@オレは子供のころ神童と言われたものだ。
Aオレは癌にかかっているんだ。
Bオレはボランティアで博士の図面作成を手伝っているんだ。

 答え みんな嘘だった。

私は76歳、富田は71歳、歳を重ねる程、ガキになってゆくようです。 とにかく、博士の取り巻き連中が皆おかしくなっていると感じています。
もしかして、このようなことをやっている私も、おかしいのかもしれません。

<この時に、博士から直接説明された。下水に流したのは油でなく複合発酵菌床だ、だから下水がよりきれいになると。ところが新聞では浄化センターで大量の油が流れて来て、それをたどって行くと博士の秀明ビルにたどり着いたとの記事だった。博士逮捕の少し前に富田が逮捕された。その時の取り調べの映像が浮かんできた。 取調官=富田お前に指示したのは社長の高嶋ではないのか! 富田=うーあー弱弱しく私です。 取調官=正直に言わないと罪は重くなるぞ! 富田=黙ったまま 取調官=やはり高嶋なんだな! 富田=コクリ オレだったら明るく大きな声で博士ではありません。私が面倒くさいから独断でやりました。絶対博士をかばい通すだろう。人類救済科学の博士の使命を考えたら当然のことだ。富田という男はそういう男だ>
 店頭公開 2022/04/15
 
 私は一人暮らしの小さな養豚農家である。人類救済科学に夢を抱きすべてを賭けてきた。その科学がいよいよ世界に向かってスタートする株式が手に入ると言う。一株350万円だが上場すれば最低でも1000万円以上の値がつくという。それを聞いて考えた。そうだ今までの多額の資金をここで一気に取り返そうと家中の金をかき集めて数株買った。一株350万円だ、数株でも大変な金額になる。ところが待てど暮らせど上場の声は聞こえて来ない。

 地球環境秀明という立派なビルに拠点は移ったが出した金は帰って来ない。最低でも3倍にはなる予定だった。これも、今はやりのフェイクニュースか。私の親友だった豚飼料の販売店の社長も株を購入したが、しばらくして病気に倒れお金の返却を求めたが、渡邊氏は返金はできませんという、その後直ぐに亡くなられた。

 ところが、この株式に関しても疑問が残っている。健康ビジネスの(株)大地の響きの社長は一株300万円で購入したと聞いたが、私には350万円だった。同じ株なのに50万円も高かったのだ。まったく理解に苦しむばかりだ。渡邊氏にこのことを問い正したが何の説明も無かった。

 私が此処に書きしるすのは自分に関することだけだが、他のことまで公開すれば将に狂の世界だ。
だから凄い科学だが世間の信用がまったく無い。今どき何処の会社もホームページをもっているのが常識なのに、もっとも必要な高嶋開発が持たないなどあり得ないことである。
 複合発酵に関心ある人の見学になると、必ず言って私の農場が見学場所の一つになる。最近の見学に見えた大企業の長大や東急も柳田ファームのホームページを印刷して持っている始末だ。私は今柳田ファーム、あうんの会、それに加えて楽天にも出店してホームページを開設したばかりだ。高嶋開発のホームページの情報発信は渡邊氏の仕事だが、それも無い。

<フェイクニュースだとプロカバンダだと日本人ならわかりやすい言葉を使え!世界人類すべて、嘘とでたらめと、騙しでしかない!それも、大宇宙の真理、神のテクノロジー複合発酵がそれを平気で日常茶飯事にやっている。そんなものを世の中が認めるわけが無い。まさに闇の勢力が地球人類救済、光の柱の本丸を闇で覆っているのである。私は一人暮らし、しがない豚飼いの76歳の風前の灯火の老人です。ややもすればくじけそうな心を奮い立たせるために、村田英雄の人生劇場や、花と竜を聞きながら頑張っています>
 大量の豚の死と複合発酵技術主任研究員 2022/04/14

 博士に出会って2〜3年ぐらいか、人類救済科学に人生をかけてみたがまったく世の中に広がらない。
 博士にお尋ねした。「固形バイオとアモルファス浄水器を使った養豚と、豚の排泄物を複合発酵で処理したエナジー水を飲ませるのとは、どちらが豚に良いでしょうか」とお尋ねすると、それは「エナジー水の方が良いです」と言われた。ならばと、新たな複合発酵プラント建設に取りかかったわけだ。

 その時も汗と涙の苦難続きの日々だった。先ずライセンス料が、確か数百万円ぐらいだったろうか、それと建設資金1800万ぐらいだった。それから複合発酵プラントを立ち上げて、エナジー水が出来上がった後、ここからが本当の絶望的苦難の始まりだった。
 
 糞尿処理のエナジー水約3000リッターこれを富田が「豚に飲ませてください」というから、飲ませたところ数日後には何百頭という豚が死んだことだ。処理水には亜硝酸窒素という毒性の物質が入っていることが原因だった。
 本当は数リッターを希釈して飲ますのが正解だったのだ。

 (硝酸性・亜硝酸性窒素が飲料水などに多く含まれています。血液の酸素運搬能力を阻害するメトヘモグロビン血症を引き起こし、特に外国では乳児が死亡した例もあるなど、人の健康を害するおそれがあります)

 怒り富田このことを博士に報告したのか!お前のことだ。博士の機嫌取りばかりやっていたお前だから言っていないのだろう。天涯孤独で家族のいないオレが可愛い豚の死骸を大きな穴を掘って埋める姿を想像してみろ、渡邊、富田今に至っても、オレを裏切り続けるお前たちが許せんのだ!

<この時に我慢したのは高嶋博士より資格を与えられたからだ。複合発酵バイオ技術の主任研究員だ。オレは高等尋常小学校中退の学歴だから、博士の環境農業部教育指導科主任研究員という長い肩書きに涙が出るほど嬉しかったんだ。だから、博士から頂いた栄誉ある研究員の名誉にかけて、どんな損害を被ろうと文句は言えなかったんだ。それと20数年前あの当時まだ元気があったから、見合い結婚でも良いから、適当な女を嫁にと思っていたが、複合発酵に取り組んでいたために、とても余裕が無かった。とうとう孤独な独り身の人生になってしまった。このように艱難続きの人生だから、根性がすわり人類救済科学に群がる闇に、大ナタを振るうことができるんだ。写真画像はオレの宝物、主任研究員の認定書だ>
 
 豚肉で賞を取った 2022/04/13

 当時、博士は講演など人々の前よく言っていたことがある。柳田ファームは豚肉で、アメリカで賞を取ったと、全く身に覚えがないことで、関係者からそのことを尋ねられて非常に困ったことを覚えている。何者かが博士の耳元でささやいたことにより、それを事実と思いこまれたとしか考えようがない。

 そのことを周囲の人に良くたずねられて博士が嘘をついたなどと言うことなどできるはずがない。オレはとぼけて、あーいーうーとわけが解らないことを言いながら別な話題にかえていた。後に、闇のエネルギーが博士に憑依してあのようなことを言わせたのだとわかった。オレのプライドをくすぐり良い気持ちにさせながら、オレを嘘つきに引きずり込もうとしたのだと解った。

 もしも、あの時に褒められるのにおぼれて楽な方へ流され嘘をついたら、今のオレはいなかったろう。先人の教えに嘘は泥棒の始まりというのがある。76歳の今泥棒をするパワーも気力もそこまではないだろうが、多分スパーの万引きぐらいは常習犯としてやっていたかもしれない。
オレは人生で苦難に出会ったときには必ずと言って楽な方よりつらい方を選択してきた。多分富田はオレと反対で常に楽な方を選択した結果、泥棒から更に強盗の予備軍に落ちる寸前のような気がする。

アナスタシアは、プライドは死に値する大罪だという。闇の勢力は分刻みに動いていてシンプルな真実や戒めからひき放すという。お金はその主要な道具だという。
昔、べェドルシアという素晴らしく調和した民族がいたが、闇の手先の宣教師の切り崩しに会って、民族すべてを堕落させたそうである。その時の手法が褒めることから入るそうである。人に褒められた時には注意が必要だ。  

<オレって褒められることにとても弱い。下段右の領収書は30万円の浄水器を500万円で買ってしまった愚かな男です。その上は農業から複合発酵を広げる目的の神農研賛会会員証ですが、やはり神という字に弱い>
 博士との出会い  2022/04/12  
 
 今思い出してみると、博士が複合発酵を発見発明し、世の中に展開しはじめたのは健康ビジネスでした。私との縁もそれでした。その後、三島の浄化センターでの複合発酵技術を見学して、高嶋科学の凄さと同時に、超人的なパワーの奥に精神性の深さも同時に感じました。当時、博士はユニックスと言う会社の朝鮮人参の売り屋の男に健康ビジネスと複合発酵技術普及までを任せていました。見るからに傲慢でお金に執着している人間でした。この男が私に言いました。

 博士の科学を農業で広げる為の拠点になってくれ、その為に一千万の資材を購入して頂きたいとのことでした。それでアモルファス浄水機500万円、複合発酵固形バイオ500万円分購入、計一千万を支払ったのです。
 後々博士にお尋ねしたところ浄水機は30万円とのことでした。また固形バイオ500万円は保存が効くとのことでしたが大方カビが生えて廃棄しました。博士の科学を確かめて本物と知って、博士を信じたから当時1000万という大金を出したのです。
私は右から左へ物を移動して金を稼ぐ商売屋でなく、貧乏農家養豚の中、汗を流しての肉体労働と創意工夫して稼いだ資金でした。博士は何故あのような男と波長が合ったのか。

 その直後博士に手紙を出しました。 「先生の科学は光の地球人類救済科学です。光には闇が付きまとってきます。身辺には充分にお気をつけ下さい」との内容だった気がします。そのときの直感のとおり、闇のエネルギーが関係者を通して博士の足を引っ張り、次々罠を仕掛ける二十数年間でした。(数十年経過して、アナスタシアの本より、さらに、その奥の真相を知ったわけです)

<こうした中にも、渡邊氏に警告書の履行と合成槽の出所が解りましたかと電話しても、今忙しくてと言うから、ふざけんのは止めていただきたい、博士はどのように言っていますかと言っても答えてくれません。電話ではしょうがないので、渡邊さん20数年の長い付き合いだが、向き合って話したことが無かったですね。見学の依頼の時は付き添ってきますが、今度は本音で話し合いましょう一度来てくださいと言ったら、解りました行きますとの返答を頂きました>


以下はモデルファーム契約にあたり、固形バイオ500万円分購入したときの覚書です、
想定内の伏魔殿 2022/04/11

棋嶋開発工学総合研究所アム大手町ビル7F-Bは伏魔殿か。
やはり契約法務担当の渡邉澄雄氏からは無反応だった。
警告書の履行や合成槽の内部加担者に関する調査は端からやる気が無いらしい。(今までの同じパターンで考えなく出した警告書だった。まさか自分たちの首を閉めることになるとは考えもしなかったのだろう)
当人が自覚しなくも博士の取り巻きは何物かが憑依しているかのように嘘と誤魔化しに染まってゆく。イエスマン・ロボットのようにピョコタンピョコタンと頭をさげながら、その顔の裏で常に何かをたくらんでいるのである。だから、嘘とデタラメが横行している伏魔殿なのである。

昔、博士は言った。俺のことを本当に思って心配してくれるのは柳田さんと渡邊と富田だけだと言った。私が外部の人間で博士とは法的に契約したビジネスパートナーだから渡邊富田とは別な立ち位置ではある。博士と出会って25〜6年、10年ひと昔と言うから、昔々のその昔ほど時間がたった。柳田さん来世も一緒にやろうという仲だ。その様な関係性のなかでよくよく考えてみれば私は、実のところは、いいように便利で都合の良い重宝な男として扱われつづけて来たようである。

先ずは最初に明快の答えを言えば、高嶋博士の複合発酵は間違いなく人類救済科学である。光の科学ゆえに闇のエネルギーがまとわりつくのである。

博士自身から人類救済科学の普及の邪魔をする数えきれない程の多くの人の名前を聞かされてきた。
また、複合発酵技術についてもほとんどの人が博士の指示どおりやらないことも聞かされて来た。
しかし、富田に言わせれば、博士は常に自分は悪くないと、すべて人のせいにすると言う。

地球環境、人類救済、光の科学を阻止しようとする闇の意識エネルギーが博士はじめ其処に集まる人に憑依しては常に狂わせているのである。

今回の博士の一言、渡邊お前もグルでないのか!に博士ご自身がグルであることを悟った。
チクリンパの件での富田廣信、渡邊澄雄の両氏に関する、私に対しての二人の対応は異常としか言いようがない。
私もこのようなことを発表するのは私の品格にかかわるのですが、最初に明らかにしなければならないことは、法治国家である日本における富田、渡邊、両名の経歴は前科一犯であることです。富田氏は廃棄物処理法違反、渡邊氏は何の犯罪かは知らないが弁護士資格を剥奪された元弁護士である。博士の法務担当になるくらいだから飛び切り優秀な元弁護士だったことは想像できる。

博士と、渡邊、富田そして私(柳田)との長い人生物語を人類地球救済科学としてノンフィクション物語として記録に残してゆくことに決意しました。
以前、博士は数度にわたり、私の「百姓雑感日々如是我聞」に博士を取り上げたときの記事を、富田を通して、数回削除してくれと依頼されましたが、今回はそれには応じないことを宣言します。

      闇の勢力に対する最強の対抗手段は真実のみです。  

合成槽の件 2022/04/07

 渡邉さん

 3月11日チクリンパの件での博士訪問したときに、博士言われました。資材を提供している者が関係者に居るはずだと言われ、その時に複合発酵技術で必要不可欠な資材、EMBCモルツ増殖液を博士は取り上げましたが、合成槽の入手先を調べるなら簡単に内部にいる加担者を特定できるはずです。合成槽の不織布はバイオ加工しなければならないので高嶋開発から出たとしか考えられません。博士訪問から一月近くなりました。もう調査済みかと思いますのでお知らせ下さい。

 それ以上に渡邊さん2カ月ほど前のことを思い出して下さい。
私が合成槽の注文を1台出して3〜4ヶ月経ってやっとできましたとの連絡を頂いたときに、「柳田さんこれからは合成槽の量産に入るからと言われました。会社の近くに工場があって加藤君一人でなく社員を増やして増産体制に入ります」と、株式会社長大が四国のたしか愛媛で海老養殖で大量に合成槽を使うようになるとも言われました。

 長大はまだ知り合って日が浅いのにかかわらず実験プラントからいきなり量産とは如何なものかと不信感を持ちました。
チクリンパが向こう5年間は複合発酵結が注文でいっぱいで私に電話をかけて来た前日も8件の注文が入ったと言っていました。もしかして、長大でなくチクリンパつまり富田に提供していたのではないのかと?疑ってしまいました。
また北海道の古川さんに対しての富田の犯罪行為を報告したのにかかわらず富田の出入りを許していることにも納得していません。
お答えください。柳田  
 警告書二週間経過 2022/04/06  

 渡邊さん  

 今日で警告書の期限、二週間経過しました。チクリンパの件は富田廣信が首謀者であることはチクリンパから私への電話で明らかになりました。

 彼は高嶋開発の社員でしたが博士とうまく折り合いができないので、柳田さんのあうんの会を手伝いしたいとのことで受け入れたわけです。
 会を辞めたら会とは関係なくなるのに会員に声をかけて会を二つに割って混乱させ、会員名簿、設置手順書の流用など悪質です。私が人生をかけてやって来たことを、私の信頼を裏切り、内側からかき回し会の金を使い果たし、性懲りも無くしつこく、また昔の仲間と共謀し、盗用して利益に走ったのです。

 関係者全員の刑事告訴から民事による損害賠償請求の手続きに入って下さい。
  私はこのようなことにならないように、何度も申し入れしてホームページへも掲載して呼びかけをしましたが彼の返答は、「ひどいことを書かれたから会わない」、との幼児性駄々っ子の言い分です。
  富田廣信は何度も私に言ってました。

 博士は裁判と言っても、いつも脅しの警告だけで実際にやった試しがないと馬鹿にしていました。今回だけはしっかりとやって下さい。私も逐次見守っていきます。   柳田
 

富田廣信出て来い!

貴様それでも男か!
 

  古川舞さんから、金だけを取ってあうんユニット設置しないで突き放しやがって、許さない!チクリンパと違法で儲けた金で直ぐに返済しろ!

 お前があうんの会のすべてを取り仕切ていて金も自由に使っていた。技術指導もすべてお前がやっていた。チクリンパが言っていた。あうんの会が旨くいかなかったものを僕がすべて立て直ししたと、お前が失敗したものをお前がチクリンパに立て直しさせたわけだ。
 あうんの会のことは、すべて俺のせいにして、会を食いものにして、会の金を使い果たして逃げて行ったのがお前だ。

俺を名誉毀損罪で訴えろ、でなければ直ぐに出て来い。そうしなければお前の悪行を順次雑感に書くことにする。  


 以下はあうんユニット取り付けにおける、北海道の古川さんさんと前事務局長・富田氏とのやり取りです。

  *まず住居の建設と並行して、ユニットを注文、ユニットの取り付け方を業者に依頼していた。
  取り付け方は私には分からなかったので、富田さんが水道業者に教えるということであった。

*ユニットが設置された。菌の培養は私が行う予定であったが、なぜか業者がやってしまっていた。

 *業者「富田さんに連絡したが、説明書通りにすればいいとしか言われていない」
 
*富田さん「業者からの連絡は一度しか来ていないし、よく分からない。自分は知らない。   北海道ではもう一件、ユニットを導入している所があるので、そこで色々と自分で調べてきてほしい」
 
 *その後、その方の家に行ったり、指示通り水を入れ替えたり、モルト液を足したりしたが、一向に使える気配にはならない。

 *富田さんになぜ使えないのか?電話連絡を繰り返したところ、タンクの設置の仕方や、穴を開ける場所も間違っている。
 
*業者は工務店の下請けの会社であったため、工務店が間に入って話し合われた。  富田さんも業者も言っていることがあやふやで、はっきり言ってどんな流れでどういうやり取りだったのかは、私には分からない。
 
 ☆☆☆☆☆☆☆   家を建てるにあたって、私もバタバタしており、まさか業者が何の相談もなく、 全てやってしまっているとは思わなかったです。
(これは業者が確認を怠ったためですが……)  ですが、富田さんの対応には、その時不信感を抱きました。
 ユニットの設置なんて、 業者も初めての事に決まっているのだから、もっと詳しく説明してもらっても……と思いました。
 あなたが導入したのだから、あなたが理解して責任を持って取り付けて下さい、 何か疑問があったら聞いて下さい、という対応でした。 (詳しい話のやり取りは覚えていませんが、一貫してその様な対応であったと記憶しています。)   私は、あうんのシステムは素晴らしい物だと思っています。 今、汚染土が各地にばら撒かれようとしていますよね。
 私はこれがとても許せません。  そう考えている人はきっととても多いと思います。
 もっと若い、熱意ある人に協力してもらえたら、適切な形で広まるのではないかと思います。

 会って話をしましょう 2022/03/31
 
 渡邊さん 
  博士の前で富田と話し合う場を作ってくださいの 申し入れはどうなりましたか。
  富田に電話すればすぐに答えが出るはずです。
  お知らせください。
   イエスかノーかノーも答えです。
   連絡ください。
   柳田  

 柳田繁吉 様  
  富田氏と連絡を取ったところ、 「あんなにひどく書かれては、会いたくないです。」との返事でした。
  とりあえずご連絡します。
  今週は31日まで、日程がびっしり詰まっており、 電話する時間もありません。4月に入ったら電話します。 
  嶋開発工学 渡邉澄雄

  渡邊さん
  了解です。
  あんなにひどく書かれたと言うことの前に ひどいことをしたとの自覚がまったくありません。
  やる方は無自覚、やられる方は心身とも大きなダメージを 後々まで背負います。   今まで、解っていただくために手を尽くし、長い時間をさいて 話してきたつもりですが、まったく解ろうとしません。 だから、博士の前で話し合おうと言っているのです。
  博士の前でも解らなければ、 法的手段で答えを出していただくのが最後に残された方法です。

  ホームページで書かれたら抗議して、場合によっては法的手段に訴えれば良いです。 彼はいつも逃げ回っています。私も同志だった者に、そのようなことはしたくありません。

  悪質かつ姑息な彼には今回の方法以外見当たりません。 今回は胡麻化すことは出来ないでしょう。

  チクリンパや川端のことは眼中にないです。 富田がすべての癌です。

  柳田  

  このメールを富田氏に伝えて 再度会って話合うことを勧めてください。
 

昔博士は言いました。柳田さんのホームページはメッセージ性のあるホームページだから大事にしなさいと。そうです、ユウモアを交えて地から天につながるようにしています。人を非難誹謗中傷するようなケチな男ではござんせん。だから複合発酵という大自然の奥にある神の法則を嘘と欲にまみれた思いで扱っても今回のように時間の問題で破綻するのです
警告書を出して、すぐにチクリンパより返信がきました。

こんばんは。
はじめまして。

チクリンパとおると申します。
  今、あうんの会様からのコメントを見ました。
僕は何も後ろめたさはありません。
この様な警告を受けて、そうだったのか。と思いました。

高嶋博士にはいつかご挨拶に行きたい思いがありました。
師匠も、いつか博士に九州に来てもらいたいという事を、
聞いていましたので、その日を待ち望んでいました。

共存共生の世界というものに、共感していましたが、
この様な事態になるのであれば、家族ある自分自身も、
この道を歩もうとしなかったでしょう。

地球人口分の幸せや、地球に恩返しができる可能性に、
家族共々邁進してきました。

その思いが、この様な事態になるのであれば、
最初から遠慮していたと思います。

僕は事を進めていくにあたり、
僕の師匠にも事細かに確認をして参りました。

僕の中では、問題が生じない様に配慮してきたつもりが、
この様なコメントで、これまで応援してきてくださった方々を、 傷つけることが、虚しい思いです。

共存共生の世界は、まだまだ先の様だと思いました。
  僕に連絡がある際は、僕に直接お願い致します。
あうんのさんのお気持ち、わかりました。
しかし、コメント欄にあの様な形でコメントをすれば、
おそらくあうんさんのイメージも下がるはずです。
それはとてもいたましいですし、
複合発酵に対しても、イメージが下がってしまわぬ様、
穏便に直接対話する事を、理想としていきたいものです。
  僕は罪を犯しているという認識はありませんでした。
今後、どの様な形で共存矯正していけるかを、
話していければ幸いです。
お互いに通話したり、オンラインのステータスやメッセージの既読状況を 確認したりできるようになりました。     23:10 (月)
とおる
チクリンパ とおる
これまでの活動で、お客様にお話ししてきたことや、
普及のあり方、僕の師匠と高嶋博士の関係性を、
師匠にその都度その都度確認して活動を進めてきていました。
後ろめたさはなど、持ちたくないですし、
トラブルも避けたいので、僕なりに色々と気を使いながらの活動でした。
    明日、僕の師匠にも今回の事を報告させて貰います。
何分、僕も勝手な判断では動きたくないので、
明日に師匠に電話して、報告をして、
対応のあり方を検討していければと思います。  
以下 チクリンパとおるのフェイスブックより転載   チクリンパフェィスブック                                  今は複合発酵関連は削除されています。
     

自己紹介  

微生物さん達のお力添えにより、汚染をひかる水に変える活動と、自作の楽器【チクリンパ】の演奏活動と講演活動の3点セットで、日本全国、天ぷらカーで走行し、地球の蘇生回帰を促す、自給的暮らしのお父ちゃん。  

       



熊本県 天草郡在住   1月24日13:23
日本各所で僕のお弟子さん入り希望者が多数になりました。
そろそろ、まずは一人を育てていきたい時期になりました。
僕は丁度一年前からfbに参加しました。
この一年で多くの環境に、恩返しを進めてこれたのは、
支えてくれる家族がいてくれる事、
そして高額な施工金額にも関わらず、バイオトイレを導入してくださった
ひかりの御魂様たちとのひかりのご縁によってのことです。
一年は本当にあっという間、
これからも愛車の天ぷらカー369号にて、
依頼がある所に出没しますので、
皆さま、今後ともよろしくお願いします!


2021年11月30日  ・  
 僕はバイオトイレを普及させてもらっています。 
 しかし、活動範囲としては汚染という汚染全てが範囲です。 
 地球上の汚染という汚染全てに取り組むことのできる仕事です。 
 むしろ無害化できなかった汚染は見当たらない実績です。 

 まずは、 
 皆さんに一番関係するのはトイレですね。 
 バイオトイレのお客様に多いのが、 
 元々はコンポストトイレや野糞派の、 
 ウンチと向き合ってきた方が殆どです。 

 長期にわたりコンポストトイレにトライしても、 
 うまくいかない現実を体験し続けた方たちからの依頼が半数を超えます。 
 コンポストトイレや曖昧なバイオトイレは、 
 菌さんたちの共存共生状態には行きつきません。 
 むしろ拮抗作用を持つ土壌になってしまいます。 
 土中環境を傾けてしまいがちです。 

 水質汚染も要注意。 
 人類みんながコンポストトイレにしたら、 
 どうなることでしょう。 
 きっと水質に影響が出ますね。 
 ウンチやオシッコが腐敗したり、 
 腐敗しドロドロになったウンチを土に戻し、 
 土地をベトベトにしてしまったりで、 
 地球に恩返しのつもりが、うまくいかないという 
 これまでコンポストトイレを使ってきた方達の本音だと、 
 コンポストトイレユーザーの声を聞くと分かります。 

 以前コンポストトイレを普及している方からも、 
 相談があり、何時間も電話して、うまくいく様に指導しましたが、 
 中々うまくはいかない仕組みだと 
 一目瞭然なコンポストトイレデザインでした。 

 この様に本末転倒を体感した方からの依頼が多いです。 
 菌さんたちの数や活動が、著しい環境汚染により、 
 低下している事は、データも証明しています。 

 目に見えるのは松ガレなんかもその一つです。 
 ひかり水により松ガレも改善したりしています。 
 その様なことに気がついた方が、依頼をくれます。 
 僕は植物由来の菌さんたちのお力添えにより、 
 これまで地球上でお手上げとされてきた環境汚染の数々の、 
 約1000件以上を無害化できた実績を持つ菌さんたちとの活動です。 
 ヤオヨロズの菌さんたちに守られています。 
 
 僕の師匠はナホトカ号重油流出事故による 
 広範囲の海洋汚染源の重油を水に変えた技術者です。 
 世界中の科学者がどうにもできなかった汚染を、 
 これまでことごとく無害化してきた方です。 
 現場で活躍してくれている菌さんたちは、 
 もちろん常在菌さんです。 
 身近に存在してくれている菌さんたちにお力をお借りしています。 
 もちろん口に入っていけないものは使用していません。 
 化学物質も使っていません。 
 それは、地球免疫を司る菌さんたちの共存共生状態を、 
 人間の手で起こせる様になったことで可能になりました。 
 今世紀最大の発見と言われています。 

 現在の僕は科学的データなどに触れ、 
 地球上で氣になる汚染状態をとらえる様に努めています。 
 感覚も直感も駆使して、広いアンテナで捉えています。 
 最近では海外からも汚染データと共に、相談が来ています。 
 『どうにもできない汚染をなんとかできないか?』などという相談です。 

 僕の師匠は現在70歳です。 
 最近になり師匠は、師匠自身が受けてる相談の数々を 
 僕に担当する様に声をかけてくれる様になりました。 
 
 僕はこの地球に、どれだけの恩返しを実行できるかは分かりませんが、 
 うんこまみれ、汚染物質まみれになりながら、 
 それらをひかりに変えて行っています。 
 目に見える結果を出していく事で、確実に地球に恩返しを進めています。 
 皆さん、今後ともお力添え、宜しくお願いいたします。 

 現在、バイオトイレの施工依頼が多数ありまして、 
 今来ている依頼をこなすには3年はかかる見通しとなりました。 
 それだけの人たちが、 
 僕が普及している、満天堂式環境蘇生装置(バイオトイレ)結(Yui)を 
 体感し、導入に向けて立ち上がってくれているという、 
 ある意味ムーブメントが起きているのは確かだと思います。 

 菌さんたちに感謝。 

 師匠に感謝。 
 兄弟子に感謝。 
 お客様に感謝。 
 家族に感謝。  地球に感謝。   
   

2021年11月11日  ・
僕はバイオトイレ屋さんだけがお仕事ではありません。
今、世界で5番目の汚染大国の、とある国家と、
上水の無害化、下水の無害化、ダダ漏れ劇薬工場排水の無害化、
畜産現場の劇的改善など出来ないかと、打ち合わせを進めています。
常在菌さん達の共存共生状態を築き、
これまでお手上げとされて来た汚染の数々を無害化し、
無害化どころか、高?いエネルギー、ひかり水にチャージするのです。
現在世界で5番目の汚染大国を、
菌さんと僕らの働きかけにより、
世界一のひかりの柱が図太くそびえ立つ国に変換する事が
可能なのです。
できることなら、それを日本で早く起こしたい。その思いを共有する日本国内のひかりの御魂さま達から、
バイオトイレの施工依頼を受け、草の根活動として、日本各地にひかりの柱を立てさせてもらい、
ひかりの柱はグリッドとなりひかりの柱の点と点が線で繋がり、ひかりの面となる。汚染やネガティヴエネルギーから守る結界を張り進めている。
これが僕の活動です。

チクリンパ とおる
2021年4月18日  ・
  僕の菌さんの師匠の川端先生へのリスペクトの気持ちと、お母ちゃんは料理が上手いこと、お父ちゃんは刃物研ぎが上手いこと、
21年2月17日
ひかり水をギフティングして1ヶ月が経ちました。
本当にたくさんの方から問い合わせがあり、
数え切れない程のギフトをして来ましたー  
ありがとうございました。
毎日無償でギフトに時間をかけて来た甲斐がありました!
これまでひかり水を愛用してくれた方、そして効果を実感した方からは、
感想のメールや驚きの声、そしてドネーションを頂いたり、感謝です!
ひかりの御魂さまたち、本当に感謝です。
そして今、ひかり水を僕から仕入れて販売したいという方々が
出て来てくれました。 
とても嬉しく思います。 インターネット等で通常1リットル7000円以上の価値があるとされる
奇跡の酵素、ひかり水を試してみたい方、少しずつ要望がきています。
まだ定員に至っておりませんので、遠慮せずご依頼下さい。
発送はレターパックで行います。
送料はコチラの指定した口座に振り込んで頂きます。
 要望についてはメッセンジャーにて連絡下さい。
 あと、使用してみての感想をコメント欄に投稿してくれると嬉しいです。
 これまでは、長年苦しんできたアトピーが驚くほど改善した。
畑の野菜がとにかく元気で美味しくなった。畑の土がホクホクしてきた。
 

チクリンパ とおる  

2021111     

チクリンパとおると申します。  

竹の弦のカリンバの、チクリンパという楽器を作ったり、演奏をして遊んでいます。

 それと。大工作業も好きで、たまに大工ごっこして楽しんでます。  

そして最近一番ハマっている事は、複合的な微生物さん達のお力をお借りして、うんちやオシッコや家庭排水を、

 エネルギッシュ、且つ健やかな、ひかる水【ひかり水  Hikarisui】に変えて、そのお水で常在菌さん達や生命や人や空間や物達が活性化して調子が良くなるという現象を、愛車の天ぷらかーにてご縁ある方のところへ旅して、バイオトイレ、環境蘇生装置【結 Yui】を設置させてもらう。と言う事にハマっています。  

この微生物さん達との対話の日々に、今後の未来の希望のひかりを感じ、感動しています。

 未来への希望のひかりを、伝えていけたら幸いと思い、新しい時代、風の時代、このタイミングでFacebookへの参加を始めました。  

みなさんどうぞよろしくお願い致します。


 

                              警告書

 

  チクリンパ 殿  

   

 私は、環境微生物学嶋康豪博士及び棋嶋開発工学総合研究所の代表者である嶋康豪氏の秘書をしており、上記会社の契約法務担当である渡邉澄雄です。  

 上記会社は、静岡県沼津市三枚橋町15-10アム大手町ビル7F-Bに所在します。  

 この通知をチクリンパ殿のフェイスブックに投稿(322日)してから後2週間以内に下記の内容を記した文書を当社所在地に提出することを要請します。  

 

 1、チクリンパ殿の本名、国籍、居住地、連絡先電話番号を明らかにすること。  

 

2、「僕の菌さんの師匠の川端先生」とは、福岡県福岡市南区花畑2丁目17-27在住の川端政俊氏のことか、他の人間かを明確にし、他の人間である場合はその本名、国籍、居住地、連絡先電話番号を明らかにすること。  

なお、川端先生が川端政俊氏であるとすれば、同氏は「ナホトカ号の重油流出事故による、広範囲の海洋汚染源の重油を水に変えた技術者です。世界中の科学者がどうにもできなかった汚染を、これまでことごとく無害化してきた方です。」というのは明白な誤りです。  

ナホトカ号の流出重油を飲料水にまで浄化したのは環境微生物学博士である嶋康豪博士であり、川端政俊氏ではありません。世界の汚染の数々を無害化したのも嶋康豪博士であり、川端政俊氏ではありません。川端政俊氏は、ナホトカ号の重油を嶋康豪博士が浄化したときに高嶋博士の指示に従い、処理の手伝いをしたものであり、それ以上のものではありません。  

 3、チクリンパ殿(以下、貴殿という)、貴殿の実施しているバイオトイレ事業は、嶋康豪博士の複合微生物動態系解析による複合発酵科学技術、及び嶋康豪博士が埼玉県日高市高萩2639-2在住の柳田繁吉氏にライセンス供与したバイオトイレ処理技術(「あうん」技術及び簡易型バイオトイレ処理技術)の盗用、流用ないし模倣であります。

 

このことは嶋康豪博士及び柳田繁吉氏が明白な盗用、流用ないし模倣であると断定しました。貴殿は、明白に嶋康豪博士の許可を受けずに無断で上記の複合発酵科学技術を盗用、流用ないし模倣しており、明らかに不法行為であります。

 したがって、この通知を受け取り次第、バイオトイレ事業及び関連する廃液廃水処理を中止し、嶋康豪博士及び柳田繁吉氏に謝罪し、以後バイオトイレ事業及び関連する廃液廃水処理の一切を行わないことを公に自己の意思で関連する人々すべてと第三者に発表することを要請します。  

 4、さらに貴殿は、嶋康豪博士の複合発酵酵素水(EMBCモルト)、複合発酵増殖液、光合成槽を何らかの方法で入手しているものと推測されるが、その入手先の本名、現住所、連絡先を明らかにすること。  

 

貴殿が上記14の要請に応じない場合は、詐欺罪で刑事告訴を行うとともに、民事の不法行為による損害賠償請求を行わざるを得ないことになりますので、念のため申し添えます。                   

                     令和4319  

           轄s開発工学総合研究所  

           契約法務担当  渡邉澄雄  

                       
(チクリンパ殿により“結い”なるものを設置した人、及びひかり水なるものを購入した関係者の方は(055-941-8091)まで上記の情報をお知らせください)  

 博士と私そして契約法務担当渡邉先生 2022/03/29
 この写真は3月11日チクリンパの件で博士を訪問したときの写真です。博士をはさんで左に立っている人が博士の秘書、契約法務担当渡邉澄雄先生です。右が私、(柳田)です。

  私は自分の姿を世間にさらすことを避けてきましたが、この際仕方ないとの思いです。自分顔をしみじみ眺めながら良くここまで頑張ってきたな、頭も薄くなり足腰はふらふら女、子供と相撲をとってもかないそうもないです。最近は耳も遠くなり博士の声もよく聞き取れなくて困っています。

  何度も何度も仲間の裏切りに会いましたが、中でも元博士の社員であり、前あうんの会事務局長富田廣信氏の裏切りは特にきついです。一番信頼していた人でしたのでそのショックは特におおきいです。今回のチクリンパの件も富田氏が黒幕になっていることは間違いないようです。

  何より博士のお疲れのお顔は察してあまりあります。光の科学に群がる闇の人々、詐欺師ペテン師数知れずでした。これも富田氏のいうことですので嘘だと思いますが、博士を座敷牢に閉じ込める計画があるとの話も聞いています。人間不信に陥っていることが良く解ります。
 この日も、誰がチクリンパに資材を流しているかの話の終わりに、こともあろうに秘書の渡邊先生に 渡邊!お前もグルではないだろうなと言われたのです。

<世の中は法律、決まり事、ルールによってできています。身がってな欲得の人間世界では必要不可欠のものです。博士に富田氏との面会を求めています。博士の前でありのままに話して、そしてできることなら大同団結することを>

                             


ここより複合発酵の真実
 ホームページ 2022/03/30
 楽天市場にホームページ掲載した。一人で三つのホームページを主催している。柳田ファームとあうんの会、そして今回の楽天市場掲載である。 人類救済科学の複合発酵技術を広めることの目的である。
  もう歳で先行き短い故に、追いたてられるように、76歳の老体に鞭打って、人類滅亡の核戦争の危うい今、一筋の希望の光を皆様に伝えるためである。

  出店費用は初期費用として10万円年間契約費用60万円計70万円、毎年60万円かかることになる。毎年出店するお店の8割が1年で撤退する。5万数千店の世界一のショッピングモールである。   私ははなから商売目的でない。一億数千万人の会員に人類救済科学を知らせることの目的である。 皆さんに見て考えていただきたいのである。
 この中で私独自のアイデアは地球環境問題は大都市のビル群からということが特質した私独自のアイデアであり、天からのヒラメキによるものである。 まさに、大都市のビル群は巨大な現代のバベルの塔である。ビルのオーナーはビジネスに成功した金持ちであり、SDGsの今日すべてのオーナーは参加しなければならない。このアイデアはマイクロプラスチックの海の汚染を解決できる唯一の方法であり、大地との絆を取り戻しコロナなど病原ウイルスに対する根本解決である。

 私は長年博士に家庭からの複合発酵こそ高嶋科学の人類救済科学普及の唯一の方法であることをしつこいように進言して来たが未だに解っていただけてない。博士は言っている。この世はすべて結果判断。博士のやり方では まったく結果が出ていないのは明らかである。 今回のチクリンパの結果は違法だが向こう5年間注文いっぱいで昨日も8件の依頼が入ったとのこと、私のやって来たことの正しさがこの違反の例でも証明されていることになる。
 博士もうこの辺で目を覚ませでいただきたい。
 
私と看取り士、そして二人に憑依する背後霊  2022/03/15

本物の芸術は短い文章の中に長編小説に匹敵する内容がふくまれているものである。
  私のレベルになれば本の題名がそのままノンフィクション長編小説になる。
 
 霜里農場物語最終章 2022/01/15
  謝罪し無いことでの愛もあれば、もう無理だ!もう駄目だ!別れを想定しての謝罪もある。ねらないうどんの新井さんと霜里農場との今生での別れである。

  新井さんしばらくです。先日小川さん(事務局員)がおじゃましての対応ありがとうございました。ここで、私の新井さんに対する今までの数々の無礼をお詫びします。世の中の人すべてが奪う人ばかりの中、唯一新井さんは与える人でした。私の偏狭な考えから批判したことをお許し下さい。小川さんより、新井さん霜里農場の金子さんご夫妻のお気持ちは伝わって来ました。今回お伝えしたかったことは、人類救済科学を皆さんで共に広げて人類地球の為に最後のご奉公をしたい、しなければならないと言う思いからです。お三方の想いが伝わって来ていました。もう少し具体的に言いますとビジネスとして普及活動をして頂きたいと言うことです。そのような形をとらなければ広げることはできません。最大限パーセンテージをお示しする所存でいます。どうぞ、ご検討下さいませ。

  以下新井さんより

  おはようございます。金子さんは、五十年間ただの一度も金銭で動いたことはありません。あうんのビジネスに霜里がかかわることはないと思います。小川さんもそのような認識をもたれたと思います。よろしくお願いいたします。    

  私は金銭で動かそうとしているのでは無い。まるで私が私利私欲でビジネス提案していると勘違いしている。どこまで行っても通じない人だ。お金は仕事をするための道具である。霜里農場のあうんユニットの前処理槽の便槽、そのエアポンプ及び汚泥ポンプは私が提供したものである。そうだ!ねらない新井さんが作った手作りトイレの建物の木材の板は私のログハウスの残った材料をやはり提供したものでした。霜里農場が天皇まで呼び寄せたり、何とか賞を与えられたのも結局はねらないさんや多くの人の浄財からではないでしょうか。金を汚いものとして清貧を装う人は巨万の富を手にして尚稼ごうとする人と同じく金に執着して金に囚われている人である。それでは世の中を良くする仕事は出来ないだろう。   ねらないさんは霜里農場の代弁者なのだろうか。その代弁者の立場はねらないさんのお金の力で獲得したものではないでしょうか。私に近づいたのもお金の力では無かったのか、一番お金の力を知っているのがねらないさんではありませんか。

  私がビジネスを提案したのは賄賂のように考えるのは愚かなことです。稼いだお金は人類救済科学を広げるための道具として、どんどん使って下さいと言っているのです。

  その後小川さんに霜里農場の当主、金子さんの意志を確かめて頂いたがやはり、ビジネスはやらないとのことでした。

  謝れと言うから、謝ってみたものの、やはり変わらない。まったく変わらない。しばらく振りのねらないさんだったが、相変わらずの勘違いである。また霜里農場の応接室の金子さんの写真を掲載したが疲れ切った金子さんとその応接室の風景は依然と全く変わらず、むしろそのごみの量は一段と増えたようである。金を笑う者は金に泣く。  

        さようなら霜里農場様
 

<環境は人間の意識と連動している。部屋の荒れとゴミの量はそこに住む人の意識の現われである。金子さんはまるで難行苦行の行者のようだ。難行苦行は悟りの道に非ず。お釈迦様は難行苦行の後菩提樹の下で牛乳を飲んだ瞬間悟ったという。金子さんも部屋をきれいにした瞬間に悟るかも知れない。>
 初夢 2022/01/07
 楽天の三木谷浩史氏が初詣にお参りしている夢を見た。
その神社の神様が、何と柳田大明神なのである。
その時の、お賽銭箱に入れたお金が五円(ご縁)だった。

彼のツイッターに以下のメッセージが投稿されていた。

エネルギーの話は昨年も書いたけれど、「未来」を描く時、今年最大のテーマは何よりも『技術』だ。 日本は基礎技術で国際的な存在感がまだあるがイノベーションを生み出す応用技術の力が弱い。

あるじゃあないか世界最高峰の複合発酵バイオ技術が!

プロダクト・イノベーション(新しい生産物の創出)
従来とはまったく違う、革新的な新商品(新製品・新サービス)を開発すること。
 簡単な話し 2021/12/20
  簡単な話が、今までに縁ある多くの人達と私との根本的な違いは生きる姿勢にある。それは物質金銭欲名誉権力欲に軸足を置いているのに対して、真実の生命の探求から大宇宙の真理に少しでも近づきたいとの希求との違いにある。 別の言い方をすれば、昨今はバレちゃ嫌だなの誤魔化しの偽りの調和がこの世を蔓延して深い闇が包み込んでいるのである。
 
 もっと、わかりやすく具体的な例を挙げれば、手抜きうどんの霜里農場のバイオオペレーターで説明できる。
 
  彼は若くして、人生に悩み苦しんで来たようである。考えに考えて一冊の本を書いた。その本の題名が「人生の構造」である。読ませて頂いたが私には何を言わんとするのか良く解らなかった。ただはっきりと解ったことは、非常に悩んでいると言うことであった。その答えを求めての今のボランティア活動に繋がっているのは間違いないようである。 
 そのボランティア活動には答えが無いと思い、それを指摘したことが今日に繋がっているのである。

  こんなことがあった。   彼の言うことには、「他の多くの人達は、腕を上げて指を指して、あそこへ行くんだと言っても、その目指しているところは、その指先数センチのところでしかないが、柳田センセイは遥か先を目指している」と言ったのである。 又、彼にボランティア活動を辞めなさいと言ってからは会うたびに謝れとの議論に侃々諤々(かんかんがくがく)の連続だったから、その不毛のやり取リに終止符を打とうと、このように言った。私は貴方に良かれと思って助言したが、解って頂け無いようなので、この辺で終わりにしましょう。今解らなくても何時かは解る時がきます。私は伝えるべきメッセージはお伝えしたので、それをどのように受け取ろうと、後は貴方の自由ですと言うと、彼は意外なことを言い出したのです。 「イヤ!徹底的に話し会おう止めてはいけない」と言ったことを鮮明に覚えている。

  私には私の人生があり、それには目的がある。世間の偽りの調和の人生とは分けが違う。だから、ある程度伝えるべき情報を伝えたなら、きりをつけなければならないのである。 ヤクザ渡世の木枯らし紋次郎のセリフにある、あっしには関わりの無いことでござんす、では、あまりにも寂しいである。 人間誰にも光と闇をもっていて、その葛藤の人生でもある。彼の光の魂が闇からの脱出を願って私に議論継続を求めたのであるが、その答えは人から得られるのではなく自らの気づき以外方法は無いのである。

  ところが人間歳を経て棺桶に片足入れるようになると、自然に欲から解放されて純粋な気持ちになる。そうなった時こそ気づきを得て、本当の仕事ができるチャンスなのである。霜里農場のファイスブックには今も

  「東京農業大学」高畑教授ゼミの3人様。 約束時間に30分程遅れて駆けつけると、「俺はしらん!」と言ってた美登が、ちゃんと案内していた。 教授は農大が発売しているジュースや、チョコレートを手土産として持って来られた。案内終了後、そのお持たせでお茶しながら、例の「バイオトイレ」の副産物「エナジー水」について説明。 今年春の、「イチゴ栽培」大成果について話すと、最後は、「その解明」に興味を示し、エナジー水をお持ち帰りになった。 とりあえず、他の作物で試してみるとのこと。 なにせ、ここには顕微鏡とか、研究に必要な資材はまるで無い。 農大で、成果解明をして頂けるなら、この先、「エナジー水」位、幾らでもご提供、OK である。

  終わったはずの霜里農場物語がこうして登場してくるのは、来るもの拒まず、霜里のお三方にチャンスを与えなければならないと、私の魂が命じているのである。
 ブログメッセージ 2021/12/13
 オレのこのブログ百姓雑感は大衆に対してのメッセージであると同時に、あるときには個人に対してのメッセージである。日高市女議員問題は大衆に対してであるが、霜里農場物語は棺桶に片足を入れた三人の老人に対しての極めて個人的メッセージである。 
  
 若い奴は欲の固まりで食欲、性欲、金銭欲、自己顕示欲、権力欲の止まるところを知らない。あの女議員は将にその象徴であり、大方の政治家は大同小異である。それに対して、人間老いるとあらゆる欲はなくなってゆき、より純化して大自然に近づいてゆく。あうんの会のホームページのトップにある、「人間は自然の一部」になってゆくのである。だから棺桶に片足入れたときこそ本当の仕事が出来るのである。
 このオレも棺桶に片足入れたから、あらゆる欲から解放されてゆき、今までの欲の人生の償いをしようという魂の希求が、今のオレを動かしているのである。

  霜里農場の三人の老人の想いがオレにメッセージを送って来ているのである。特に霜里農場のフェイスブックのトップに固定され三カ月に渡ってのエナジー水エコトイレの記事はオレに対してのメッセージであり、矛盾に取り囲まれて、四面楚歌の怒りと魂の希求にさいなまれてのことは間違いないことである。
 
 人間複合発酵 2021/12/03
  博士は地球環境浄化の複合発酵、オレは人間複合発酵を長年実践研究して来た。環境を破壊するのは人間の意識、先ずは人間意識の複合発酵こそ不可欠だとの考えからである。環境の複合発酵はボトムアップの民衆からと、あうんユニットと同時に人間複合発酵を携えて、車の両輪のごとく進めて来た。その成果は如何にと問われれば、まずまずの出来である。ただし、人間複合発酵は環境浄化のあうんユニットと比較して合成融合まで持って行くには時間がかかるのである。

 オレのお浄めの強烈な風は、ブロアーの風を遥かに超えて、相手の魂まで届かんと忍耐強く吹き続ける。愛は忍耐なりと言うが本当のこととつくづく想う。柴又の寅さんではないけど、男はつらい本当につらい死にそうになるくらいつらい。オマケに孤独だ。
 人間複合発酵は近くから遠くへ及ぼせとばかりに近親者から始めて縁ある者をバッタバッタと端からなぎ倒して来た。だから、オレを支えてくれるのは噛みつき犬の甲斐犬ケンちゃんとノラ猫トラちゃんだけだ。
 人間複合発酵は最初に風を送って固定観念化した腐敗想念をバラバラにする。その手法はアメリカのテレビドラマのコロンボ警部のように、相手の矛盾した言動を拾い集める。その矛盾を並べてその人に提示する。するとあまりにも合理的で誤魔化しのしようが無いとなると、怒り出してアニメ巨人の星の飛雄馬の父親星一徹のように、いきなりちゃぶ台をひっくリ返して怒り出すのである。霜里農場の華うどんの新井さんは将にこれに当たる。
 一方は霜里農場の元研修生の○○君のように神がかりとなって、柳田繁吉よく聞きなさい貴方には大蛇がついていると言って来るのである。
 オレの長い人生で、多分もっとも愛した部類のあの二人がである。あの二人はこの世的には頭が良くいわゆるエリートなのだろう。ひとりは埼玉県川越高校から市役所勤め、もう一人は何とか大学から新日鉄へ海外赴任の営業マンから地球環境に感心を持って世界放浪の旅をした経歴の持ち主である。
 その二人も、もうひとりの私、柳田大明神から観れば、単なる馬鹿のオタンコ茄子、迷える子羊でしか無い。神がかりになってこのオレに目覚めよ!なんて言って来た。お前の方こそ私の問いかけに、都合の悪いことはすべて無視を決め込んできては、最後に言うには精一杯やって来たと言う。  

  ここからが最も重要なメッセージになる。彼等は闇の意識エネルギーによって狂わされた犠牲者であり、そのことをオレの人類救済技術のホームページに掲載されて世のさらし者になったのは、ある意味イエスキリストの大犠牲と同じぐらい尊いことなのである。彼等の尊い大犠牲を生かすか殺すかは霜里農場の農場主、金子美登氏の判断からの行動に掛かっているのである。
 
 オールイカレ人類 2021/12/02
 死生観生命観と言っても、多くの人々は分からないだろうから、簡単に解りやすく言おう。現代人は環境破壊から水と空気が汚染され、食品添加物と言う毒物をあらゆる食品に盛られて心身ともに深く病んでいる。別の言い方をすれば大方の人類の頭がイカレてしまっているのである。そのように誘導する地球的な力が厳然として存在していて、それは闇の勢力とその闇の勢力が作り出した闇の社会システムである。その最たるものがお金であり、お金を使って我々人類をコントロールしているのである。その魔の手は我々人類の身体の中にまでコロナワクチンと言う手を使ってさらに入り込んでしまっているのです。
 身近な例で言えば、先だって掲載した霜里農場と日高市女議員が解りやすい実例である。ホームページ掲載はその一部を掲載しただけで氷山の一角でしかない。この雑感の写真は霜里農場のフェイスブックを携帯で撮った写真です。
 新井師匠と、エナジー水発生装置、「エコトイレ」設置場所の下見!としてフェイスブックトップに三カ月近く固定して皆さん読んで下さいとやっている。そのことの意味を霜里農場の元研修生○○〇〇君に聞いたら以下のような説明が帰ってきました。 

 金子さんや新井さんと話をしました。金子さん新井さんは複合発酵、あうんユニットに心底感動して、あうんユニットをとても大切にし、毎日のようにエナジー水を撒いているようです。農場のこれからに希望を抱き、一歩一歩前進しています。この複合発酵を家庭や農場でできる形にした柳田さんに対しても、敬意を持って実践されています。   Facebookに投稿されているエコトイレですが、柳田さんが以前霜里に行った時に小さなローリータンクで福祉施設の浄化槽を浄化していると話をされたようで、そのイメージを施設長にお伝えしたという事のようです。あうんユニットとなると施設の方々が見るには大変なので、浄化槽浄化用ユニットならできるのではないかと話をしてみただけで、まだ具体的な話にはなっていないようです。勿論、もしやってみたいという話になれば、あうんの会を通しておこなうつもりだとのことです。   これが今私が霜里から聞いた話です。私も霜里も博士や柳田さんを裏切るような事は微塵も考えていません。勝手にやって裏で金儲けしようなど、そのような程度の低い考えを持っていると思われているようで残念です。裏でやるつもりなら、わざわざFacebook で公表するでしょうか?これで疑念は晴れましたか?これ以上私にできる事はありませんので、このラインからも退出させて頂きます。  

  この文章の矛盾を気が付かないようです。なんで、それだけのことで三か月にわたってフェイスブックの頭に固定させる必要があるのだろうか、またそのような考えがあるならば事務局へその趣旨を連絡できないのだろうか。もっと、原点に返ればあうんユニット設置までの過程からエナジー水の効果などの多くの記事が突然消えたとのことから始まった今回の問題ですが、フェイスブックやツイッターのSNSがそのように消えてしまうなら、世の中に受け入れられているわけがありません。自ら削除したものを消えてしまったとゴリ押しすることは嘘つきだということです。一つ最初に嘘をつくということはその後も全て嘘で信用が置けないことになり、その後の会話が成り立たず今後の交流ができないということになります。

  しかし、一方では「金子さん新井さんは複合発酵、あうんユニットに心底感動して云々」と言っています。彼は若くこれからの人生ですので○○と仮名にしてありますが、上記の文章から彼を考えても、切り捨てや飛躍があるのを感じてならないのです。彼を大切に物心両面で支援してきたが、私の善意はまったく通じませんでした。彼の矛盾を山ほど指摘してきたが理解できなかったようです。それはとても残念なことです。一方霜里農場はそれに増して偽りの館ですが、欺瞞の有機農業で真の農を混乱させてきた彼らの罪は重い。彼らに残された時間は少ない。素直な気持ちでありのままに複合発酵あうんユニットに心底感動してと言うのであればこの先に少しは可能性あると思います。それは彼ら彼女の勇気ある一歩にかかっています。
 
 死生観・生命観・宇宙観そして神仏 2021/11/30
 先日博士のところへ行って来た。博士にお会いするときには幾つかのテーマを考えてから行くのだが、何故か今回は何も考え無い自然体が良いと感じての訪問だった。
 すると始めに博士から霜里農場の関係者??からの電話がありましたと言われた。続けて、何も聞かなかった、話し始めて直ぐにストップをかけてそのような話は聞きません!と言ったそうである。
 すると何も考えていない私の口から、とっさに次の言葉が出ていた。今まで縁あり私に絡んだすべての人をここの博士の前に呼び集めていただければ、私ひとりで彼等全員との対話に応じますと言っていた。
  すると博士は言われた。良いとか悪いの話で無く、それが世の大多数の人々の現実ですと言われた。私と柳田さんが他の人達と違うところは死生観の違いにあると言われた。

 死生観とは死ぬこと生きることへの考え方である。死生観から生命観さらに宇宙観その先に神仏観に至るのだと思った。
 死生観の違いから、この物質世界での生き方考えが、全くちがってくる。政治家から民衆に至るまで、権力からお金や物中心に汲々となり、自己顕示欲の為すままに生きているのである。
 博士と私は幼くして死と直面した体験が彼等との違いを決定的にしているのである。このままでは大きな天変地異が来ると言われた。
 博士は天命のままに生きてベストを尽くされるだろう。私も魂の声に従って進み続けて行くだけである。


 そして帰りがけに、柳田さん来世も一緒にやりましょうと言っていただいた。そして岐路についた。 
オレはヘビで無いヤギだ! 2021/11/21
オレはヘビで無い!ヤギだ!。
噛んで噛んで噛みまくり、さらに一度胃に収めたものをもう一度ゲップと口に戻して、更にかみ続ける反すう動物だ。
更に本当のことを言えば四つ足動物の肉はほとんど食わない。何故なら血液が汚れて意識のスピードが遅くなり馬鹿になるからだ。オレが豚を飼っているのは複合発酵の菌床を造る為だ。

こんなオレだが二足歩行の人間の意識は食う。やはり噛んで噛んで噛みまくり微塵の嘘や誤魔化しも逃さず感じてしまう。このところの霜里農場物語や日高市女議員の誤魔化しも手に取るように見えてしまう。

今、複合発酵の菌床の力が以前より飛躍的にレベルアップしている。それはありのままの真実な生き方をしているからだ。歳は75歳を越えて後一月もすれば76歳だ。天涯孤独の一人暮らしで最近は足の筋肉が萎えてフラフラ足もとがおぼつかない。しかし、精神はより強靭になり何時でも自爆テロを決行出来そうな気がしている。
 
 あうんの会事務局員神がかり 2021/11/20
 あうんの会事務局員の○○君が向こうの世界へつながってしまったので会話不能となってしまいました。これ以上事務局員を続けることは彼の精神の平衡を保てなくなり不幸な事態を招く恐れが出てきました。それを避けるために彼との関係を断つことに決めました。

 ○○君は霜里農場の元研修生であり、霜里農場があうんユニット導入したきっかけとなった人でもあります。そうした縁での出来事です。
  ○○君が唐突にお金の話をしてきましたので、その説明をラインの事務局メールでやり取りする中、いきなり以下の文章を送ってきました。


 本物の柳田繁吉よ、聞きなさい。

 あなたには大蛇が取り憑いている。その大蛇はあなたの意志と反して、全てのものを分裂し、破壊している。あなたを救おうと集まる人々をことごとく傷つけ、遠ざけている。これは柳田繁吉のやっている事ではない。大蛇のやっていることなのです。本物の柳田繁吉よ、この大蛇の存在に気づきなさい。荒ぶる大蛇は闇の勢力の仕業だと本物のあなたを疑心暗鬼にし、人を信じることを拒ませている。
 本当のあなたは暖かく、愛情に溢れ、優しく素直で勇気に満ちた人だ。それはあなたの農園に訪れたなら、誰でも感じることです。あなたの求めている喜び、感動、信頼、輝きに満ちた世界を、あなたは既に手にする事ができるのです。あうんの会、あうんユニットの会員、単独槽の利用者、霜里農場の人々など、あなたのもとには既にたくさんの人々が集い、あなたを支え、あなたの想いに惹きつけられて現実を創ってきました。あなたはこれを1人でやったのではありません。1人でやったと言うのは大蛇です。皆でやったから今があるのです。1人でやるより、皆でやることでどれだけ多くの幸せを得られるでしょうか。本当のあなたを疑い、怨み、憎む人など誰もいないのです。これは大蛇の作る幻想です。皆あなたに巣食う大蛇に阻まれ、残念な思いを抱えているのです。

 大蛇よ、私にはお前の存在が見えている。今すぐ立ち去れ!本物の柳田繁吉よ、目を覚ましなさい。本当のあなたを歩みなさい。あなたは既に、あなたの求める全てを手に入れているのです。大蛇を睨み、大蛇を振り払い、光の存在に戻りなさい。目覚めて前へ進みなさい!


<悪魔祓いエクソシストの映画がありました。まさに十字架の光に苦しむ悪魔の話ですが、実際似たような多くの体験をしてきました。闇の意識エネルギーが複合発酵の光のエネルギーにはじかれる現象です。私の農場が複合発酵を導入を決めたときに博士が言われました。柳田さん今後農場には変な人は来なくなると、まさにその現象の連続でした。当人は柳田が闇に取りつかれていて自分は正常と思っていることに難しさがあります。それは。その人の意識の中に闇の意識エネルギー直接入り込むので、自分から出たもののように感じることです。一方この技術を活用することにより、争いの無い人類の恒久平和を実現できることを確信するようになりました。地球環境を取り戻す複合発酵と同時に人間の意識を変えてゆくという物質世界と人間の意識を同時に浄化できる真理です。そうした意味で今回の単独槽のアイデアは、天からの導きと考えています。>


柳田ファーム様、


 初めまして。高知県四万十町にて、家族で祖国作りをしながら自給暮らしをしている、○○○○と申します。
HP拝見しました。
 大好きなアナスタシアのことがたくさん書いてあり嬉しくなりました。そして、手軽に導入できる単独層の開発と価格設定、本当にありがたいです。我が家の離れに設置したく、導入を考えています。
 これから、譲っていただいたコンテナを設置し、DIYで周りに屋根やテラスをつけ、水洗トイレを作り、あうん槽を設置、という流れなので、
 半年後くらいになるかと思うのですが、
 必要な穴の大きさや、トイレとの距離や高低差など、全体のデザインをする際にあうん槽の位置も一緒に考えたいので、
 必要な情報を先に知れたらと思い連絡させていただきました。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 
<アナスタシアにより大宇宙の真理を学び、さらに一族の祖国という名の楽園造りに人類全ての問題解決が抱合されていることを知り、さらに究極の微生物技術を具体化したあうん単独槽のアイデアがアナスタシアの夢の実現の柱になることを確信しました。新たな地球の夜明けに向けての体制が整ったことをお知らせするものであります。>  
 美徳という名の落とし穴 2021/10/06
 現代人は見せかけの調和にならされて、美徳という名の口封じの罠に入り込んでいる。その結果、心に闇を抱え込んで、内側を見せまいとして、偽りの生き方をしている。 赤信号皆で渡れば怖くないと集団になり、環境や政治問題など大きくてあやふやな、とがめられる心配の無いことに、声を上げるが、身近な問題には何も無かったように装う。
 家族や友人、近隣者など身近な人との日々の問題こそ、天がその人に与えた問題解決への重要な課題なのである。 霜里物語、市議会議員、双方ともに必然の縁の中で、個人的性癖から具体的問題へと表面化したもので、これらの問題を解き明かすことこそ、相手を大切にし、根本的な気づきを促す、人間としてのあり方だと確信しているのである。
 赤信号の例えよろしく取り上げやすい問題は、人間の魂の気づきや人間としての成長にはつながらない。個人と個人の本音のぶつかり合い、怒り悩み苦しむことがその人を根本的に救い出すのである。
 ありのままが良い、正直が良い、自分の未熟で駄目な部分もすべて表にだして良い。失敗しても良い。恥をさらして後悔して始めて変わることができる。本当の勇者とは、それが出来る人を言うのでは無いだろうか。
 松尾まよか日高市議会議員とのSMSでのやりとり(4) 2021/10/03
 今回の総括させていただきます。正直言って貴女のSNSに目を通して感じるのですが、日高の為だとか水と緑の会派を標榜し、緑と清流を守るというのは口先だけでインタビューもSNSの発信もすべては選挙運動が目的でやる気のない事が明らかになりました。 
 
  私の至らない点について諸々ご指摘くださり、ありがとうございます。精進いたします。この度は申し訳ございませんでした。これからもますますのご活躍をお祈りしております。  

  上記のメールを送ってきました。一刻も早く私の追求から逃れたいということでしょう。ご主人のあうん単独槽の導入の約束を反故にして、農家の見学のこともそのまま、私が渡したペットボトル2リッター入り30数本の試験結果の返答もなく、また余ったものの返却を伝えたのにもいまだ返されていません。

  松尾議員の言動は私の理解の範疇を越えています。ご自身で反省したと言われるように、精進して世の中を勉強してから、再度議員になったら良いと思います。SNSを活用して、議員の立場を利用してのスタンドプレーが目に余ります。貴女が政策の柱にしている緑と清流の究極の技術に出会っていながらにして、この混迷ぶりにはあきれ果てました。
 私はこんなにも日高のことが好きで一生懸命仕事していますはジェスチャーだけで、全く汗を流す気持ちは無いようです。汗を流すのはパソコンでキイボードを押すことぐらいでしょうか。弾みで、いきなり議員になってしまって調子に乗りすぎです。何がまよかが行く!だ、何処へ行くつもりですか、日高市の議会はお爺ちゃんばかりだと私に言いました。私も75歳の爺さんです。人生経験ある者をなめてかかるんでない。遊んでいながら500万円の日高市民の血税を懐に入れ戯けた言い逃れは通用しません!
 もう一度言います。貴女が私との今回の出来事は議員としての最も重要な公務です。議員を辞めて私の農場にボランティアで来なさい。私が鍛え直してさしあげます。
      
                                                          柳田ファーム 柳田繁吉

  世の中を変えるのは政治からだと思われるでしょうが、権力の座につくと自己保身に汲々となり、大局に考えようとはしません。上から下へのトップダウン方式でなく、下から上へのボトムアップ方式です。このホームページを訪問してくださった地元の皆さま、私のエナジー水を無料提供します。ポリ容器なり、ペットボトルをお持ちください。差し上げますので実験してみてください 。柳田 携帯 090-3007-4120までご一報ください。  
 
 松尾まよか日高市議会議員とのSMSでのやりとり(3) 2021/10/02
 9月5日
 勘違いしているんじゃあ無いでしょうか。
 いきなり市議会議員なったら自分中心に世の中は回るものだと思われているようです。それは大きな間違いです。
 ご自身の言動には一つひとつ責任を持って下さい。
 返答をお待ちしています。

 ご不快にさせてしまったようでしたらすみません。
 柳田様のご期待通りに動くのは私には難しそうです。力不足で申し訳ありません。
 素晴らしい技術だと思い、応援させていただけたらと思いましたが、私も子どもや家族をかかえながら、今は議会も会期中で、お返事も遅くなってしまいました。
 今回は力不足で申し訳ありませんでした。
 またご縁がありましたら、改めてご一緒させていただけたらと思います。

 素晴らしい技術だとのこと、一番重要なところです。私が提供したエナジー水の試験結果から言われているのだと思います。そのことをお知らせ下さい。
 子供や家族をかかえての会議中で忙しいとのこと、貴女が議員になられたのは何の目的なのですか。お金を稼ぐ職業の為ですか。1年間で議会に縛られるのは一月未満25日だそうです。後11ヶ月間は市民に会って情報集めとのこと、それでいて議員報酬は5百万円とのこと、貴方が私のところへ見学やって来たのは情報集めであって全くの公務です。
 インタビューは貴方に取って都合悪くなるでしょうから、やりたく無いでしょう。私も貴方に話しても、解って頂くのは無理だと思いますので取りやめ了解です。しかし、私が預けたエナジー水のことの返答は下さい。又余ったものは返却下さい。

 すべてホームページで説明しております。私の情報発信を見ていただいたうえで、またご連絡いただけましたら幸いです。
 インタビューは私の都合やそのようなものではありません。柳田様よりこのようなメッセージをいただきなおお願いするものではないという判断です。
 とても素晴らしい技術をお持ちでありながら、このようなやりとり、非常に残念です。

 松尾さん噛み合うように、一つひとつ確かめて確認しながら理解しあえるようにしましょう。ホームページのアドレスと、何処を見たら良いのでしょうか。お知らせ下さい。

  言葉足らず失礼しました。ご指摘のような議員の仕事時間や内容、私の議員としての姿勢については、ホームページの「まよかが行く!」動画ほか随所に記事にしております。もしご興味いただけるようでしたらご覧ください。   日高の、そして地球の水と緑と生き物達を守るために、とても期待される技術と感じております。   微力ながら応援させていただけたらと思いましたが、ご評価いただけませんでしたこと、申し訳ありません。   柳田様の期待するスピード感にお応えするのは、今後も難しいかと思います。また、こんな私でもお役に立てるような機会がありましたら、お声がけいただけたらと思います。これからも頑張ってください。  

 ホームページで説明していると言うから、複合発酵の試験結果だと思ったら、何処にでもある、うたい文句の緑と清流だけの話では無いですか。とっくに見ています、がっかりしました。   その緑と清流が危機状態だからこそ、私の活動している技術が抜本的解決の可能性あると言うことでの柳田ファーム来訪では無かったのでは? 

 本当に言葉足らずですね。姿勢に言動がついて行くようにお願いしたいです。  

 9月6日
 インタビューの件ですが、小学生でも分かることで、約束は守りましょうの簡単な話しです。
貴女さまは私の都合も聞かずに、自分で決めた日に固執して、私が従わなかったから、お怒りになられたのです。その時に8月にならないと撮影する人の都合がつかないと言うので、待っていたのですが、知らん顔でしたので9月に入ってから、私から連絡すると、柳田さんから連絡が無かったからだと言うのです。貴女さまが依頼したことなのに、そのような理屈に合わないことを言われるのです。
事前に質問内容を知らせると言ったのは貴女さまですが、それも届いていません。私に言ったことも約束もお忘れになったのです。忘れると言うことははなから眼中にないと言うことでしょう。権力の座についた政治家の傲慢ほど醜いものはありません。


 評価とスピード感ですが、評価は具体的な行動からの成果あって始めて評価するものです。貴女さまの行動と成果はまだ見えていません。
1年の11ヶ月間が自由のお休み期間の貴女さまが、半年、数ヶ月もかかっても無視していながら、スピード感うんぬんは理解できません。電話やメールでエナジー水を何処どこに配りました。その結果こうでした。と私に連絡するだけなのです。
まったく負担になる話ではないでしょう。まして、貴女さまは素晴らしいものと、もうすでに結果を解っておられるのですから。
本当に政治家を目指しているならば、他の何より優先しなければならないはずです。素晴らしい技術だと貴女は解っていながら、放っておくと言うより、忘れていたのです。


 私の至らない点について諸々ご指摘くださり、ありがとうございます。精進いたします。
 この度は申し訳ございませんでした。これからもますますのご活躍をお祈りしております。
松尾まよか日高市議会議員とのSMSでのやりとり(2) 2021/10/01
 松尾 万葉香  Mayoka MATSUO 
 Phone: 080-4449-7858
 Email: mayoka.matsuo@gmail.com
 HP: http://mayoka.info/
 Link :https://linktr.ee/mayoka

 7月8日
 道谷農園さん、のりのりよしよし農園さん、8月に見学希望です。また追って日程調整させてください。

 了解です。

 私が議員として、日高市民にインタビューをしてその動画をYou Tubeで公開するというコンテンツをやっているのですが、柳田さん、ご出演いただけたりしますか?
 https://mayoka.info/archives/1540

 7月9日
 了解です。
 始めての体験ですが、インタビューの質問内容は未然に知らせていただけるのですか?ぶっつけ本番の場合は適切な返答が出てくるか?それとも編集で調整出来るものなのか?いずれにしろ、人生の目的を果たすために出来ることは何でもやるつもりでいます。

 ありがとうございます!
 事前に質問内容お送りします。あとから簡単な編集も可能です。
 7/15午前中はいかがでしょうか?

 来週は予定がありますので、後日に調整します。その前に質問内容をお知らせ下さい。
 カメラを回してくださる方の都合で、来週だと助かりますが、難しいですか? その先だと8月末になるのですが、できれば早めに撮れたらと思っています。

  8月31日
  松尾さん その後どうなりましたか? 単独槽100Lを導入するとのこと準備が出来ています。

  9月1日
  お世話になります。 インタビューの件と農家見学の件はどうなりましたか?

  単独層について、ありがとうございます!この件は夫なので話します

  インタビューの件は、柳田さんからの連絡待ち状態でした??  

  農家の見学は、セットしたいですね!議会準備に追われて頭がそちらに回っていませんでした。。。 農家さんは雨の日のほうが動きやすいのかな?声かけてみますー

  9月2日
  私にも都合というものがあります。事前の質問内容も届いていません。 エナジー水を数十本お渡ししたのはどうされましたか。お知らせ下さい。

  9月3日
  承知しました。ではインタビューは一度リセットしましょう。お忙しいところありがとうございました。 エナジー水は、身近な方々にお渡ししています。 特にまだご感想はお寄せいただいていません。あまり急かしても良くないかなと思っています。

  9月4日
 インタビューはお受けします。松尾さんから提案されたことですから、ここで止める理由はまったくありません。事前質問内容は無くても良いです。また編集無しでお願いします。
  以前に頂いた動画はわずか1週間で結果が出てます。私の考えている量のわずか二十分の一の100ccの量でです。その結果を私に知らせるのに半年以上かかっています。 配っただけではいつまで経っても回答は得られないでしょう。早急に聞いて下さい。
   
 松尾まよか日高市議会議員とのSMSでのやりとり(1)2021/09/30 
  地元の松尾まよか市議会議員とのエナジー水の浄化にかかわる一件である。

 松尾まよか議員からの2021/04の「水と緑の会通信」より、私の取り組みを伝えるために連絡してからしばらくしてからの柳田ファーム訪問だった。松尾議員のご主人から、以前より柳田ファームのことは聞いていて、何時か見学してみたいとのことだった。

 

 松尾議員に初めてお会いして、日高市に住まわれてすぐ(2019年春)議員に当選されたのは何故ですかと問いかけると、早稲田大学卒業と日本IBM(株)入社の経歴だと思いますと言われました。 当時貴女は言っています。

 1743
票(4位)という信じられない得票数で当選させていただきました。地盤なし、組織票なしの、絶対ムリと言われたところからのスタート。結果を見るまでは、祈るような気持ちでした。
 
 
私的には、若い女性の自転車に乗った選挙運動での勢いで、議員になってしまったのだと内心思いました。要はいきなりスターになってしまったのです。そのスターにありがちな典型が貴女様です。先入観を持っていただかずに、貴女様とのショートメールのやり取りそのままを掲載して皆さんに判断していただきます。 

 
 そして以下のようなメールのやり取りが始まった。
  (赤字が松尾議員)
  7月2日
  昨日は、ありがとうございました! 早速いろいろ動いてみています。 日高のイオン有機農場さんとやれたら面白いなと思ったら、こんな助成を見つけました。
 リンクはこちら
  来年度、たとえばイオン農場や巾着田で、実験場をつくるとかはどうでしょうね!

  2021年7月3日(土) 4:19 柳田 繁吉 siyana@maple.ocn.ne.jp:
  松尾 様
 イオンはテレビでよく目にしますが、今回初めてネットで見ますと多岐にわたって環境問題に取り組んでいることがわかりました。
 今までの経験から、私のやっていることは他とは違い次元を超えていることなので、大きな組織に対しては不信感を根食い切れません。
地元議員さんである松尾さんが窓口ならば可能性があるのかなとも思えてきました。日曜日お待ちしています。

  7月3日
 ありがとうございます。 昨日、いただいたエナジー水を横手区長にお渡ししました。 ご自宅の浄化槽や畑でいろいろ試されると。   横手神社の宮司がとても協力的でいらしてくださっています。 彼にもエナジー水を差し上げたいので明日いただけますか。   カフェてんせんの奈良さんが、実験結果を資料にしてくれたので添付します。   Before&Afterの動画もあります。 見られますか? 
  (カフェてんせんの奈良さんの実験結果とは昨年10月のことです。)

  豚の惑星 2021/09/23
 猿の惑星という言葉がテレビから聞こえた瞬間、電撃のようにひらめいた。それは豚の惑星という言葉だった。予知能力とはこうしたものを言うのだろうか?その言葉をたぐっていくと数万年後の地球が見えてきた。

 そこは理想的な命あふれる世界だった。まさに桃源郷の蜜が流れる川のほとりで豚の家族達がピクニックなのだろうか何か美味しそうなものを食べている。そばには何か不思議な形の車が止まっている。空も飛べるようであり、何とエンジンが無い。従って排気ガスは出たくても出ようが無い。空にはUFO のようなものが色とりどりに飛んでいる。まるで七色の風船が飛び交っているようでもある。
  オレはマルコというジェントルマンの家に招かれていた。そこは1ヘクタールぐらいあるだろうか、住宅というよりも素晴らしい楽園だった。トイレを拝借すると、そこはマイナスイオンのエネルギーに満たされていて、思わず深呼吸するとなんか寿命が延びるような気がした。
 古文書によるとその技術は「あうん単独槽」と言い数万年前に人間の惑星だったころ、柳田大明神と名乗る変な百姓男ががいて、高嶋何とか博士の複合発酵技術を使って考え出したものだとのことだった。
 素晴らしい楽園のエネルギー源は豚の糞尿をあうん単独槽でエナジー水に変えて、UFO式バキュウムカーでミステリーサークルをつくる原始的なエナジー水散布機で噴霧しただけのローテクノロジーの話だった。 しかし、複合発酵という大自然の深遠な生命情報という愛の法則により、トンコレラという致命的な病気の無い世界でもあった。(愚かな人間世界のトンコレで全頭殺処分など論外で、まさに天罰が下ったのである)
その様な 一切の苦悩無き世界のようだった。
 ふと疑問がわき上がった。何故このような地球になったのだろうか?

 するとタイムマシーンに乗ったのか、らせん階段状の渦巻きの中ぐるぐると落ちてゆき気が遠くなった・・ふと気が付くと、人間の惑星西暦202?年らしい?大天変地異の真っただ中、遠く富士山から赤い火が激しく噴き出している大地はぐらぐら動いている。すると誰かが豚達を小屋から解放している。
 貴方達は自由だ、貴方達自分自身の力で生きていくのだ。と言って豚に別れを告げている。良く見るとそれはオレ自身ではないか?そして雷鳴のような声が聞こえた?神の声か?お前の豚達から新たな新創世記が始まると・・
  確かに今オレは豚達にあうんユニットのエナジー水をホメオパシーのように少量飲ませている。肉は最高だけでなく性格が穏やかになり、確かに何か深い思索にふけっているようにも見え、精神的な進化をしているのだろうか?宇宙エネルギーを取り込み撹睡つまり悟りを開き、人間無き新たな地球の未来を思っているのかも知れない。
 
 それから又タイムマシーンの渦巻に飲みこまれ、フト気が付くとオレ自信が豚になっていた。何時か見たような、そうだ宮崎駿の紅の豚のトレンチコートに山高帽子、顔にはサングラスのあの出で立ちだった。オッ!風の谷のナウシカがやはり豚になってオレのそばにいるではないか!どうやら人類救済技術複合発酵の普及への貢献で大いなる進化を許されて豚になったようだ。そして宮崎アニメ風の谷のナウシカの真実を伝えてきたことでナウシカがオレに惚れてしまったようだ。其処でのオレの仕事は映画監督だった。ナウシカはオレの女房になり又世界的大女優になっていた。
 
 そして、世界的大ヒット映画、不朽の名作「豚の惑星」人類滅亡から豚の惑星誕生までの、真実に基づいた一大スぺクタル映画で、世界中に大反響を起こし名監督としての地位を不動のものとしていた。

  一にも二にも、あらゆる問題の解決は“風の谷のナウシカ”のメッセージ.、・・その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし、失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん・・。それを実現するのは、天からの閃きでから生まれた技術“あうん単独槽”そのものなのです。

 <絵本作家まちさんが、この豚の惑星を絵本にしたならば、あうん単独槽が一気に広がり、地球そのものがパラダイスになるに違いない。あうんパラダイスに!>

 複合発酵あうん単独槽イラスト製作過程(2) 2021/09/23
 ここでLINE絵本プロジェクトを立ち上げて情報交換グループをつくった。

 絵本プロジェクトに賛同ありがとう<(_ _)>ございます。
 毎日が闘いの連続ですが、このラインでは純粋な子供のこころになってやり取りしたいです。
 まちさんの描いたものを見ていると幼い頃の素直な気持ちが蘇ってきます。今度生まれ変わったなら絵本作家になりたいです。その為にもいろいろ教えて下さい(^ー^)宜しくお願いします。
 あ!それから柳田大明神と言うのは私の願望です。大宇宙は意識ですから、究極を目指していますm(_ _)m

 グループLINEへの招待ありがとうございます??
 純粋なこども心?すてきです、どうぞよろしくお願いします!
 自然が大好きで、自然と生きるということをテーマに、色鉛筆の先っぽから命を吹き込むように描いております。
 今回、私の絵を使いたいと思ってくださったこと、光栄に思います??
 ひとまず、複合発酵の循環の絵を本描きしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します????

 そして、完成にこぎつけました。

 完成を見て、より良くなりました。
 太陽と月を加えたことで一気に宇宙的な広がりを見せて、循環は宇宙との密接なつながりがあることのメッセージになリました。まちさんの意識は宇宙的であり、霊妙な世界に届く深さを持った人だと分かりました。いずれにしろ、芸術の世界は無限の生命世界の真善美を表すことですので、いつまで行ってもこれで良いということはありません。生命は進化成長ですので、今回は現時点での完成として、次につなげて頂けたらうれしく思います。

 <複合発酵にかかわる者は意図の純粋なことが絶対条件である。複合発酵が上手く機能しないのは不純な意識があるからだ。昔博士が言いました。「豚の浄化プラントを立ち上げたなら変な人は来なくなる」と言われましたが、そのとおり極端な場合は十字架に苦しみ喚き声をあげるエクソシスト現象のようなものをみせられてきたのです。私たちは自然の真善美を現す努力を怠ってはなりません。絵本作家まちさんはその条件にかなう人なのです。いつの日か「豚の惑星」の絵本を書いて頂きたいと思っています。今後大いに活躍して頂けるでしょう>
複合発酵あうん単独槽イラスト製作過程(1) 2021/09/22
事務局員である天野さんの紹介で、まちさんと言う名の絵本作家に出会った。
あうんユニットをイメージしたイラストの作成をお願いするためである。

天野さん、
今日は本当にありか゛とうこ゛さ゛いました。
夫婦共々、とても心か゛肥やされたホクホクした気持ちて゛いっは゜いて゛す。
帰りの車て゛も、夢のような生活た゛ねって、本当に理想的な暮らしを現実に実行してるのってほんとに素晴らしいって、尊敬するは゛かりた゛ねって話し合っていました。
全て心地よく循環していて、子と゛もたちもほんとに逞しく健やかに育っているのか゛素敵て゛…
あの場に生きるすへ゛ての命か゛いきいきと輝いていました。
巡る美しい円の形か゛浮かんて゛、イメーシ゛か゛とても湧きました。
今日お伺いて゛きて良かったて゛す。絵を描くのか゛楽しみて゛す??
大切に、大切に巡る命を吹き込みなか゛ら描かせてもらいますね?????


 そして、最初のイメージしたものが右写真である。
 
 私は天野さんに感想のメールを送った。絵本は子供が見るものですから、子供が共感しなければなりません。大人が見ても大人の心を清めさる力があるような気がします。その絵本の内容が複合発酵なら聖職者のお祈りよりお清めの力があるはずです。
 まちさんの絵を見ていたら、いろんな思いが浮かんでは消えてゆきます。
  描かれた絵にある太陽と月は地球にとって重要な陰陽エネルギーです。微生物の好気と嫌気のエネルギーと深く関係あります。
 動中の工夫で絵本の構想を練っていれば良いアイデアが浮かんで来ると思います。いつの日かあうん物語の絵本を書いて頂きたいですね。
 絵コンテつまり原画からアニメ製作のことをテレビで見たことがあります。完成されたものより原画の方が純粋であったり、メッセージ性あふれていたりします。
そう言う意味で、大人の絵画より子供の書いたものの方が優れていることがあるものです。
まちさんは大人の絵画を充分に描かれるでしょうが、子供の心になって描いていることが伝わってきます。この絵を見て分かりました。この絵の素朴な色鉛筆タッチの絵が私は好きです。この延長で練って描いて下さい。また機会があれば柳田ファームにお連れ下さい。今回の単独槽が複合発酵普及の切り札になると感じています。

 まちさんの絵を見てのアドバイスをさせてもらうとすれば、絵の中心部分が便槽二つ並んでいますが、少し工夫が欲しいところです。

 単独槽一つにして、その中に複合発酵の特徴である共存共栄共生の微生物が手をつないで輪になったようなものを入れると良いかもと感じました。ただあまり小さく微生物を描くのは絵的に無理がありますので可愛い菌ちゃん三匹(^ー^)ぐらいが手をつないで輪になったものとか、中心部分を工夫してもらうと良いかもしれません。アナスタシアは微生物を小さな良い子ちゃん達と言っています。マンガチックな微生物三匹如何でしょうか。  
 大きな目的の人生と偽りの調和の人生 2021/09/19
 私は人生において、気が付いたら、限りない大きな目的の人生を歩み始めていた。人類救済科学の普及と言う将にドンキホーテである。
 本気になればなる程、孤独になリ、幼友達から学校友達、身近な親戚から遠縁まで交流が途絶えてしまった。さらに自らの意志で隣近所から区の行政まで縁を絶った。さらに目的を歩みながらの同志と信じた者にも裏切られ、後ろ足で砂をかけられ続けて来た。

 しかし、その度に私の精神はより強くなって行くようであった。なぜそのようになるかと言えば、大方の人は本能的に偽りの調和の人生を選んでしまうからである。
 そのような人々の社会が:今日の環境破壊を起こした原因そのものである。赤信号皆で渡れば怖くないと同様、弱い人間ほど群れるのである。そうなると余計に卑怯で、ずる賢くなる。ちょうどオオカミのように集団で獲物を狩るのと良く似ている。最後はヤクザが徒党を組むのと同じで、弱い者いじめの世相は社会が生み出したものである。

 昔から先人は、近くから遠きに及ぼせと言い。先ずは自分を大事に家族を大切に、さらに隣人から人類愛に広がるのである。
 自分を大切にすると言うことは日々の小さな問題をおろそかにせずに一つひとつ答えをだしていくことが極めて重要なのである。それをお座なりにしているから、大きな問題に出っくわしたときに、全く解らずに迷走し、人の善意を悪意と取り、そこは狂の世界となるのです。

 偽りの調和の生き方は,当面は楽でしょうが必ずその付けは回って自分に返ってきます。だから私は嫌われることが解っていても相手に伝えるべきことはしっかりと伝えます。
 伝えて解るかわからないかは相手の問題で、私は義務を果たしたと後は一件落着で忘れることにしています。

 人生に目的をもった人は見せかけの調和に妥協しない。私の人生哲学の答えは時間の経過ではっきり答えがでます。例え地獄に落ちようと、私は今の生き方をまっとうします。
 柳田大明神 2021/09/08
 幼い頃から闇のエネルギーに幾度となく襲われて来た。誰に言っても理解されないだろうから、親にさえ言わなかった。その時の気持ちはあの名画「ムンクの叫び」のような状態である。その時間が長引けば発狂して自殺するか、耐えたとしても一気に歳を経て100歳を越える白髪の老人になっただろう。ご六歳の男の子がである。

 その時、天を仰いで祈った。すると天から陽気が降って来た。底なし井戸に引き込まれるような陰気から引き上げてくれた。何時しかオレは一切の苦悩無い世界で生きたいと思うようになった。
 博士に縁を頂き人類救済科学を知った時、このチャンスを生かし働けば、もしかして神になれるかも知れないと思った。そして、あうんの会を立ち上げ活動に入った時から、柳田大明神と自ら宣言するようになっていた。そして、アナスタシアを読んだときに、さらに納得した。人間神の子であり、神の力、資質すべてを与えられていることを心のそこから知ったのである。

 大宇宙は意識である。ニュートリノ、ダークマター、ダークエネルギーは意識から生まれる、意識こそ最強のエネルギーだと知った。お釈迦様もイエスキリストも教えを説いたが全く世の中は良くならない、悪くなる一方である。 ならば、オレがやるしか無い。オレには二つの武器がある。高嶋博士の複合発酵とアナスタシアの叡智があるからである。だから、自分に言い聞かせている。タイガーマスクじゃあ無いが、お前は虎だ!虎になるんだ。お前は神だ!神になるんだ!柳田大明神に! オレは何時しか一般人とは考え方が違うようになって行った。

 普通の人達は赤信号皆で渡れば怖く無いが、赤信号怖いけど渡るしか無いから一人で渡る。いつも綱渡りで危険と隣り合わせのタイトロープの人生である。
 霜里農場物語十(昇華) 2021/09/01
 仲間に次々裏切られ、それを慰めてくれたのが ねらない華うどん の新井氏だった。その新井氏に以前の人よリ、さらに輪をかけるように混乱させられた数年だった。この雑感霜里農場物語を書いているうちに、いつしか、私の怒りの感情が消えた。ただ消えただけで無く、天に上がり花と咲いて、昇華したのである。

 それは大局的な目で見て判断出来たからかもしれません。新井氏も霜里農場の金子夫妻も迷える小羊であり、本当の敵は宇宙的な闇のエネルギーだと言うことです。
 私が複合発酵の真理のように敵を味方に毒を薬に汚いものを清らかにとの考え方に至った時に、花が咲き昇華したのです。今回の霜里農場物語に着手したときに、止めた方が良い。もっと前向きに柳田さんらしくと関係者より言っていただいたが、それは違うと思いました。私はありのままの自分で良いと思っています。

 良くも悪くも自分を偽って見せる必要は無い。私はこの低度(ていど)の人間です。立派な人間になろうとしたのですが、私には無理のようです。だから長所短所をもった個性と癖のある道具としてお使い下さいと天に祈ったら、声が聞こえたのです。お前は正直なやつだ。ならば、役立つ道具として使ってやろうとなって、高嶋科学普及の先頭に立たせて頂いているのです。 

 ねらないうどんの新井さん、霜里農場の金子さんご夫妻、お三方は良い人ではあるが弱い人なのです。私と違うところはありのままでなく、見える物質世界の栄誉賞賛を求めて虚構の人生を送ってこられたのです。その結果「世界をより良い場所にするために活動を重ねている人々やその活動」 を称える国際的な栄誉賞である“Lifetime Achievement Award” (生涯功労賞)を授与されたのです。その賞は闇の勢力がある意図を持って作った賞なのです。

 霜里農場の中でお三方は複合発酵は良い、エナジー水は素晴らしい、これからも続けていきたいとおっしゃっています。人間は光と闇が入れ代わり立ち代わり入れ替わっています。彼らの光の部分の良心がそう言わせているのです。
 お三方ともに70歳を越えて棺桶に片足が入れておられますが、今ならまだ間に合うかもしれません。過去の罪を悔い改めて人類救済科学普及に残り少ない人生を捧げるのです。そうすれば今からでもあなた方を受け入れて差し上げます。そうでなければ、今のあなた方にもう係わりたくありません。早く過去のものにして忘れたいのです。そして前へ進みたいのです。
 霜里農場物語九(狡猾な蛇) 2021/08/31 
 大宇宙は意識である。人間個々人もカルマと言う独自の意識エネルギーを纏っている。その個々人の意識エネルギーに闇の意識エネルギーが憑依して来る。今回のことを、もっと解りやすく言えばエクソシストを地球人類的に広げたような感じだ。
 
 私は幼い頃からその意識エネルギーに何度となく襲われて来た。そのことを言葉で表現するのは難しい。肉体的苦痛ならまだ耐えられよう、限界を越えたら気を失うと言う救いがある。それとはまったく違い、心の中が寒々として、無限の漆黒の闇に投げ出されたような感じだ。
 一番近い感じはアナスタシアの人間の意識が作り出す地獄の表現にある。これ一つとってもアナスタシアは真実の書と思っている。

 私にとって直接的な事例では、複合発酵と言う光の人類救済科学を阻止しようとする闇のエネルギーの存在である。博士にご縁を頂き25年間そのエネルギーに翻弄される高嶋科学を見てきたからである。
最近の事例では、あうんパラダイス1号の久保田農園での話しである。あうん単独槽を設置したその後、今まで交流していた人が突然に来なくなったり、ある人にあうんパラダイス造りの夢を語ると、そんなもの出来るわけが無いねと、あまりの無礼にも突然気が狂ったように豹変するのである。それも久保田さんが通う長年の付き合いのエステ経営の女先生がである。
 一方ではパラダイスを見学し、楽園の梨や野菜販売を通して、新たな人との暖かい縁が続々と構築されている。今までは奪い取る金銭欲の意識の隙間に入り込むパターンだったが、今回の霜里農場の事例では物を与える人の屈折した意識に闇が入り込み、お互いが理解しないうちに物の力で私の心に入り込むやり方だった。私の友を思いやるアドバイスに怒り謝れ!!とそのしつこさには閉口した。まさに狂気の世界に悩まされ続けてきた。それも有機農業と言う最後の砦を背景に、狡猾なエデンの園の蛇のようにわずかな隙間に入り込まれたのである。

 昔、博士は言われました。複合発酵は大宇宙の調和のエネルギーだ。だから不調和な人は弾かれると。神の光のエネルギーに闇が弾かれるのである。
 十字架に悲鳴をあげるエクソシストのように。
 私はあらゆる機会を捉えて、アナスタシアの叡智を紹介する。最初の頃は躊躇していたが、あまりにもあからさまに狂気に出会って来たので、この真実を積極的に知らせなければならないと判断したのです。

 アナスタシアの叡智の中に、人類の恒久平和と人間の真の姿を知り、その暁には大宇宙に偉大な一歩を踏み出すことが記されているからである。
 霜里農場物語八(見える世界、見えない世界) 2021/08/30
 なんでこの世は矛盾に満ちているのだろうか!この世を造った神は何故、祈って問いかけても、何も言ってくれないのだろうか。
神は創造物を通してあらゆるメッセージを送り続けていると言う。人間がセンサーを働かせば神との対話も可能だと言う。

 霜里農場のバイオオペレーターの新井氏は自分でベストなオペレーションを編み出したと言い。あうんの会の担当者のアドバイスを聞こうとしない、言えば激昂して怒鳴りだす。私から言わせてもらえば、霜里農場のあうんユニットの出来はせいぜい10点がよいところだろう。
 それでも友子さんの書く霜里のフェイスブックではエナジー水のオンパレードだし(削除する前)有機農業の矛盾を解決してくれる複合発酵技術を伝えてくれた新井氏に対しての呼び名が新井センセイから師匠シショウになって行った。それは金子夫妻が有機農業の矛盾の答えを探していたからです。

 
見えない無限の生命のコントロールは、見える世界が見えなければ出来る分けが無い。失礼だが新井氏は単純な機械器具の扱いも知らないようです。
 何時だったか沈殿槽の作り方を伝えようとした時に、沈殿物を抜き取るためのバルブの取り付けのさい、逆に沈殿物を舞い上げて散らばすような、取り付け方をしようとするするのです。その時は、私のアドバイスによって修正しました。また新井氏が独自に開発?したオペレーションでは、思い切りバルブを閉めてエア量を少なくするのが秘訣と言い、バルブ閉め過ぎて、エアポンプを何台か焼き付けを起こし交換したそうです。私に言わせていただければ全く逆でエア量が不足しているし、たとえバルブを閉めるにしても限度を越えれば焼き付けを起こすのは当たり前のことです。そのことの解決は、エアを抜くバイバスを作れば良い話しなのです。

 彼はプライドが高く、人のアドバイスを聞こうとしないのです。
アナスタシアは、プライドは死に値する大罪と言っています。
新井氏と私の限りなく深い溝は、人に物を配りまくる事と家族の悩みへの助言だったのです。彼のことを大切にしよう、本当の友人だからこそ言ったことなのです。逆に言えば世間の人達は腹の中で笑って、口では美味しかった感謝します。と言うわけです。

 今回のことも何度も電話したのですが、無視を続けるものだから、今このように個人的なことまで踏み込んで世間に公開するはめになったのです。私にとっては苦渋の選択なのです。またそれ以上に世の中に真実を知らせ人類の気づきにつなげたいと大局的観点からの霜里農場物語なのです。

 それにしてもホームページに掲載したときの霜里農場物語とは、まったく趣旨の違ったものになってしまいました。
それから、会の担当者から曝気の件でのメールです。


この曝気の強さの件に関して新井さんは柳田さんを完全に誤解しております。柳田さんが訪問した際、曝気を強くするよう指示があったと新井さんが言っていましたが、新井さんは自分で考えて曝気が強すぎたという結論を出し、その結果柳田さんがわざと悪い結果が出る方向へ指示を出し、柳田さんがいないと困る状況を作ろうとしたと言っています。「そんなことは無いです」と私ははっきりと言いましたが、激昂するのでなす術なしでした。

彼の迷走ぶりも来るところまで来たかです。ならば、私がこのホームページで宣言します。霜里が私のアドバイスに従うならば、バイオトイレとエナジー水の能力を10倍アップさせて見せます。  
 霜里農場物語七(もつれた糸) 2021/08/27
 久しぶりに新井の歌を聴いていると思わず笑ってしまう。
馬鹿は死ななきゃ治らないと言うが、将に新井のことを言うのだろう。街道一の親分、清水次郎長の子分、森の石松のような愛すべき男である。

 
新井の奥さんからなんども手作りの弁当を頂いた。
 新井が言うことには、私が何処かへ出かけるときに好子(新井の奥さん)は良い顔をしないけれども、柳田先生のところに行くと言うと、喜んで出してくれると言ったものだ。
多分好子さんは夫の度外れの性癖を治してくれるのは私以外はいないとの確信のもとに、私に気づかいしたのだろう。

 だからこそ新井にこうしてメッセージを送り続けているんだ。
霜里農場なんぞ始めから眼中に無い!彼を闇の勢力から救い出してやりたいだけだ。

 それから柳田ファームのお手伝いしているおばちゃん(節子さん)が、あうんパラダイス1号の楽園の梨を好子さんに送ろうと思うのだが受け取ってくれるだろうか?私のことを怒っていないだろうか?と言うのである。 
 実は、好子さんと友達になった節子さんから私が誘導尋問に寄って新井のことを聞き出したことを、新井に対するメッセージとしてホームページに発信したからだ。節子さんからは何度もなんどもやめてください止めなさいと言われたが、止める気はない。

 今回のことも含めて 何事も考えた上でやって来た人生だ。一度決めたことはまず変えることはない。

人生とはかくのごとく複雑難解なものなのだ。果たしてもつれた糸は解きほぐすことが出来るのだろうか。
 霜里農場物語六(嘘) 2021/08/26
 嘘つきは何処まで行っても嘘を押し通す。世の中は単純に出来ていることを知らない、間違っていましたごめんなさいで即解決で、むしろ評価は一気に上がります。

 闇の意識エネルギーは二人の意識の隙間に入り込んだのです。まるで自分の意識からのように感じてしまうのです。ねらない氏と友子さんのお二人は私のブログで、エナジー水のオンパレードから師匠シショウと持ち上げているに反応してあのような行為に及んだのです。
 
 消した後、フェイスブックを見ると言っています。私達二人は嘘つきです、何処まで行っても嘘を押し通しますと。
 
 8月11日の霜里のフェイスブックでは、まるで打ち合わせたかのようにブドウの写真に添えて??

 3年前は良かったが、去年は、全くダメだったブドウ。
 今年は、エナジー水振りかけたからか、良さそうだ!
 友子

 何と投げやり的な文章なのでしょうか。又今までは新井氏を師匠シショウと呼んでいたものが、新井(華うどんの)先生と呼び方が変わりました。

 何とも単純なお二方なのでしょうか。新井氏と友子さんの距離は今回のことから非常に接近したようです。アナスタシアは命のフィールドに囲まれていると意識のスピードが早くなると言います。腐敗土壌の上で生活していると逆に意識が遅くなるそうです。

 手抜きうどんのねらない新井氏の動画です。バレちゃあ嫌だな!
 霜里農場物語五(背後に働く闇のエネルギー )2021/08/25
 この物質世界は荒い波動だから、清いと汚い、正と悪が共存できる。荒い波動同志はなおさら引き合う。だから、ねらない氏の屈折した性格と有機の腐敗土壌のフィールドの人達と相性が良く引き合うのだろう。
 そうすると見えて来るものがある。霜里農場は闇の意識エネルギーが人類の衣食住の正しい食から切り放す為に準備されていたのかも知れない。

 比嘉さんのEMが真の微生物技術複合発酵の信用を貶めるためにあるように、霜里の有機農業も農業を目指す人の障害になっているのでは無いだろうか。純粋に医食同源の真の食べ物を目指して農業をやろうとする人が嘘と欺瞞紛れの有機農業に挫折して、農業から撤退する為に手を貸してきたのではないのか。

 以下の受賞の背後にあるものも見えて来る。

 埼玉県小川町 霜里農場の金子美登氏・金子友子氏のお二人が 、「世界をより良い場所にするために活動を重ねている人々やその活動」 を称える国際的な栄誉賞である“Lifetime Achievement Award” (生涯功労賞)の受賞者として選ばれました!2021/05/05


  これこそ、宇宙の闇の意識エネルギーが憑依して、地球人類の中に巣くう闇の勢力の手先となり作り出した欺瞞の栄誉賞であることが明らかになるのである。
 人類の意識を遅くしてバイオロボット化するために最大効果を出すのは食べ物だと、農薬化学肥料の弊害を知り有機農業に真実を見出そうとする人達にでさえも魔の手を伸ばしてきたのであり、霜里農場はその舞台になっているのである。
 私がこのような真実情報で闇を告発するのも、宇宙的な現象であり、闇を光が切り裂くことのような気がしています。  
有機農業 (現代農業より) 2021/08/24

有機農業に憧れて就農した若者の多くが、なぜ3年で辞めるのか?農家の平均年齢が67.8歳と高齢化の進む農業界にあって、若手の参入が多いのが有機農業だ。新規就農者のうち2割は全作物で有機農業を行っており、一部の作物で有機を手掛ける者まで含めれば3割近い。耕地面積でみるとわずか0.5%(2018年)の有機農業に、若手が集中する構図だ。その実、有機農業での新規参入は有機以外に比べ、売上や所得が低水準になりがちで、生計が成り立つまでの年数が長い。若者が憧れる有機農業はなぜ難しいのか。その実態をルポする。
指導できる人材がいない
「有機農業は、絶対に必要なものだ。けれど、統一された栽培の指導法もなくて、なかなか難しい。若い人が有機で就農しても、3年くらいでほとんど辞めていくのは、もったいないね」こう話すのは、山梨県北杜市でキャベツやレタスなどを栽培する梅津鐵市さん(72)だ。1980年に脱サラして就農し、出荷先のニーズに合わせて、通常の慣行農業(化学肥料や農薬を使う一般的な農法)に加え、有機や減農薬・減化学肥料などの農法を手掛けてきた。37ヘクタールを耕作していて、畑作農家としてはかなり規模が大きい。梅津鐵市さん。北杜市内で新たに引き受け、手入れしている最中の元耕作放棄地で
有機農業は、基本的に化学的に合成された肥料や農薬を使わない。環境への負荷をできるだけ減らし、その土地での物質の循環を重視する。北杜市は有機農業の新規参入が多いことで有名だ。冷涼な気候で害虫の発生が比較的少ないこと、市内に核となる有機農家がいたことなどが影響している。市に新規参入の相談をする人の8割が有機農業の希望者だ。山梨県の有機農家171軒(2020年度)のうち、8割くらいが北杜市の農家とみられる。移住して有機農業を始める人が多い一方で、定着できずに離農して再び都市に戻る人もいる。生産が安定しにくいこと、販路の確保が難しいことが要因のようだ。「農業生産技術を学んだ人間が、次に有機に進むなら多少は分かる。1ヘクタールを耕作する農家が、10アールで有機をやろうというなら、それは可能性あるよ。でも、25歳、30歳くらいで会社を辞めて、いきなり有機農業を始める。それは……できない」(梅津さん)慣行農業に比べ、有機は使える資材が限られ、難易度が上がる。だから「慣行農業もできないのに、いきなり有機はないだろう」(梅津さん)というのだ。新規参入は、家業を継ぐ親元就農や、居抜きに近い第三者農業経営継承(後継者のいない生産者が継承希望者に農地や施設、機械やノウハウなどを譲ること)と違って、農地や機械、設備などの初期コストがかかる。農業大学校などで学んでから就農する人も増えているが、授業や訓練を受けただけで農家として即通用するレベルになるわけではない。さらに有機となると、一層ハードルが上がる。「そもそも、指導できる人間がいないんだ。きちんと指導できる人間を育てることが先だね」梅津さんはこう指摘する。農家に技術指導する存在としては、都道府県の農業普及指導員とJAの営農指導員がいる。が、いずれも慣行農業が主で、有機農業を教えられる人材は少ない。有機の施肥や病害防除の体系が、慣行栽培とあまりに違いすぎるからだ。
山梨県は、都道府県の中では有機農業に力を入れている方で、有機農業の推進計画を定めている。県立の農業大学校には、就農トレーニングとして年に10回学ぶ「有機農業コース」も設けている。それでも「有機農業の指導ができる農業普及指導員は、かなり少ない。特に技術的な指導は、若干不足している部分がある」と、県の農業技術課も認める。売る力が必要
 霜里農場物語四(その他大勢) 2021/08/23
 有機の里の看板に習って、大量に木くずを入れることは土壌を未分解物質リグニンで痩せさせます。そして、バイオガスのメタン液肥は土壌を腐敗させます。そのことはいの一番に婿養子のお方に伝えたところ、霜里農場の仲間たちに今さらそのようなことは言えないとのご返事に、私はガッカリしたものです。婿養子の二人の娘さんを含めてご一家はバイオトイレを使わないそうです。この春の霜里祭りに際しても遠くから見て見ないふりをなさってなんども不可解な行動でした。
 やはりお婿さん独特の無難に出る釘は打たれることわざのように、保身に流されているのかもしれません。

 霜里農場は肉牛を4〜5頭と平飼い養鶏をやっておられますが、牛は糞の中に足を埋めているし、ニワトリは糞を取っている様子はないし有機農業のせっかくの資材を無駄にして、家畜を糞まみれにしていることに、これがテレビや雑誌で取り上げられ天皇ご夫妻が来られたことにまったく理解が追いつきませんでした。
 そうです新井さんは婿養子の二人のお嬢さんにもゲーム機をプレゼントしたそうです。その時に婿殿は涙を流されたそうです。もしかして有機農業の矛盾とその呪縛に縛られて抜け出せない事への慙愧の涙なのかも知れません。ここでも新井さんの物を大量に辺り構わず配る性癖が出ています。
 二人のお嬢さんの仕事は糞尿がたまったものを長いホースでバイオガス装置に移送することだそうですが、そのホースのところところ穴が開いて糞尿が噴水のように湧き上がり、その臭さは尋常では無いそうです。
 その他大勢の皆さんはいったい何をなさっているのでしょうか。
 皆さんは感じ取る感性が壊れていて、判断が出来ないのかもしれません。一事が万事に怠惰な保身に流されていると感じたのは私だけでしょうか。その他大勢の方々は有機と言う看板に引き寄せられて来た人なのですが、中身の無いことに気づかないらしい。世の中なんて凡そそんなものなのかも知れません。この世は闇のエネルギーに寄って中身の無いニセモノが脚光を浴びるように情報操作をして世の中を混乱させられていることに気が付かなければなりません。
 無意識の内に協力させられているのです。
 霜里農場の皆さんもうこの辺で気がついてもよろしいのでは。

<以下は私と○○さんのやり取りです。

私は霜里での厳しい一年を体験しているので、新井さんの苦労と本気度に偽りがないことは感じています。柳田さんが引っ込めた投稿の内容を見れば、私と柳田さんの霜里に対する考えが違うのは一目瞭然です。

私は○○さんがあの霜里農場で一年に渡って研修農作業に従事したことは考えても考えても分かりません。私なら長くて1週間だと思います。霜里農場の研修生でピカ一の優等生は○○さんだと彼等は言っています。私もそう思います。

霜里に集まって来る人は寄らば大樹の陰、テレビやマスコミで世の中に認知された農場だ。だから、人生の敗北者が多く集まって来ると感じています。霜里の前を流れる川の竹やぶで首吊り自殺をした人のことを聞いています。一人だけでは無いようです。又その前を流れる川に新井さんが放射能汚染したドウコの焼却灰を数千箱流したそうです。それに対して金子さんがよかった助かった。これできれいに片づきましたと喜んでいたそうです。

逆に質問したいです。○○さんがそこまで思い入れるのは何があってのことか教えて頂きたいです。>
 霜里農場物語三(奥様のこと) 2021/08/22
 金子様の奥様、友子さんは情報操作の達人とお見受けしました。霜里農場の全体図のイラストを拝見しますと、現在世の中で認知されているエコ関係の技術をすべて取り入れて、理想的自然との共生を、まさに絵を書いたように???実現なさっております。まるで映画撮影のスタジオのような感じでもあります。そしてフェイスブックの文章を拝見しても力強くエネルギーに満ちています。悪人をばったバッタ薙ぎ倒し、将に正義の見方で思わず見入ってしまいました。ある日などはセックス好きの女子集まれと書かれたタイトルの上には股を広げた女性の写真が載せられていて、思わず赤面してしまいました。私の願望がそのようなものを引き寄せたのでしょうか。
 あ!私が霜里農場を初めてお邪魔させて頂いた時に、お客様をお通して、お話するお部屋でしょうか、その乱雑さは見事としか言いようがありません。お婿さんご夫妻からスタッフ研修生まで数十人いらっしゃるのに不思議な後景でした。
 私の柳田ファームは75歳を越えた一人暮らしですが、できるだけお掃除を心がけています。ねらないさんにお尋ねしますと、誰かがきれいにすると、友子さんは怒って、片付けたものを蹴散らして元のようにするそうです。多分その方が友子さんには落ち着くのだと考えました。荒ぶる気性の友子さんらしいです。
 また、ある時はペットのように可愛がっている牛が、友子さんを押し倒した時にお怒りになって即屠畜場送りだったそうです。そのお肉はどんなお味かわ聞いておりません。
 でも80歳になろうかと言う友子さんですが、前髪を揃えた髪型は可愛いです。昔、平尾昌晃のミヨチャンの歌♪にあるように(^^♪僕の可愛いミヨチャンは前髪垂らした可愛い子(^^♪あんな感じです。
どちらかと言えば、私の好きなタイプです。今度生まれ変わって友子さんにお会いしたなら嫁にしたいくらいです。

<画像をポップアップしてご覧ください。金子様と向かい合っている三人のお方、マスクを付けておられますが、お三方同じお顔で、考えていることも同じで、その考えを押し殺しているようにお見受けします>
 霜里農場物語二(金子様のこと) 2021/08/21 
 ねらない様が霜里農場へのボランティアに通い始めたのは3.11以降でしょうか。貴方様は霜里農場の金子美登様を心から尊敬なさっておられます。私に色々お話して下さいました。金子様は現代の修行僧か行者のような方で、ほとんど口をきかず全てを受け入れて黙々と百姓仕事をこなし続ける毎日だとのこと、ある時農場が火事に見舞われて焼失した時に、顔色ひとつ変えずに一言“燃えちゃったか”と申されたそうです。 私もそれをお聞きして、まだお会いしていない金子様をご尊敬申し上げるようになりました。

 
ここで霜里農場のことをお話させていただければ、金子様は有機農業普及に人生すべてを投入して、テレビやマスコミに取り上げられ、平成天皇夫妻も視察にお見えして、今や小川町を全国区にした町の功労者になられています。また全国から研修生を受け入れておられて頭が下がるばかりです。私など近くの小学校から農場の見学依頼されてもお断りするような始末です。金子様より数歳年上の私は穴があれば入りたい心境です。
 そのような金子様を心から尊敬なさっておられるねらない様は、ボランティアでの百姓仕事の道具から現代農業の機械器具に至るまで自費でもって購入し、お役にたって頂いているそうです。また金子様はお身体があまり良くないそうで、ねらない様はマッサージの免許を取って金子様のお身体を毎日揉んでさしあげているそうです。金子様に負けないぐらい身体の悪い私も揉んで頂きたかったのですが、一度たりとも柳田先生お揉みしましょうとは言って頂けなかったのは寂しかったです。そう私のことを先生と言って下さいました。その時に私は可愛くないと言うか、ひねくれ者と言いますか、“先生と言われる程馬鹿じゃあネー”などと失礼な言葉を浴びせかけてしまったのです。

 そのようなねらない様は霜里農場では唯一先生と呼ばれているのは私だけだと嬉しそうにしてお話下さいました。
金子様をおとりあげさせて頂だいたならば奥様を取り上げない訳にはいきません。奥様の友子様はご主人の金子様より数歳年上の姐さん女房だそうです。友子様はマスメディアで活躍して来た才女であって、金子様を支え有機農業の霜里農場を全国区にした張本人だそうです。今もフェイスブックで有機農業の普及と世の中の矛盾に立ち向かって一刀両断にするその気迫は将に女闘士そのものです。金子様ご夫妻にはお子様は居られずに、研修生だった人を婿養子にされたそうです。この方のことは後ほどふれることになるかもしれません。
 
 
   異常状態 2021/08/21
 人生をすべて投入してやって来た仕事の後を託すなぞ,よほどの信頼が無ければ有り得なことだ。ねらないさんを大事な友人と思えばこそ、本当のことを言ったのだ。たとえ気にそぐわなくとも笑って流せば良い話。それなのに何度もなんども謝れあやまれとしつこいことに閉口した。

 
私に対してうどん以外に身体が大切だと健康関連の本を十数冊、低温調理鍋二台、野菜しゃぶしゃぶが良いとアルミ鍋三つ、来るたびに畑から野菜を取ってきては、酵素を壊さない最高の食べ方だと作っては、どうだ美味いだろう、サア食いなさい食べなさい。次には先生の心の癒しにヘッドホーン付きの音楽プレーヤーをプレゼントしますと、中は同じ年代でしょうと石原裕次郎の「錆びたナイフ」その他数千曲、次には先生お目かお悪くないですかとルーペをプレゼントします。いやいやまだまだある。身体に良い木枕を作りましたと、高さそれぞれ違えて5〜6個、いままでをお金に換算したら大変な額だ。贈与として税務申告しなければと思った程だ。!(^^)!
 私ばかりでは無い、博士と秘書の渡邊さんへも健康に関する本をそれぞれに10冊ぐらいづつ、ねらないうどんを博士に送ってくださいと10人前を何度も私の所へもって来るのです。私はそれをそのつど博士の会社に送りました。すると渡邊さんから、有難いですが送るなら少量にして下さい、との電話を頂く始末。私まで変人に思われそうでした。

  一度、金子さんこのことは伝えました。家族が不満に思っていて、一人娘さんでさえ、お父さんボランティアに行くなら仕事に行きなさいよと言ったそうですよと。
 霜里農場へは私の数十倍のお金を使っているのは明らかだ。見る人は新井さんを利用していると感じるみたいだ。果たしてそれで良いのか。フェイスブックで友子さんが師匠シショウと持ち上げているのはなんか変に感じるのは私だけだろうか。

 今までは奪う人ばかりだったが、人生初めての与える人がねらないうどんの新井さんなのです。これほどまでに正気と狂気が目まぐるしく入れ替わる人を見たことが無い。それも半端でなく、異常状態に。

霜里農場物語一(ねらない様のこと) 2021/08/20

霜里農場の専属バイオオペレーターの讃岐うどんじゃあ無かった、手抜きうどんの練らないさん、お元気でいらっしゃいますか。柳田大明神です。

 

ある日、地球環境問題は高嶋博士の複合発酵だけでは解決出来ないことに気づきました。環境破壊は人間の意識がもたらします。人間複合発酵こそ微生物の複合発酵に先んじて重要との認識のもとに人間複合発酵を長年研究して来ました。意識の発酵も微生物の発酵と同じく最初は相手の想念意識の分解です。

 

貴方ぐらい複雑怪奇な人は過去いませんでした。いくら空気を送っても腐敗の方向に進むだけなのです。貴方様との出会いは早、三年を超えるでしょうか、3.11の福島の被災地に“ねらないうどん”配りに数年間に150数回通ったことをお聞きしました。私は感動して貴方様こそ私が探していたあうんの会の会長の後継者だと思い、とりあえず副会長になって頂きました。すると私のところに来るたびにねらないうどんを十人前以上、毎回持っていらっしゃいました。私は一人暮らしで、歳も70数歳、長年の身体の酷使から食も細くなり、貴方様のうどんは冷蔵庫満タンになり困り果てました。またねらない生うどんの為か冷凍庫の中でさえカビか生えて来て、冷凍庫を開けると冷気と思いきや白いカビがモア〜と私に襲いかかるのです。

私は貴方様に言いました。ねらないさん貴方様の真心のうどんは嬉しいが少しだけにして下さいと。ある日私が今度奥様をファームへお連れ下さいと申し上げました。すると数日後にいらして、初対面の私に貴方様のことを非難し始めたことを覚えていらっしゃいますか。

 奥様は貴方様がボランティアや人に物を配りまくることをもの凄く不満に思っておられます。 そこである日私は貴方様に申し上げました。ねらないさん、もうボランティアや人に物をあげることをおやめ下さい。ご家族が不満を持っておられますし、何より頂いている人達がありがた迷惑しています。どうかおやめになって人類救済技術のあうんの会一本に絞ってご活躍下さいと言ったことが、今日の私と貴方様の大きな溝、限りなく深い溝の始まりでした。  


  情報  2021/08/18
  テレビに雑誌に取り上げられ、平成天皇ご夫妻も視察された有機農業の小川町霜里農場で昨年暮れ、あうんユニットを導入し、素晴らしい結果を出しています。
そのことを紹介する霜里農場のフェイスブックからあうんユニットもエナジー水も複合発酵に係わることは全て削除されました。
 その後、不可解なことに一部は復活しています。
しかたなくあうんの会ホームページの霜里農場物語も削除しました。理由をお尋ねしたところ解らないとのことでした。
 

 仲間のある人に問い合わせしてもらったところ


 友子さんと連絡取れましたが、消した覚えはないそうです。本人も消えているとは僕に言われるまで知らなかったそうです。
 友子さんはつい先日もエナジー水の投稿をしており、効果をちゃんと実感しているという事に変わりはないようです。
友子さんの性格的にも、わざわざエナジー水の投稿を消したり、あうんのイメージを悪くするようなことをするとは僕も考えられません。
とりあえず、身に覚えはないそうです。不思議ですね。
 

  法の元に暮らし、情報の発信力の弱い一般人の個人情報は保護しなければならない。
一方、情報を自在に扱い、メディア戦術やSNSなどの情報で虚構を作りあげ、あたるを
幸いバッタバッタとなぎ倒し、正義を標榜する人の個人情報保護などは論外である。

 彼等は私人では無く立派な公人です。金子夫妻の霜里農場は天皇が視察に来られ、「世界をより良い場所にするために活動を重ねている人々やその活動」 を称える国際的な栄誉賞である“Lifetime Achievement Award” (生涯功労賞)の受賞者として選ばれました!、華うどんの新井氏も華うどんで世の中に寄与しようとネットからあらゆる機会を使って宣伝しています。
 あうんの会の会員は入会時に人類救済技術である複合発酵を広めることを約束しています。私がここまでやってきたのはホームページの情報の力です。情報の影響力を十分知っています。だから会員の情報発信には気を配ってネットのチェックを怠りません。
情報化社会に置いて影響力のある人は情報の扱い方に十分注意しなければなりません。  

小川町有機農業の霜里農場 2021/08/11
 有機農業の小川町霜里農場のフェイスブックからあうんユニットもエナジー水も複合発酵に係わることは全て削除されました。しかたなくあうんの会ホームページの霜里農場物語も削除しました。小川町有機農業の霜里農場は高嶋博士の人類救済技術の信用失墜の大きな役割を果たしたと感じています。

霜里のボランテア 新井氏から霜里農場は有機農業で名前は有名だが今は死に体で危うく保っている状態だと言うから、何とか助けてあげたいと思い、あうんユニットから現在の切り札の単独槽のアイデアの最初の試みとして一式を私が無償提供したものである。それも私からと言うことは隠して新井氏からとして金子美登さんに話したことから、一年以上からの新井氏の働きかけがあうんユニット設置につながったのは間違い無いことである。

 多くの人が霜里農場のフェイスブックに突然あうんユニット、エナジー水と言う言葉が乱舞し始めて、全国の人々が何ごとが起こったのか、奇跡のいちごだ、野菜が素晴らしい成長だとか、どうしたこうしたでは否応なく注目されるわけである。だからあうんトイレを農場につなげた新井氏を師匠シショウと大変な持ち上げようである。それがある日突然鳴りを潜めいままでの乱舞したエナジー水が消え去ったのである。それでなくても周りは懐疑的冷めた目で見ていることは空気を読めば分かる話、小川町の農家の人も霜里農場での研修を受けて就農した人達も有機農業は名前だけが先行して、中身が無いことはわかっているが、テレビやメディアで全国に有機農業で小川町を有名にした霜里農場だから利害打算で黙っているだけの話しである。

 あの霜里農場は最も効果的な方法で複合発酵の足を引っ張ってくれたのである。家庭からの複合発酵の民衆運動は光の科学を広める最後の砦である。有機農業と言う誰もが親近感もつ看板の有名農場を使つて、その砦にくさびを打たんとして闇のエネルギーがしつこく罠を仕掛けて来たのである。  


 <有機農業に中身があるならばあうんユニットを導入することは無いはずだ。私の農場の野菜をみて違いがあるから導入したわけです。しかも未熟なオペレートのエナジー水でも結果が次々出てきたからエナジー水のオンパレードになったわけでは。有機農業に問題があり、もしかしたら問題解決の可能性を感じたから,嬉しさと感動でエナジー水の連呼につながったわけではないだろうか。一番わかっているのは農場主当人では>
 私が障壁の打破でお伝えしているように、今日まで、光の人類救済科学を宇宙的な闇のエネルギーがまとわりついて足を引っ張る連続でしたが、今回の霜里の件は将にそれです。有機農業という誰もが良いイメージを持つ有名農場を通して破壊工作が行われているのです。ねらないの新井さん農場主の金子さん夫妻を非難しているわけではありません。世の中に真実を知らせているのです。
破壊工作 2021/08/12
霜里農場を背景にある一人の人物を通して、あうんの会の破壊工作が次々仕掛けられている。
そのことの真実を伝える為に霜里農場の掲載に取りかかったが、霜里農場に縁があった事務局員の天野君の申し出により、その掲載は取りあえず非表示にしました。
その代わりにこのホームページのショッピングにある同様の光の科学破壊工作の一例を再度ご紹介します。

複合発酵資材価格問題
私は複合発酵技術に人生をかけ、すべてを投入して来たなか、基本的姿勢はありのままの真実だけが最大の支となっています。
 博士にご縁を頂き二十数年、最初の出会った時の人類救済科学との認識は、今もまったく変わりません。出会った直後に博士に手紙を出しました。
 「先生の科学は光の地球人類救済科学です。光には闇が付きまとってきます。
身辺には充分にお気をつけ下さい」との内容でした。
そのときの直感のとおり、闇のエネルギーが関係者を通して博士の足を引っ張り次々罠を仕掛ける二十数年間でした。今思い出してみると、博士が複合発酵を発見発明し、世の中に展開しはじめたのは健康ビジネスでした。
私との縁もそれでした。当時、博士はユニックスと言う会社の朝鮮人参の売り屋の男に、健康ビジネスを任せていました。この男が私に言いました。
博士の科学を農業で広げる為の拠点になってくれ、その為に一千万の資材を購入して頂きたいとのことでアモルファス浄水機500万円、複合発酵固形バイオ500万円計一千万を支払ったのです。
後々博士にお尋ねしたところ浄水機は30万円とのことでした。また固形バイオ500万円は保存が効くとのことでしたが大方カビが生えて廃棄しました。

 また、ごくごく最近のことですが、私が複合発酵技術を広げる為にあうんの会を立ち上げ家庭からの複合発酵あうんユニットを普及してゆく中、又々窮地にたたされたのです。

 会員はじめ世間に対して誹謗中傷の失墜に加えて、複合発酵技術の重要なEMBCモルツの価格設定はそのまま信用問題に直結します。
調べてみると博士の健康ビジネスに参加しているある会社が何と半額近くで売り始めていることが解りました。
あうんの会の会員も主催者の私から購入する人は一人といなくなりました。全く落語か漫才のような話しですが事実です。

 私は悩んだ末、博士に相談に沼津まで行きました。博士は立腹されて、その会社との取引は停止すると言われました。私は決心しました。

 今後どうなるか分かりませんが、博士に関係する会社の中、健康ビジネスや資材販売の会社の中、博士の科学そのもの、汚いものを綺麗に毒を薬に変える科学技術そのものを手掛け普及に努めているのは柳田ファーム一社だけです。
そのような立場から何処より安く提供しなければ世間からの信用が無くなり、しいては科学の普及の足かせになりかねません。
ですので、博士が自由競争の方針なら利益を度外視してでも安い価格を設定する所存でいます。

 博士が立腹された、その会社は私がリッター150円で販売しているエナジー水を赤ラベル緑ラベルと称して、モルツをキャップ一杯加えてリッターなんと5000円なにがしで販売しているのです。

 とにかく博士の周りでは不可解なことの連続です。
 博士の元社員であり最も信頼し、私が全幅の信頼して会の重要ポストに付けた人が私を裏切って会を二つに割ろうとしたり、今回のように販売関係会社の価格をネットで調べて一番安い価格を付けて一人勝ちしようとしたり、とにかく科学の普及を邪魔する人は外に内に枚挙に暇が無いのです。

  百姓雑感日々如是我聞のブログはその経過の中から自然に生まれた。良いも悪いも無い、幼くして、死と向かい合った男の物語である。
 この先、車の両輪の向かう先は何処か、どんな終わり方をするのか、私には解らないのである。

しかし、もっと深い真実は博士の科学を絶賛し、博士に係わって来た人達が結果的に博士の足を引っ張リ、科学の信用の失墜を招くのは、その人達が原因では無くもっと深い理由があり、それらの背後にある闇のエネルギーのなせる技であります。関係会社のビジネス欲を手がかりに憑依するのです。
私は何とか彼等を操る闇のエネルギーから助け出した後、関係者一同団結して人類救済科学の普及をはからなければならないと強く思っているのです。

追記
この闇のエネルギーこそ光の科学の高嶋博士を苦しめている本体です。
そのことはシベリア不思議な女性「アナスタシア」に見事に明かされています。どうぞご一読下さいませ。
                                                               あうんの会 柳田繁吉

近日中に博士が価格調整をします。
我々はビジネスより高嶋科学の普及を目指しています。
環境・農業に対し重要な複合発酵資材をビジネス目的の他の会社に譲ることは出来ません
調整が上手くいかず自由競争の価格なら、どこよりもお安く設定する所存です。
      
複合発酵価格問題は、博士の決断により以下のように解決しました

..................................................................................................
平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて○○○○酵素ショップは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、諸般の事情により、2021年7月28日を持ちまして閉鎖させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして、社員一同、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。
なお、ご利用の際にご登録いただいた個人情報はサイト閉鎖とともに全て消去させていただきます。
長らくのご愛顧誠にありがとうございます。
                                                    ○○○○
.........................................................................................................
そして、博士の秘書である渡邊さんに以下のメールを送りました。

渡邊さん
○○○○が出店を閉めたことを知りました。私としてはいまいち後味の悪さを感じています。
先だって提案したように博士を中心にして、あうんユニットを広げてゆくことを希望しています。
大企業の〇〇は信用していません。
博士に決心していただくために、その下地を作ります。
そうなったら○○○○にも参加して欲しく思います。
博士に宜しくお伝え下さい。
 潮目が変わってきた 2021/08/05
 大宇宙は意識である。このところ何かが変わって来た。もしかしたら大宇宙に新たな意識が放たれたのかも知れない。オレの人生の目的である人類救済科学普及の潮目が変わって来た感じがする。分裂腐敗の流れにくさびが打たれて、合成融合の流れに変わって来た兆候がわずかだが見えて来たのである。

 一つには最も重要な複合発酵あうんの菌床が飛躍的に力を増して来た。それはこの数年間、人間複合発酵でオレの意識が吹っ切れたのかも知れない。それに呼応してか、見学者が自給自足の田舎暮らしの循環型生活希望者や複合発酵で一山当てようと言う山師から、大局に立ち地球環境問題を深刻に憂い、自分に何が出来るかと真剣に考える人との出会いが始まって来たのである。

 先日もアパレル業界の風雲児になるかと言う青年実業家が地球環境問題と人類の行く末に危機感を持ち、金目的の人生行路を大きく舵を切ろうと、人類地球のために何かをしたいと、柳田ファームへ見学を申し入れて来たのである。又看取り師と言い死期を迎えた人を安心させ光の世界へ送り出そうと言う仕事をしながら、新たに数千坪の農地を手に入れてシュア菜園から大地に根ざした生活を世に訴え普及しようと言う女性社会運動家との出会いなど、会って話していると楽しくなる出会いが増えて来たのである。
その女性をインターネットで検索すると、あの二刀流の大谷翔平とツウショットの写真画像があった。類は類を呼ぶ(^ー^)。
 滅多切りの爆弾テロ 2021/08/03
  我々の母なる大地である地球は、人間に痛めつけられながらも耐えて、人間が気づき行動を起こすことをじっと待っています。
 皆さん、現在の世の中で悪臭を消失し汚泥を消失するなどという技術はありません。認知されていないニューサイエンスである複合発酵のみが物質を消失してエネルギー化します。それも毒を薬に変えるのです。この科学技術は高嶋博士が試験管の中で造り出したものでは無く、本来自然の奥にある究極の自然作用なのです。それを発見し誰でもできるような技術に考案発明したのです。
 このような重要な技術は特許などで縛るものでは無く、一刻も早く世の中に開放しなければなりません。

 私は博士にご縁を頂き25年博士との関係を大切にしてきたがもう限界です。今後は内に外に真実情報で母なる大地である地球に最後のご奉公をする所存です。
 鳥インフルエンザ、豚トンコレラ、コロナウイルス地球熱帯化からの焦熱地獄、ノアの大洪水が迫っている今日の根本解決であり、それも皆さんが個人レベルで出来る最強の手段を提示しています。それが複合発酵あうん単独槽なのです。天からの啓示を受けたと感じています。

 皆さんが無視を続けるなら自らの手で家族子孫人類の滅亡に手を貸しているのです。私も人生の残り時間が迫っています。もう時間がありません。今までは忍耐に忍耐を重ねてきましたが、ここまで来れば内に外に真実情報でめった斬りします。爆弾テロならずとも真実情報テロを決行します。
どうぞ、あうんの会ホームページ新方式スタートをご覧ください
 
 情報・起死回生の一手 2021/06/16
 先日あうんの会のホームページにネットサーフィンと言う情報を掲載して高嶋科学の放射能浄化実験の経緯を説明して来た。また人類救済技術の障壁の打破を掲載してしばらく経ちます。
 ネットサーフィンと言う言葉もすでに死語になり、時間はどんどん流れて大衆は入れ代わり、東北大震災も忘れ去られようとしています。

 人間の受け止める情報というものは自分自身の考える都合のよい情報以外受信しようとしないのです。複合発酵を信じる人は博士の誹謗中傷は受信しないし、複合発酵を嫌う人は複合発酵に対する否定的な情報ばかりが集まってきます。

 そうした現実の中、我々は次元を超えた情報を発信しなければ現実を変えることはできません。

 私は今それを考えています。起死回生の一手を !
 幽霊船地球号 2021/06/06
 ルルルルル〜アライグマが由紀さおりの夜明けのスキャットを丑三つ時に唄う、ウシガエルがウウ〜ウウ〜と重病人のようなうなり声を上げての共演である。
 両方ともに外来生物である。如何に人類の自然環境に対する意識が欠落しているか、あらゆる外来生物が日本固有の生き物に大混乱を起こさせて最早絶望的である。
 四季があり繊細にして微妙な日本の自然は人間により狂はされてきた。我々のかけがえのない宇宙船地球号は人間の意識により良くも悪くもなる。
 この先船長のいない宇宙船地球号は宇宙をさまよう幽霊船となる運命にあるのだろうか。
 三馬鹿トリオ 2021/05/19
 三馬鹿トリオの〇〇××△△は、俺が出会った縁ある多くの人々の中で、もっとも良いやつだった。良いやつだからこそ最も深く潜在意識に隠れた頑固でねじ曲がった性癖の浄化をさせられた。させられたのである。

 博士に縁ある多くの人の中で、柳田という男が人類救済科学を世に広げることの役目に使われたことは必然の事実であり否定出来ないことだ。だから人間の複合発酵に置いても、より高度なことをやらされているのだ。お前ら三馬鹿トリオは天より選ばれて、俺との間で得がたい体験をさせられたことを有り難く思え!今のお前らの意識状態では無理だろうけど、いつかは分かるときが来るだろう。それにしても永い流転の生命の中で、今生での栄光への素晴らしいお役目を棒に振るとは馬鹿な奴らだ。俺を非難したいだけするが良い。三人そろって春うらら♪〜だよ。

 
アナスタシアは本来人間は神の子であるが、今は闇の勢力によって貶められていて意識が遅いと言う。環境の悪化からか、まさに現代人は精神異常状態である。先だって二人の人から聞いた話だが、ある銀行の三割の人がうつ状態で仕事が出来ずに本店の一室に集められ保護状態だそうだ。又ある市役所でも同様だとのことである。

 地球環境と人間の意識は直結していて同時進行でなければならない。ホームページのブログ百姓日々如是雑感の掲載にあたって、目的の遂行の中、様々な人々とのあつれきはそのままブログにして、世の人々に対するメッセージにしていこうとの趣旨で開設したわけである。天に誓ったことだから書かないわけにはいかないのである。

 三馬鹿トリオアホンダラ!75歳をすぎてこのようなことが言えることを誇りに思う。怒りや闘争心はエネルギーの源泉まだまだ枯れていないと言うことである。
 歳をへて無口になり達観して悟ったように見えても決して悟ったわけではない。長い間の不摂生から体調が悪く、また、長い人生迷いに迷って茫然自失状態がそのように見せるだけの話である。
 
  感情と意識のスピード 2021/05/13
  人の感情としては、『喜び』『怒り』『哀しみ』『楽しみ』のほかにも『憎しみ』『恨み』『妬み』『嫉み』などがあるが、前述は正常な感情だが後のは屈折しねじ曲がった感情である。また前述の【哀】はあわれむということで他に対する深い愛情からの感情であるが、それに対して【悲】は心に痛みを感じてなげく場合につかい自分の未熟さからのものである。
  哀しみと悲しみは内容がまったくちがう。

  私は長い間人間複合発酵で人間の感情を見つめ考えてきた。最近の例からは二人の人に対して怒りから哀しんで、そして平常心に戻ったところである。感情の内容をよく考えなければならない。感情は神が仕組んだセンサーであり進化成長に欠かせないものである。
  二人に対しての私の怒りは、その人のことを深く思っての愛情からの助言だったが、全く逆の受けとり方をして、自分が最も大切にしていること、誇りに思っていることを否定されたとの思いからの怒りである。この怒りの中には当人は気が付かないだろうが『憎しみ』『恨み』『妬み』『嫉み』が潜んでいるのである。自分の人生の課題を解き明かさなければならないのに正視できないのである。このようなことは意識が荒く意識のスピードが遅いから、私の思いの領域まで入って来れないのである。
  二人の共通はその意識の鈍感をおおい隠すために、他人に対してフレンドリーでありボランティアに身を隠して自分を誤魔化し正視できないのである。よく私と話しているときに時々はてな?という顔をしたり、笑ってごまかしたりしたものである。
 
  この二人の病巣に対しての根本的解決は将に、あうんパラダイスの創造にある。家族との楽園造りにエネルギーをそそぐべきで他人のやってることのお手伝いよりも先ずは自分の足元をしっかり固めることである。
 結束を固め深い愛情につつまれた家族になるにはあうんパラダイスを造り、その命のフィールドに身を置き意識のスピードを上げることである。楽園造りは家族の共同の創造であり、そこは永遠の愛の空間になるのである。

  <意識のスピードを上げていると他人のことが良く見えてくるものです。一人の人が新婚生活に入った時、奥様が台所でお料理を一生懸命に作っているときに、そこに入って来て出来たものを勝手にパクパク食う姿が浮かんできたのです。奥様はその瞬間私の結婚は間違っていたと自覚したのです。それが今日にいたっている・・・そんなイメージが浮かんできたのです>

 <昔会社勤めをしていた時、社是社訓に"水のごとき潜在の力”と言うのがありましたが、水はすべての情報を記録し、情報の媒体になるとも言います。また水は人間の想念により、美しい結晶になったり汚い結晶になったりするそうです。私たちは水を浄化してきれいにしなければなりませんそして結晶の水となり潜在の力を得て人の心の奥底を知るのです。それがアナスタシアの叡智と高嶋博士の複合発酵なのです>
 信長と変なオジサン 2021/05/04
 人間は目的をもって生きる人と無難に生きる人の二つに分かれる。
 解りやすく言えばいばらの道の闘いの人生と建て前の調和であり偽りの人生である。
 私は前者であり今まで縁あった人のほとんどは後者である。
 そのように言えば後者の人は、私だって目的をもっていると言うだろう。その目的は小さな物質的欲得だったり自尊心に由来するエゴだったりする。
 今までは多くの同志を募り、その結集により目的に推進しようとしたが、すべての化けの皮がはがれた。当然私との間にあつれきが生じる。これは良い悪いと言うことで無く、当然の帰結であり法則である。
 改革者は孤独である。こんなことを考えながら、最近の変な出来事を紹介してみます。
 信長
 戦国の世を統一した織田信長は本能寺の変で、家来の光秀の謀反だと知らされたとき、燃えさかる火の中でさもあらんと言ったそうである。信長の中では想定内のことであり、ある意味覚悟していたと言えるのである。
  また中国の三国志の曹操は悪人として描かれているが民のために多く善政をしいたそうである。旗をあげようとするときに、勘違いから世話になった人を斬り殺したときに、やってしまったことはしょうが無いと、立ち上がりの早いことは鬼神のごとくであり、信長同様に目的をもった人間のいさぎよさと抵抗を弾き返す意識エネルギーである  
 変なオジサン 
  人間複合発酵で現代社会の人々の心の闇に斬り込んきましたが、大方の人は物質欲にほんろうされた人生を送っています。しかし〇〇さんはその対極あり人に施す人生です。3.11の福島へのボランティアに百数十回、独自に開発した食べ物を福祉施設に配り、社会に資することをさせていただくと言っています。日常も縁ある人にその食べ物を普及するのだと配り続けているのです。独り暮らしの私のところには半端ないぐらい持って来るのです。
   彼はもっとも複雑で稀有な事例でした。当初は尊敬してあうんの会の重責を担ってにいただいていましたが、時間の経過とともに得たいの知れない怪奇な存在となりました。ときたま私を爺さん呼ばわりしては感情を激して沸騰したやかんのようになるのです。  彼はギターを胸に弾き語りをします。歌は私にとって大切なものだと言い、その歌声メロディーはプロの歌手を超えるものを秘めています。しかし、作詞は彼の心の内奥を表していて、無意識の内に現れたと言うべきかもしれません。
 70歳を越えた男が幼いイタズラ小僧のようなのです。♪母親の胸ほど良いところは無い。バレちゃ嫌だなバレちゃ嫌だな♪〜と幼児性を吐露してるのです。当然家族は不満がありますが、そんなことはお構いなく要は褒めてほしいのだと理解しました。
  そういえばボランテアの農場の高濃度放射能の焼却灰のどうこ千数百箱を前を流れる川に投棄したそうです。その時の想いがばれちゃ嫌だなバレチャイヤダナの歌詞になったのかも知れません。
 
水というもの 2021/04/17
  「水というのはとても、需要なの。水は、宇宙に存在し生きているすべてのものの中に含まれている。生命の水には、宇宙における生命の創造についてのすべての情報が含まれているし、人間からほとばしり出たあらゆる思考や思いも含まれている。水は人間の感情を読みとり、それに反応する」(アナスタシア1巻P150)

 わかりやすく言えば、水は半導体のメモリと同じようなもので、しかもその情報量はスパーコンピューターが無数に連結したもののようなイメージなのかもしれない。人間の頭脳は意識の司令塔でありながら記憶装置だとなっているが、人間の全身に水が行き渡っていることから全身が脳だとも言えるのである。その水は大宇宙に遍満していて、お互いに共振しあって情報交換していることから考えると、大宇宙はひとつの命であると言えるのかも知れない。悟りの境地は私は宇宙ですとなるそうだ。我々の日常の想念が大宇宙に影響を与えていることを考えなければならない。
 博士は言う複合発酵のバイオエナジー水は酵素結合結晶の生命半導体であり、そのエネルギーは宇宙エナジーで意識があリ、調和のエネルギーであって本来は光耀くものだと言われる。
エナジー水が耀くか濁るかはオペレートする人の意識の反映の結果である。
 シンプルライフ 2021/04/15
 アナスタシアは衣食住すべて超シンプルライフである。ほとんど裸同然の薄着、食は自然の中にあるものをそのまま食べている。住まいは屋根のある家でなく草地だという。それでいて何も無いのでなく、すべてを持ち満たされていると言う。

 我々は人生のほとんどを衣食住の物を得るために人生時間の大半をついやす。アナスタシアは時間のほとんどを無限の大自然や生命を思索し続け、意識エネルギーの光線を使い人間世界の情報を得て、世界人類の平和を実現するために光線で暖めると言って、不幸な人々を癒し続けているのである。

 人間の幸せとは物質の衣食住が満たされていれば幸せかと言えば即否となる。肉体という物質には必ず死がおとずれる。そのときに心は不安から絶望感に襲われて、自分の弱さ愚かさを骨の髄まで知ることになリ、一体自分は人生を何のために過ごして来たのかと思い知ることになる。 なぜそうなるかと言えば、誰かが作った社会のシステムが我々人類に考えることをさせないように衣食住を満足させるためのお金を稼ぐことを強いられるからである。その社会システムをがっちり作り上げて地球人類をお金の奴隷にしたのである。
このがんじがらめからの脱出が自給自足の小さな楽園あうんパラダイスなのである。
 食に対するメッセージ2021/04/11
 アナスタシアのメッセージは自然真実そのもの、またその意識の置きどころは一切の囚われ執着心がない。過去のどんな哲学者や宗教者、聖者と言われる人をも超えていると感じている。逆を言えば、これらの人は教えや哲学という学問にとらわれているとも言えるのである。
 わかりやすく言えば聖書や仏典にアナスタシアのように健康に関するメッセージはあるのだろうか、多分あったとしても数えるぐらいしか無いと思う。オレは人生の大半を病に犯されほんろうされて来たから、病気こそ天と地をつなぐ柱であることを骨の髄から知っている。アナスタシアのメッセージに一番多いのは健康に関するものが圧倒的に多いことである。しかも、そのメッセージは圧倒的に深く自然そのもの、真理そのものを感じるのである。
 オレはいつからか、アナスタシアを高嶋科学と同列に並べて紹介するようになったのは確信があるからである。世間がどう言おうがくだらないたわごとと一蹴できるからである。オレをその辺の宗教かぶれと思ったら大間違いである。後、数年間でそのことを証明して見せる。オレが柳田大明神と自らを名乗っているのは遊びのおちゃらけで無いことを何時しか知ることになるだろう。今夜は柳田大明神が乗りうつったようである。

 何をいつ食べ物べきかは身体が知っている。空腹や渇きは、人が食物を必要とするときに出される信号として、一人ひとりに与えられている。空腹を感じるときが、その人にとって食べるべき最適のとき。アナスタシアが自分の体に栄養を与え、命を維持するプロセスは、自然に委ねられていて、彼女が自分で考えることはなかった。彼女が健康であることは、その並外れた美しさの欠かせない要素だった。

アナスタシアによれば、自分の庭にある土や食物と交流してその関係を確立している人は、あらゆる病気を自分の体から追い出すことができるらしい。彼女は言った。そもそも病気とは、健康を守り生命を維持するべく組み立てられた自然の仕組みから人間が離反した結果として生まれてくるものなのだと。自然界の一部である小さな庭で情報交換をする人たちにもたらされる恵みは、病気の克服にとどまらず、それをはるかに超えた素晴らしいものなのだと。(アナスタシア1刊P 139)

 多くの健康に関するメッセージでただ一つ唯一のメッセージ「腹がへったら食う」この単純極まりないメッセージを守れる人がいかほどいようか、このメッセージ一つでアナスタシアが本物だと理解できるのである。小さな庭の情報交換は病気をはるかに超えた素晴らしいものなのだと。だから生命情報そのもののあうんパラダイスがどれだけ素晴らしいものだということを知らせなければならない。今オレはそのことを感じつつあるのであ
  種はお医者さん 2021/04/05
  人類の恒久平和は楽園造りにある。そのためのあうんパラダイス構想ですが、その中でも、もっとも重要な部分が心身が健やかであることです。特に心の健康とは頭脳明晰で人生の与えられた課題を乗り越え進化成長し続けることです。

 果物や野菜などの植物の実は、人間を元気づけて持久力を高める目的で創られている。人間がこれまでつくってきた、そしてこれからつくるどんな薬より強力に、植物の実は人間の体組織を襲うあらゆる病と効果的に闘い、しっかりと抵抗する。
 ただそのためには、実になる種の前に、その人の体の状態を知らせておかなければならない。植物の実が、ある特定の人の病気─現在かかっているか、発病間近な状態─を癒すには、種が実の中身になる物質を、その癒しに必要な成分比率で満たしながら熟成していくプロセスが不可欠だから。(アナスタシア1刊P 126)


 まさに、生命情報を述べています。上記の具体的方法が、複合発酵あうんユニットを楽園の中心に据えたあうんパラダイスなのです。アナスタシアの本の中では具体的方法を述べていますが、けっこう手間のかかる作業ですので、先ずは日常のなりわいの中に、それらが組み込まれていなければ実践できません。
 ロシアでの楽園造りは、一ヘクタールの一族の祖国との考えですが、国や民族によっての事情の違いがあるわけですので、日本は日本式のやり方があってしかるべきです。むしろロシアが大和の国の大調和科学の複合発酵を取り入れなければならなくなる時が来るでしょう。
 忍び寄る認知症2021/04/03

 柳田ファーム
 柳田繁吉さま

 こんにちは、アナスタシア・ジャパンの〇〇〇〇です。
 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 岐阜は桜が満開で、新しいエネルギーが躍動しています☆
 わたしの方は、おかげさまで特に変わりもなく、8巻下の作業に邁進しております。さて、現在、年度末決算に向けて売掛金の確認作業をしておりますが、柳田ファームさんからのご入金に未確認分がございましたので、ご連絡させていただきました。受注番号:989
ご注文内容:8巻上×5部
 ご請求金額:8,360円添付しました請求書も併せて、今一度ご確認いただけますと幸いです。
 どうぞよろしくお願いいたします。(そのころ、シベリア杉のオイルの方もご注文いただきましたので、その辺りで混乱が生じたのかもしれません。)お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 株式会社直日
 〇〇〇〇
 アナスタシア・ジャパン
  


 〇〇 様
 
 申し訳ありません。
 只今お振込みしました。
 昨年来忘れやすく、ホームページの更新もできなくなり、認知症の症状が出てきたのかと想いながら、後は成り行き任せと覚悟していたのですが、EMBCモルトと同時に東城百合子の自然療法の手当てをしていたところ少し光が見えてきましたので、あうんパラダイスという新たなページに情報発信することができるようになりました。
 本当に申し訳なかったです。
 お詫びします。

 (有)柳田ファーム
  柳田繁吉
 ダーチャ・家庭菜園・あうんパラダイス2021/04/02
 ダーチャとはロシアの伝統的な家庭菜園である。私は何故か家庭菜園という言葉のひびきに温かいものを感じていました。そのせいか以下のアナスタシアのメッセージに大きな共感を覚えました。菜園というテーマで一冊の本が書けそうな気がしています。このあうんブログを始めたことの答えが、小さな菜園を進化させたあうんパラダイスだからです。

「今あなたが住んでいる社会は、ダーチャで育てられている植物と交信することで、多くを学べる。それに気づいてほしい。ただ、あくまでもそれは、育てている人が植物を熟知しているダーチャだからできること。愚かなモンスターのような機械が這いまわっている人間味のない広大な畑ではむり。
 ダーチャの菜園で土いじりするととても気分がよくなって、そのおかげで多くの人が健康になり、長生きしてきたし、心も穏やかになる。技術優先主義で突き進む道がいかに破壊的かを社会に納得させる、その手助けをするのがダーチュニク」(アナスタシア1刊P 122)

 
人間楽しいということは心と躰の調和あってのこと、命を学びながら身の丈にあった小さな菜園からスタートし、命という無限の創造に身をまかせ喜びのなかに遊ぶことだと思います。その小さな一歩が家庭菜園なのです。
 家庭とは家と庭があって、初めて家庭なのです。マンション生活などというものは庭がないから家!というのが正解です。現代文明の大都市の巨大なビル群は墓石のように見えてしかたないのです。もう一度言います。家庭菜園を進化させた究極の姿があうんパラダイスなのです。
 アナスタシアの超能力・神秘力 2021/03/31
  私が森で見聞きしたことのなかで、最も不思議で尋常ならぬものに思えたのは、はるか遠い場所にいるひとりの人間の状況を見通すことができる、アナスタシアの能力だった。「この光線で誰かの気分を明るくしたり、人の痛みを部分的に和らげたりもできる。
 彼女によれば、この光線は誰でももっているらしく、ただ、それに気づかないために使うことができずにいるそうだ。(アナスタシア1刊P 84)

 アナスタシアは目に見えない光線で、不思議な能力を自由に使いこなし、未来も過去も自由に見通す。
人間にはこれらの能力は本来備わっているが、今の人類はそれらが混沌としていて、意識がコントロールされていないだけだと言う。この光線を自分の意志で用いるためにはコントロールする訓練をしなければならない。もうひとつ、意図が純粋であることだと言う。また、それを用いる人の光の感情の強さに比例するという。つまり、意図の純粋さと光の感情が条件だということです。
 私の複合発酵に取り組む姿勢を考えるときに、そこまで、いかずとも、意志はそれなりに強いと思いますが純粋かどうかは私には解りません。多分その二つの到達レベルの結果が今の現実だと考えています。
 意図の純粋さ 20201/03/30 
   自然界の動物たちがアナスタシアの意のままに動き、衣食住共に一切の人工的なものはない生活に対して。
 
 この地球上には、ほかにも文明社会から離れて暮らすさまざまな種族が存在するが、アナスタシアと同レベルの自然との関係は見られないようだ。  
 アナスタシアによれば、彼らの意図や動機が十分、純粋でないので、自然界と動物界がそれを察知してしまうのだという。
                                                          (アナスタシア1刊P 79より)  
 

  私はアナスタシアという題名の本を今は8刊まで10回はくり返し読んだ。ふだんほとんど本を読まない人が何故か、私の魂が自然界を認識していることとアナスタシアの本の内容が一致しているからだと思う。
 また今回は複合発酵とアナスタシアの融合した、私にしかできないメッセージを書かなければならないとの発心からだったけれど、本のどの部分を取りあげるかも魂の選択にゆだねている。  
 私という個の命が自然界と一つになるには、意図や動機が十分、純粋でなければならないとアナスタシアは言う。あうんの会のホームページのトップにかならず「人間は自然の一部…」と表示していること、またお釈迦様が天上天下唯我独尊と言われたことの意味は私は宇宙なりと言う意味と共通するのだと思う。
 微生物の複合発酵もとどのつまりは、オペレートする人が純粋かどうかにかかっているのだと思う。エナジー水の濁りは自分の心の濁りだということになる。
 意図が純粋であることの前に、普段の整理整頓をしなければならない。お釈迦様の弟子に頭の悪いお坊さんがいて、自分の名前も忘れる始末だった。お釈迦様に相談したところ毎日庭の掃除をしなさい。その時に心のチリを払いたまえ心の汚れを清めたまえと祈りながらお掃除をしなさいと言われて実践したところ、頭脳明晰な高僧になったそうです。先ずはあたり前に考え整理整頓から入ることだと思います。
 
  出会い 2021/03/29 
  ウラジーミルは二人だけのタイガの山奥でアナスタシアの魅力に思わず行動に走った。その後の二人の会話である。  男と女の遠くて近いは男女の仲の謎解きだったが、謎のままに終わったくだりである。 

 「調和の世界が私に対するあなたの態度、あなたの中に湧き起こった欲望を理解できなかった。いずれあなたにもわかる」  

 「調和の世界?いったいなんの話だ?きみがいやがったんじゃないか」 

 「私も理解できなかった。好きじゃなかった」  

 「たいしたもんだ!理解できなかった、好きじゃなかった、だって?きみたち女がやることはすべて男を誘惑するためじゃあないのか?脚を、胸をあらわにして、ハイヒールをはいて。歩きにくくてしょうがないのに、むりしてハイヒールをはくんだ。そして身体をくねくねさせて魅力をふりまく。それでいて、『あら、そんなこと、好きじゃないのよ。私はそんな淫らな女じゃないわ』とうそぶく。それならどうしてきみたちは身体をくねくねさせるんだ?偽善者め!私は企業家だ。これまであらゆる類の女性を見てきた。みんなほんとうは同じことを欲しているんだ。きみはただ、彼女たちとはちがうというふりをしているだけだ。どうしてきみは上にはおっているものを脱いたんだ?暑くもないのに。そしてきみはそこに寝そべった。話すのをやめて、私に微笑みかけた。あたかもそういう……」  

 「ウラジーミル、私にとって、服を着ている状態はとても居心地が悪いの。服は森を離れて村の人たちに会うときに着る。みなと同じように見えるように。私が横になったのは、あなたがお食事をしている間じゃまにならないよう、ひと休みして日光浴をしていようと思ったから」 

 「じゃまにならないよう、だって?きみはりっぱにじゃまをしてくれたよ」  

 「ごめんなさい、ウラジーミル。あなたはまちがっていない。女性はみな、男性が自分に感心をもつことを願っている。でも、脚や胸を見てほしいんじゃあない。もっと本当の自分を見つめてくれるひとりの男性に、通り過ぎずにいてほしいと思っている」 

 「どっちにしろ、ここを通り過ぎる男なんていなかったじゃあないか!脚が目の前にさらされているときに、本当の自分を見ろだって?きみたち女はとんでもなく非論理的だよ」 

  「そう、残念ながら、人生はときどきそんなふうになる。さあ、行きましょうか、ウラジーミル。もう食事は終わった?少しは休めた?」

  この哲学的な野性人と、森の奥へこれ以上入っていったところで、何もならないのではないかという考えが、一瞬、頭をよぎった。アナスタシア1巻P59

   私はこのくだりを読みながら、アナスタシアという本の奥深さを感じないわけにはいかなかった。博士の言うゼロと無限の大宇宙の創造の秘密、哲学的問題をもっとも身近な命を生みだす性という問題とを並べていることの凄さである。性はもっとも強い関心事でありながら、もっとも無関心をよそおう不可解なものだが、アナスタシアの叡知をもってしても、男女のなかは非論理的だと認めているのである。ゆえに永遠に謎だということである。  この世は陰陽で成り立つと言う、神の創造の意図、謎は解らないままで良いのだということだろうか。

  癒しは善なる人に 2021/03/28

   癒しの力をもつリンギング・シダーを多くの人に配ることを反対する。なぜならネガティブな人々が奪ってしまい結果的には恩恵よりもさらなる害毒を生み出すようになる。もっとも大事なのは、善なることを成し遂げる人々を助けることで、すべての人を助けるのは善と悪とのバランスの是正にはつながらず、現状にとどまるか、あるいはもっと悪くなるだけだと言う。

(アナスタシア1P53

 

 すべての人を癒そうとするのは間違っていると言っています。

 私は複合発酵技術を広めるために、先ずは人々の間違った意識からと考え、人間複合発酵と言う造語をつくりそれを実践して来ました。

 その結果人間は度し難し、時間を無駄に費やすばかりと気づきました。そしてある日から"あっしには係わりの無いことでござんす"と無視を決め込みましたが、それもちょっと違うかなと考え直しました。そしてせめてもの私の厳しくも愛のメッセージと思って、サラリと伝えて後は相手が解っても解からなくても一件落着と考えるようになりました。善にも悪にも囚われずに相手の気づきに委ねるとの考えです。

 

人間の意識が地球に及ぼす影響 2021/03/25

 愛に満ちた人間は、あらゆるものを放射する。その放射はその人の頭上を運行する惑星に一秒にも満たない速さで届き、瞬時に反射し、再び地球に戻ってきて、生きとし生けるものすべてに命を与える。  

 太陽は人の放射のすべてを超える波長を反射することができる星のひとつ。  

 光の勢力が発する放射だけが、人から宇宙へと飛んでいく。そしてあらゆるものに益となり恵みとなる放射のみが、再び宇宙から地球へと戻ってくる。  

 邪悪な感情の影響下にある人間からは、闇が放射される。この闇の放射は上昇できず、地球深く降下していく。そして地球の中心部に到達すると、はね返って、火山の噴火や地震や戦争となって地表に戻ってくる。はね返ってくる闇の放射の究極の作用は、発した人間の内なる邪悪な感情をじかに強化する。(アナスタシア一巻P33より)  

   

 皆さんこのアナスタシアのメッセージを読んでどう感じますか。私は十分にあり得る話しだと思います。

 日常の想念の在り方が天変地異戦争に直結する。さもありなんポジテブで愛ある想念こそ、すべての命を生かすのだと思う。だとすれば日常における我が想念の在り方を見つめなおすことが重要であることをいまさらながら反省させられたのである。
 

 今地球人類の意識は光と闇に分かれてきていると感じています。闇の放射の究極の作用は、発した人間の内なる邪悪な感情をじかに強化すると言っています。つまり悪人はより悪く、善人はより善人に、そのどちらでもない圧倒的に多い迷える魂の人達。この迷える魂を救い出すのがアナスタシアの叡知であり、複合発酵技術なのです。私の天命としてこの二つの融合をはかることを日々強く求められていることを感じています。  

 まさに複合発酵のバイオエナジー水の光はそのバイオオペレーターの意識に反応することを以前から考えていたところ、博士も言われました。微生物の集合のエネルギーには間違いなく意識があり、それも調和の意識であり、嬉しいとか楽しいとか凄いとかの感動の意識に特に反応すると言われました。

 

「あうんパラダイスへの道」スタートに寄せて  

 複合発酵技術にご縁をいただき、これぞ「人類救済技術」との確信の下、あうんの会を立ち上げ、すでに5年過ぎました。今日の地震の頻発、温暖化による気候変動、海面上昇、大雨台風、家畜から人間への疫病へと、“ノアの大洪水”人類への危機が迫っていることへの不安感を禁じ得ません。  

 

 そこで、人類救済技術普及のお役目を戴いた私は、いかにすれば皆さまの魂へ響くメッセージをお届け出来るか悩んでいたところアナスタシアの叡智に出会うことができました。より分かりやすく、誰もが実現可能であり、しかも人類の恒久的平和につながるものでなければなりません。人類発祥の原初にその答えがあることを知ることとなりました。楽園、パラダイスです!  

 そして、全ての命を生かし支える微生物技術「複合発酵あうんユニット」がその中心になることに確信を持ちました。すべての命が共存共栄する世界、それが「あうんパラダイス」なのです。  

私はパラダイスへの道を切り開く使命に邁進します。

 今後、このブログを通じて「あうんパラダイスへの道」を、お示しします。 あうんの会 柳田繁吉

 

 明けましておめでとう御座います 2021/01/11    
  明けましておめでとう御座い ます。
  見ちゃえ、聞いちゃえ、話しちゃえ。日光の三猿、見まい聞くまい話すまいの反対語である。
  人間は意識から感情が生まれ、行為に走り、そこから人生物語が始まる。 その展開と共に、さらに意識が広がり、より深まる。結果意識が早くなる。だから自分感情に蓋をしてはならないのです。

  本年も宜しくお願いします。

  意識が早くなれば全てを見透して、やる事なす事すべて上手く行きます。意識を早くするには、感情を練ってねって練り込まなければなりません。さすれば神になれるのです。私はそれを目指しています。皆さんも神になりましょう。牛歩のごとく忍耐強く。

  以上はラインあうんパラダイスの仲間に送ったお正月のご挨拶です。
  博士に出会って25年、初めと変わらず今もその想いは変わることは無い。むしろ、より強固になり捨て身で当たる覚悟も備わって来ました。
  ホームページの情報発信は社会大衆に向けたものだが、それも糠に釘で、あまり意味を為さないことを感じて来た。すると、個々人とのやり取りが活発化して来て、人間の心の内奥に秘めた複雑怪奇な感情意識が浮かび上がって来たのである。
 ここ数年はその複雑怪奇な人間意識の探索に追われた時間滞だった。 社会大衆は個々人の集まりだから、今後その成果が出始めると感じている。
↑topに戻る
トップページ生命科学について奇跡の水について柳田ファームについて養豚について豚肉宅配新着情報
畜産界に革命を起こすバイオ堆肥について生命燦燦ビオトープ百姓雑感日々如是我聞ファーム概要